*

『天使のたまご』アート映画をアニメでやった押井守監督の意欲作

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:タ行

t02200220_0300030013163977791

最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使のたまご』。スペイン映画『パンズ・ラビリンス』のようなダークファンタジーの系譜にあたるヘンテコな作品である。

なんでもこの『天使のたまご』、ワケわからなすぎて、押井監督がその後5年間仕事を干されてしまったとか?

この前後の作品が『うる星やつら』から『パトレイバー』なので、かなり脂ののってる頃の作品でしょう。日本ではこういったアート映画や実験映画は今も昔も理解されないでしょうね。むしろよく作らせてもらえたなと思います。

自分がはじめてこの作品を観たのは中学生の頃。ワケわからなさに衝撃を受けました。

この作品に大きな影響を与えたタルコフスキーやジャン・コクトーもポーランド映画も知らなかった頃なので、非常にショックを受けた記憶があります。チューボーなりに名作だと感じてました。

だからこそ効果音とかが、日本のアニメ的なのに違和感を感じていました。

モチーフになっているのも聖書のノアの方舟の後の世界だったりして、とても悪夢的。というより当時、この映画のせいで悪夢みたと思います。(笑)

ここでの聖書の引用は信仰心からくるものではなく、学問としてキリスト教を研究してしまった人のひとつの解釈。

結局、後の押井監督の『攻殻機動隊』や『イノセンス』みたいな世界的に人気のある作品のルーツが『天使のたまご』にはたくさん隠れています。

この不気味さはクセになるんだけどな。まあ人にはあまり勧められない作品ではあるけれど。

関連記事

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/[/ca

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

『ウォーリー』は未来への警笛

映画『ウォーリー』がウチでは再評価UP! 『アナと雪の女王』を観てから我が家では デ

記事を読む

『うつヌケ』ゴーストの囁きに耳を傾けて

春まっさかり。日々暖かくなってきて、気持ちがいい。でもこの春先の時季になると、ひんぱんに人身

記事を読む

姫はセレブの国からやってきた『かぐや姫の物語』

先日テレビで放送した『かぐや姫の物語』。 録画しておこうかと自分が提案したら家族が猛反

記事を読む

自分の人生に責任をもつこと その1

自分に言い聞かせるつもりで記します。 ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』という

記事を読む

『CASSHERN』本心はしくじってないっしょ

先日、テレビ朝日の『しくじり先生』とい番組に紀里谷和明監督が出演していた。演題は『日本映画界

記事を読む

『団地ともお』で戦争を考える

小さなウチの子ども達も大好きな『団地ともお』。夏休み真っ最中の8月14日にNHKで放送されて

記事を読む

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品でずっと気に

記事を読む

低予算か大作か?よくわからない映画『クロニクル』

ダメダメ高校生三人組が、未知の物体と遭遇して 超能力を身につけるというSFもののハリウッド

記事を読む

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

http://wwws.warnerbros.co.jp/legob

『鑑定士と顔のない依頼人』人生の忘れものは少ない方がいい

映画音楽家で有名なエンニオ・モリコーネが、先日引退表明した。御

『フェイクニュース』拮抗する日本メディア

https://www.nhk.or.jp/dodra/fakene

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

http://hitei-koutei.com/[/caption]

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

「町山智浩の映画ムダ話」https://tomomachi.stor

→もっと見る

PAGE TOP ↑