*

戦時中の市井の人々の生活を描く『火垂るの墓』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ハ行

t02200311_0270038213034504956

昨日、集団的自衛権の行使が容認されたとのこと。

これから日本がどうなっていくのか見当もつきませんが、
昨日が日本の近代史に残る日となったのは確かです。

戦後、戦争経験のある作家たちが、
多くの反戦の物語を紡いできました。

その根底にあるのは、戦争に対しての怒り。

これは戦争を体験した人からしか出てこない表現です。
だからこそ反戦のメッセージが強く伝わってきます。

今、戦争経験者が少なくなってしまい、
ある意味、真の反戦作品は描けなくなっているでしょう。

戦争を真剣に取り上げるのにはパワーも要りますし、
観る方もそれなりに覚悟が必要です。

スタジオジブリがつくった『火垂るの墓』。
これは上記の反戦映画とはちょっと趣が異なります。

怒りやメッセージ性というより、
もっとドライなものを感じます。

高畑勲監督は、
戦争中の市井の人々の生活が
どうであったかに視点を置いてます。

空襲を受けるとどうなるか?
飢えて死んでいくとはどういうことか?
戦時中の一般市民の狂気とは?

これらを淡々と調べていった結果が
作品となった感があります。

高畑監督の最新作『かぐや姫の物語』も
竹取物語を研究した解釈の結果論文を
映像でみせられているという印象でした。

戦争中の生活を感情抜きで淡々とみつめていく。

偏った視点ではないので、リベラルな作品になります。
このクールな視点がかえって当時の悲惨な状況を
リアルに伝えてくれるのです。

戦争によって子どもたちが死んでいく本作。
観るのもつらい状況なので、
そうしょっちゅう観たい作品ではありませんが、
一度は観ておかなければいけない作品ではあります。

主人公の兄妹の魂は、
時間を越え延々と彷徨っています。

これが過去の物語で、
未来の物語にならない事を祈ります。

関連記事

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/[/ca

記事を読む

『サマーウォーズ』ひとりぼっちにならないこと

昨日15時頃、Facebookが一時的にダウンした。 なんでもハッカー集団によるものだった

記事を読む

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで……。

記事を読む

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミック・ヴィーナス』を紹介します。先日、佐藤懐智監督

記事を読む

アーティストは「神」じゃない。あなたと同じ「人間」。

ちょっとした現代の「偶像崇拝」について。 と言っても宗教の話ではありません。 先日妻

記事を読む

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、新作『★(ブ

記事を読む

負け戦には精神論が常『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

「欲しがりません勝つまでは」 戦後70年たった今となっては、こんな我慢ばかりを要求する言葉

記事を読む

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

小さい子どもがいる家の 朝の定番番組はNHK Eテレ。 ホントは朝はニュースとかみた

記事を読む

アニメ『機動戦士ガンダムUC』が遂に完結!!

2010年スタートで完結まで4年かかった。 福井晴敏氏の原作小説は、遡る事2007年から。

記事を読む

『不屈の男 アンブロークン』昔の日本のアニメをみるような戦争映画

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督する戦争映画『アンブロークン』。日本公開前に、

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

→もっと見る

PAGE TOP ↑