*

『鬼滅の刃』親公認!道徳的な残虐マンガ‼︎

公開日: : アニメ, 映画:カ行,

いま、巷の小学生の間で流行っているメディアミックス作品『鬼滅の刃』。我が家では年頃の子どもがいるにも関わらず、この作品を未見のままでいた。

家族を鬼に惨殺された主人公が、鬼に復讐するために剣士になるというお話。ちょっと残酷そう。

日本のアニメやマンガは、残酷描写や性描写が多いため、子どもたちにはあまり見せないようにしていた。でも、ここまでブームとなてしまったら、学校での話題についていけない。いつの時代にも、その世代間で通じるメディアがある。自分たちの世代では『ガンダム』や『ドラえもん』。あのときあれを観ていたという共通体験は結構大事だ。ブームにはさっさと乗って、のめり込む前に飽きてしまった方がいい。なにごとも拗らせないに限る。

アニメ『鬼滅の刃』の放送時間は深夜。そもそも小学生向けには作っていない。最初は中高生の中で話題になり、小学生にまで派生した。お兄ちゃんお姉ちゃんのいる小学生たちが食いついたのだろう。

「鬼滅キッズ」という俗語がある。『鬼滅の刃』好きの小学生のことかと思いきやさにあらず。なんでも、マナーの悪い『鬼滅の刃』ファンを指す蔑称らしい。

アニメやマンガに限らず、熱烈なファンというものは厄介で、ことごとくあちこちでトラブルを起こしている。

その作品は好きなんだけど、その作品のファンがキモいので、作品が嫌いになるなんてこともよくある。作品表現者がいちばん迷惑に感じるのは、熱烈なファンやオタクだったりする。現実逃避に興じすぎて、現実(リアル)と虚構(フィクション)との距離が保てなくなってしまうのは病だ。

この『鬼滅の刃』のビジュアルを見て、オシャレな印象を受けた。アニメはダサいというイメージを覆すファッション性の高さ。登場人物たちの着物の柄が特徴的。柄を見ただけで、その登場人物が浮かんでくる。

この作品の創造の動機は、「和柄を描くこと」から始まっている。

舞台は大正時代。大正柄は、いま見ても斬新なデザインが多い。その貴重な和柄デザインは、戦争でほとんど焼失してしまったらしい。もしその頃の着物がたくさん残っていたら、現代の和柄のデザインそのものも違っていたかもしれない。

そんな斬新なデザインの和柄の中で、現代人にも親しみやすいものを登場人物たちに着せている。主人公の炭治郎は、最強の花札のイヤリングもつけてる。やりすぎないヘアカラーやタトゥーやネイル。コスプレしたくなる。これなら真似してもあまり痛々しくならないかも。

これだけ人気があるのだからと、こちらのハードルも自然と高くなる。でもその期待を『鬼滅の刃』は裏切らなかった。

やりたいことは、ゾンビものと時代もののイノベーション。それに古今東西、人気があった物語の、楽しい部分のエッセンスを上手に混ぜ合わせている。「私(つくり手)も好きだけど、あなた(観客)も好きでしょ?」と。それがパクリにならずに、ちゃんと料理されている。

なによりも、昨今ニュースにあがるDVや無差別通り魔殺人など、不条理な猟奇的事件をモチーフにしているのが特徴的。それらの加害者にアニメオタクが多いのも気にかかる。

悪役の鬼は、かつて普通の人間だった。あまりに悲惨な人生をおくったために鬼化して、人間を襲うようになったという設定。「自分はかわいそうなのだから、幸福そうな人間が恨めしい。危害を加えてもいいのだ」という考え。自己憐憫がすぎると、間違った選択をする人間もでてくる。人間誰しも鬼になる可能性がある。作品は声を潜めながらも、閉塞した世の中を風刺している。

戦いに勝っても負けても悲しい。こんなに重く暗い物語がヒットするのは、日本のメジャーとしては意外。よく企画が通ったものだ。最近の楽屋オチ的なナアナアな作品には、観客も辟易していたのだろう。

この作品の真の主人公は、ファッションにある。アニメの作り手はちゃんとそれをわきまえている。複雑な着物柄もテクスチャを貼り付けるCG処理を使わず、キャラクターの動きに合わせて一枚一枚手描きで表現している。キャラクターに重みが出てくる。

アクションシーンになると、浮世絵タッチになるのが面白い。浮世絵もマンガも同じ系譜の文化。昔も今も、日本人は絵を描いたり見たりするのが大好きな人種らしい。演出の緩急が気持ちいい。動きの速さももちろんだが、手描きアニメでハイパースローモーション演出をしているのがすごい。

テレビアニメとは思えないくらい丁寧に製作されている。絵や演出はもちろん、シリーズ構成もしっかり練られている。原作マンガを丁寧に映像化している。日本のテレビアニメはケチくさいという印象を、一瞬にして凌駕した。贅沢な作り。良いものをつくれば、人は振り向く。今までの「ただつくればいい」という日本のアニメの考え方をことごとく覆している。

製作のufotableは韓国からの外資系。なるほど、日本の資本じゃない。最初から世界標準を狙ってる。潤沢な資金を用意して、何度も同じ作品を観てもらう。原作映像化を自転車操業にしていない。良質な作品が観れるなら、観客も気長に待ってくれる。シーズンを区切って、ゆっくり丁寧に映像化する。すると強力なコンテンツになる。配信や放送の権利の争奪戦でひっぱりだこ。作品価値が上がる。マーケティングの方法が日本的ではない。

目先の利益にとらわれてばかりいると、結果的には大損してしまう。

最近のマンガ原作のアニメ化は、このスタイルがスタンダードになりつつあるらしい。

一時期日本のアニメが囃し立てられたが、実際の国内のアニメ製作環境の末端クリエーターの待遇は過酷なままで、日々アニメ会社は倒産し続けている。国内では、出来上がった作品の権利を海外に売り捌くことばかりに着目され、新しいものを作り出そうという投資には目が向かない。現場に資金が降りる前に、上の企業が吸い取る搾取体制では、力のある作品は生まれない。

日本のアニメは、世界的に需要は実際にある。投資をする企業は、儲かるかどうかは別として、損をすることはほとんどない。投資としては確実性が高い事業とのこと。でも、大企業に限って投資を渋る傾向がある。それでは企画が進むはずもない。日本経済も滞る。

こんな国内の流れからすると、今後日本の産業は、外資系出資によるものが増えてくるだろう。日本産なのに外資系企業が運営するスタイル。日本を代表する商売道具であるアニメがそうなのだから、他の国内の産業もその道を辿っていくことだろう。

それでも良いものが消費者に届き、作り手が潤うのなら、それこそ本当に経済が回っていくことになる。それはそれで夢が膨らむ。

『鬼滅の刃』の作者が女性だというのが、連載終了間際に発表された。ネットでは驚きの声があがったが、マンガのおまけページの鉛筆書きの文字が女性のものだし、基本的な絵のタッチは少女マンガ風。

女流作家だからか、女性の心理描写が納得のいくものばかり。萌えが苦手な自分でも、これなら耐えられる。男に媚びるような女は、『鬼滅の刃』にはひとりも登場しない。

主人公の炭治郎は、本編でも女性キャラに評判がいい。それは彼が優しく健気で、紳士的だから。これは特別女性ばかりに対してではなく、同性だろうが強面の先輩だろうが関係ない。女性たちはちゃんと見てる。

アニメやマンガの世界では、男たちが女性をぞんざいに扱うのはあたりまえ。フェミニストでもない自分でさえも不快に思うことが多い。小学生の男の子ですら「なんでアニメには女の裸ばっかりでてきて、男の裸は出てこないの? 不公平だ」とサラリと言っているくらいだ。

炭治郎は、どんな苦境に立たされても曲がった言動はしない。マンガやアニメで、久しぶりに性格の良い主人公をみた。奇をてらって、倫理観が狂っているアニメやマンガが多い中、一本筋が通った内容だからこそ、例え残酷描写があっても親世代からも認められたのだろう。

小学生女子に絶大な人気の「胡蝶しのぶ」という登場人物がいる。最強の剣士で、普段は穏やかな口調でニコニコしているが、内心はいつも怒りを押さえ込んでいる。日本女性の象徴的な姿だ。

女性が下へ追いやられる理不尽な世の中を、小学生女子たちも嗅ぎ取っている。日本は世界的にみて、男女平等の遅れた国のワーストクラスを毎年更新している。しかも途上国も含めたリサーチなのだから恐ろしい。今の子どもたちは、マンガからその問題意識を得るのかもしれない。

「命の大切さ」や「人が道を踏み違えることとは?」、「人間らしい寛容や慈愛とは?」と、哲学的なテーマが根底にある。真面目で道徳的。それを畳みかけるアクションやホラー描写で、説教臭くならなくしているところがセンスがいい。

自己肯定感の低い日本人に向けて、「自分が生まれてきた存在価値」を問いかけている。果たして世界の観客はどう感じるか?

連載マンガでは、作家チームたちの「観客を泣かせるやるせない話」を創作する脳の筋肉がパワーアップしてる。まだ映像化されてない原作部分をこれから観るのか怖い。干物になる。

英題『Demon Slayer』として、これから世界に進出していくであろうアニメ『鬼滅の刃』。海外の人たちが、この日本が舞台の冒険怪奇譚をどう受け止めていくのか楽しみだ。和柄ブームも世界的に起こりそう。

原作が完結しているので、構成が滅茶苦茶になることはないのも安心。アニメ版はまだ原作の前半しか発表されてない。まだまだブームは続きそうだ。

日本が舞台の日本のアニメで、世界が熱狂するのは嬉しい。そうか、日本の産業にはこんな未来もあったのか。

鬼滅の刃

関連記事

no image

『グランド・ブダペスト・ホテル』大人のためのオシャレ映画

  ウェス・アンダーソン監督作といえば オシャレな大人の映画を作る人というイメージ

記事を読む

no image

『シェイプ・オブ・ウォーター』懐古趣味は進むよどこまでも

今年2018年のアカデミー賞の主要部門を獲得したギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォータ

記事を読む

no image

子どもが怖がる『クレヨンしんちゃん』

  かつて『クレヨンしんちゃん』は 子どもにみせたくないアニメワースト1でした。

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

ピクサー作品にハズレは少ない。新作が出てくるたび、「また面白いんだろうな〜」と期待のハードル

記事を読む

no image

招かざる未来に備えて『風立ちぬ』

  なんとも不安な気分にさせる映画です。 悪夢から覚めて、夢の内容は忘れても、

記事を読む

no image

『ディファイアンス』他力本願ならカタルシス

  事実は小説よりも奇なり。 第二次大戦中のナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた

記事を読む

no image

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

製作にイギリスのBBCもクレジットされている英米合作映画『否定と肯定』。原題は『Denial』と「否

記事を読む

no image

『her』ネットに繋がっている時間、私の人生は停まっている

スパイク・ジョーンズ監督作品『her/世界でひとつの彼女』は、本格的なSF作品としてとても興味深い。

記事を読む

no image

『坂本龍一×東京新聞』目先の利益を優先しない工夫

  「二つの意見があったら、 人は信じたい方を選ぶ」 これは本書の中で坂本龍

記事を読む

no image

『ゴーストバスターズ(2016)』クリス・ヘムズワースに学ぶ明るい生き方

アイヴァン・ライトマン監督作品『ゴーストバスターズ』は80年代を代表するブロックバスタームービー。自

記事を読む

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』これからのハリウッド映画は?

マーベル・ユニバース映画の現時点での最新作『スパイダーマン:フ

『ブラック・クランズマン』明るい政治発言

アメリカではBlack Lives Matter運動が盛んにな

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致

→もっと見る

PAGE TOP ↑