*

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

公開日: : 映画:ハ行,

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致死に至るような残業や休日出勤を強いたり、パワハラやセクハラが横行する企業は、従業員から訴えられたり、社会的批判を受けたりするようにもなった。「KAROSHI(過労死)」という言葉も、世界共通語になってしまった。「HENTAI(変態)」に続く、不名誉な日本語の世界進出だ。

ブラック企業の経営方針は、人権を無視した非道な考え。ただ、そのブラック企業を生み出す土壌には、ブラック会社に従順に従う「ブラック社員」の無心の協力もあるのではないかとも考えられなくもない。

自己肯定感の低い日本人。上から命令されるがままに、汚れ仕事も忍耐で受け入れてしまう。企業にとっては、黙って管理される社員ほど便利なものはない。ブラック社員は自分で自分の首を絞めて、仕事がしづらい状況を積極的に築いていく。やがてその当事者自身の心身が蝕まれていく。

果たして苦境に立たされたとき、人はただ我慢してそれを受け入れるしかないのか? はたまた自分のポジションを守りながら、理不尽な命令に抗う手はないのだろうか?

後者を進めて行くには、労力やリスクは不可避。でももし自分の権利を勝ち得たときには、驚くほどスマートに道が開けてしまうこともある。人生の荒波に立ち向かうには、「自分で考える力」が、絶対的に必要となる。

ブラック社員を語るときに、ハンナ・アーレントの『全体主義の起源』や、『イェルサレムのアイヒマン』などが引用されていることが多い。ブラック社員論から、彼女の名前を知ることになった。アーレントのアイヒマン裁判のレポートは、現代日本のブラック企業問題を紐解くヒントにもなりそうだ。

そもそもアイヒマン裁判とは、ナチスドイツの戦犯裁判。ユダヤ人虐殺を指示したアイヒマンを裁いたもの。当時の世界が注目したアイヒマンを、世論は人殺しのモンスターとして捉えたかった。

アーレントは自身もユダヤ人で、その身も追われながらアメリカに亡命している。ニューヨーク誌のライターとして、その裁判を傍聴することになる。映画はアーレントのレポートをめぐる騒動に焦点が置かれている。

アーレントが伝えるアイヒマン像は、モンスターなどではなかった。アイヒマンはただの小役人で、上からの命令にただただ従順に従って、ユダヤ人弾圧に加担したにすぎない。アーレントは、アイヒマンは凡庸な人間だと語る。私もあなたもアイヒマンになりかねない。己の立ち位置について考えることが必要なのだと。

アーレントのレポートが、現代日本人に重要な意味を持たせる。我々日本人は、日々の忙しさにかまけて、考えることをしなくなってしまった。ともすると、自分自身の人生が、幸せに送れる方法すら、模索しなくなってしまっている。

この映画を観て初めて知ったのは、このアーレントのレポートがものすごい弾圧を受けたということ。彼女の放ったレポートは、世界に衝撃を与えてしまった。「ナチス=悪」というレッテルに一石投じてしまった。

フィクションならともかく、現実はハッキリ勧善懲悪が成立するはずもない。冷静に考えれば当たり前なのだが、当時の世論はそれを否定したがった。私もあなたも、極悪非道の人殺しになるなんてとんでもないと。

アーレントのレポートは、政治学を飛び越えて、哲学の分野にまで及んでくる。いつの世にも哲学は必要だ。人間はときには、答えのでない問いを考え巡らせる必要がある。

映画に出てくるアイヒマンは、当時の記録フィルムをそのまま使った本人そのもの。アイヒマンは、「どうせ俺は死刑だろ。裁判だなんて、こんな茶番が!」といった態度が伺える。

実際にアイヒマン自身が手を汚して人を殺めたかどうかはわからない。ただ、彼の指示で大勢の人が殺されたことは事実だ。罪は罪として大きい。

アーレントが示す教訓からすると、我々もいま自分がやっている仕事が一体どんなものなのか、果たして社会の役に立っているのか、立ち止まって考えることも必要かと考えさせられる。日銭のために魂を売り渡してはいないかと。

人々がアーレントに反意を示す様が陰湿で恐ろしい。彼女を攻撃する様子は、現代のSNSでの誹謗中傷の姿とかぶる。人は「この人を攻撃してもいい」とサインがおりると、半狂乱に攻め込むところがある。同調圧力の恐怖。

アーレントは自分のレポートの正当性を信じている。毅然と持論を貫いて行く。生き方としてはカッコいいが、失うものや労力が大き過ぎる。彼女の問題意識の高さがそうさせている。

アーレントはよくタバコを吸う。大学の講義中でもプカプカはじめてしまう。現代だったら考えられない。それほどストレスフルだったのだろう。

当時のナチス下で、上からの命令に逆らうなんて、とんでもなかったのかもしれないが、アイヒマンは自分の置かれている仕事を深く考えなかったのは重要。インテリが戦犯となり、不幸になった。

アーレントは、憎きナチスのSSを冷静に見つめ、考え抜いて客観的なレポートを書いた。それが反感を買い、弾圧されて不幸になった。

考えなさ過ぎが不幸になるのは当然だが、考え過ぎても不幸になるのが皮肉だ。

アーレントは高尚に物事を捉えようとした。でも民衆が求めていたのは、もっと原始的で野蛮な吊し上げだった。世の中よりも先走った考え方は、たとえ正しくとも排除されてしまう。

アーレントの社会哲学は、現代人にとても重要なものになった。保身を考えるのは邪道なのかもしれないが、もしかしたらアーレントは、もっと自分の人生がラクになる生き方をしてもよかったのではないかとも思えてしまう。

正論は時として人を不幸にする。映画観賞後は、意外な感想が心をよぎってしまった。興味深いものだ。

関連記事

no image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

ウチの子どもたちも大好きな『ハリー・ポッター』シリーズ。こわいこわいと言いながらも、「エクスペクト・

記事を読む

no image

『東京物語』実は激しい小津作品

  今年は松竹映画創業120周年とか。松竹映画というと、寅さん(『男はつらいよ』シリ

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

no image

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピ

記事を読む

『欲望の時代の哲学2020 マルクス・ガブリエル NY思索ドキュメント』流行に乗らない勇気

Eテレで放送していた哲学者マルクス・ガブリエルのドキュメンタリーが面白かった。『欲望の時代の

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人として有名だけど、恥ずかしながら

記事を読む

no image

関根勤さんのまじめな性格が伝わる『バカポジティブ』

  いい歳をした大人なのに、 きちんとあいさつできない人っていますよね。 あ

記事を読む

no image

『怒り』自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画『怒り』

記事を読む

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

『TENET テネット』テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい!

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんが

→もっと見る

PAGE TOP ↑