*

『華氏911』アメリカは日本が進む反面教師?

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:カ行

 

世界のパワーバランスが崩れ始めている。
平和ボケしている日本人にも
とうとう現実が伸し掛かってくるでしょう。

この映画はマイケル・ムーアの
ブッシュ元大統領に対する
痛烈な批判ドキュメンタリー。

以前にも書いた事があるが、
人口が多く、多種多様な人種が集まるアメリカ。
様々な思想や意見が混沌としている。

それをまとめるために政府から依頼がきて、
様々な思想の作品が作られると聞きます。

だからこそマイケル・ムーアみたいな
過激な作品もゆるされるのだと思います。

いろんな意味で「自由の国」ですね。

戦争に向かうブッシュに怒りを込めた作品。

この作品の中で、
愛国心に溢れるビッグママが登場します。
自分の息子が軍隊に入ったと誇らしげに喜んでいます。
しばらくたって、その息子は戦死します。
泣き崩れるビッグママ。
最後は冒頭との考えを翻して、
ホワイトハウスへの抗議活動を始めます。

自分はこれを観た当時、
「なんて無知なんだろう」と感じました。

戦争に行くと言う事はどういうことか、
ちょっと想像すればわかるじゃないかと。

戦地で人を殺すか、殺されるか?
生きて還ってもPTSDになっているかも?

ただ、今はビッグママに対する印象は違っています。

息子を戦地に送るのが、
そのときその家には最善の選択だったのだと。

この家はおそらく貧しく、
日々の生活すらおぼつかなかったことでしょう。

そんな中、息子が仕事に就き、
それも国の為の仕事となれば、たいへん喜ぶでしょう。
喜ぶしかなかったのです。

貧しさは判断力を誤らせる。

日本は今、表面的には豊かです。
ただ日々伝わるニュースやネットをみれば、
人々の心が貧しくなっているのがわかります。

これから個人個人が、
自分の責任で自分の事を決めていくという、
当たり前の事が必要となるでしょう。

「書を捨てよ、町へ出よう」と寺山修司ではありませんが、
「PCを捨てよ、町へでよう」!

 

関連記事

no image

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

  賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ド

記事を読む

no image

『かぐや姫の物語』この不気味さはなぜ?

  なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。 日本人なら、昔話で誰もが知っ

記事を読む

no image

ピースの1つじゃない『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

  『アベンジャーズ2』にあたる『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の公開を

記事を読む

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰していたスティーブン・ソダーバー

記事を読む

no image

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

坂本龍一さんのドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto : CODA』を観た。劇場は恵比寿

記事を読む

no image

『風が吹くとき』こうして戦争が始まる

  レイモンド・ブリッグズの絵本が原作の映画『風が吹くとき』。レイモンド・ブリッグズ

記事を読む

no image

子どもが怖がる『クレヨンしんちゃん』

  かつて『クレヨンしんちゃん』は 子どもにみせたくないアニメワースト1でした。

記事を読む

no image

『風立ちぬ』憂いに沈んだ未来予想図

  映画『風立ちぬ』、 Blu-rayになったので観直しました。 この映画、

記事を読む

no image

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』集え、 哀しい目をしたオヤジたち!!

  『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はマーベル・ユニバースの最新作。『アベン

記事を読む

no image

『桐島、部活やめるってよ』スクールカーストの最下層にいたあの頃の自分

  原作小説と映画化、 映画公開後もものすごく話題になり、 日本アカデミー賞を総

記事を読む

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』これからのハリウッド映画は?

マーベル・ユニバース映画の現時点での最新作『スパイダーマン:フ

『ブラック・クランズマン』明るい政治発言

アメリカではBlack Lives Matter運動が盛んにな

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致

『鬼滅の刃』親公認!道徳的な残虐マンガ‼︎

いま、巷の小学生の間で流行っているメディアミックス作品『鬼滅の

→もっと見る

PAGE TOP ↑