*

『華氏911』アメリカは日本が進む反面教師?

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:カ行

t02200092_0697029213034504078

世界のパワーバランスが崩れ始めている。
平和ボケしている日本人にも
とうとう現実が伸し掛かってくるでしょう。

この映画はマイケル・ムーアの
ブッシュ元大統領に対する
痛烈な批判ドキュメンタリー。

以前にも書いた事があるが、
人口が多く、多種多様な人種が集まるアメリカ。
様々な思想や意見が混沌としている。

それをまとめるために政府から依頼がきて、
様々な思想の作品が作られると聞きます。

だからこそマイケル・ムーアみたいな
過激な作品もゆるされるのだと思います。

いろんな意味で「自由の国」ですね。

戦争に向かうブッシュに怒りを込めた作品。

この作品の中で、
愛国心に溢れるビッグママが登場します。
自分の息子が軍隊に入ったと誇らしげに喜んでいます。
しばらくたって、その息子は戦死します。
泣き崩れるビッグママ。
最後は冒頭との考えを翻して、
ホワイトハウスへの抗議活動を始めます。

自分はこれを観た当時、
「なんて無知なんだろう」と感じました。

戦争に行くと言う事はどういうことか、
ちょっと想像すればわかるじゃないかと。

戦地で人を殺すか、殺されるか?
生きて還ってもPTSDになっているかも?

ただ、今はビッグママに対する印象は違っています。

息子を戦地に送るのが、
そのときその家には最善の選択だったのだと。

この家はおそらく貧しく、
日々の生活すらおぼつかなかったことでしょう。

そんな中、息子が仕事に就き、
それも国の為の仕事となれば、たいへん喜ぶでしょう。
喜ぶしかなかったのです。

貧しさは判断力を誤らせる。

日本は今、表面的には豊かです。
ただ日々伝わるニュースやネットをみれば、
人々の心が貧しくなっているのがわかります。

これから個人個人が、
自分の責任で自分の事を決めていくという、
当たり前の事が必要となるでしょう。

「書を捨てよ、町へ出よう」と寺山修司ではありませんが、
「PCを捨てよ、町へでよう」!

関連記事

『君の名は。』株式会社個人作家

日本映画の興行収入の記録を塗り替えた大ヒット作『君の名は。』をやっと観た。実は自分はずっとこ

記事を読む

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り致します。

記事を読む

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

エンタメ産業はアメリカが世界一。 あまり知られていないが、日本は第二位。 この冬休み

記事を読む

自粛もいいけど、それでは天才は生まれない

NHKのお笑い番組で、 お笑いコンビ「爆笑問題」が政治家ネタを やろうとしたところ、事前

記事を読む

『サマーウォーズ』ひとりぼっちにならないこと

昨日15時頃、Facebookが一時的にダウンした。 なんでもハッカー集団によるものだった

記事を読む

招かざる未来に備えて『風立ちぬ』

なんとも不安な気分にさせる映画です。 悪夢から覚めて、夢の内容は忘れても、 ただただ不安

記事を読む

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな作品なので、

記事を読む

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html[/cap

記事を読む

『千と千尋の神隠し』子どもが主役だけど、実は大人向け

言わずもがなスタジオジブリの代表作。 フランスのカンヌ映画祭や アメリカのアカデミー賞も

記事を読む

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア』に出演しま

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

→もっと見る

PAGE TOP ↑