*

戦時中の市井の人々の生活を描く『火垂るの墓』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:ハ行

 

昨日、集団的自衛権の行使が容認されたとのこと。

これから日本がどうなっていくのか見当もつきませんが、
昨日が日本の近代史に残る日となったのは確かです。

戦後、戦争経験のある作家たちが、
多くの反戦の物語を紡いできました。

その根底にあるのは、戦争に対しての怒り。

これは戦争を体験した人からしか出てこない表現です。
だからこそ反戦のメッセージが強く伝わってきます。

今、戦争経験者が少なくなってしまい、
ある意味、真の反戦作品は描けなくなっているでしょう。

戦争を真剣に取り上げるのにはパワーも要りますし、
観る方もそれなりに覚悟が必要です。

スタジオジブリがつくった『火垂るの墓』。
これは上記の反戦映画とはちょっと趣が異なります。

怒りやメッセージ性というより、
もっとドライなものを感じます。

高畑勲監督は、
戦争中の市井の人々の生活が
どうであったかに視点を置いてます。

空襲を受けるとどうなるか?
飢えて死んでいくとはどういうことか?
戦時中の一般市民の狂気とは?

これらを淡々と調べていった結果が
作品となった感があります。

高畑監督の最新作『かぐや姫の物語』も
竹取物語を研究した解釈の結果論文を
映像でみせられているという印象でした。

戦争中の生活を感情抜きで淡々とみつめていく。

偏った視点ではないので、リベラルな作品になります。
このクールな視点がかえって当時の悲惨な状況を
リアルに伝えてくれるのです。

戦争によって子どもたちが死んでいく本作。
観るのもつらい状況なので、
そうしょっちゅう観たい作品ではありませんが、
一度は観ておかなければいけない作品ではあります。

主人公の兄妹の魂は、
時間を越え延々と彷徨っています。

これが過去の物語で、
未来の物語にならない事を祈ります。

 

関連記事

no image

『リメンバー・ミー』生と死よりも大事なこと

春休み、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が日本で劇場公開された。本国アメリカ公開から半年遅れだ。

記事を読む

no image

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

  先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之

記事を読む

no image

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

  園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあ

記事を読む

no image

『この世界の片隅に』逆境でも笑って生きていく勇気

小学生の頃、社会の日本近代史の授業で学校の先生が教えてくれた。「第二次大戦中は、今と教育が違っていて

記事を読む

『RAW 少女のめざめ』それは有害か無害か? 抑圧の行方

映画鑑賞中に失神者がでたと、煽るキャッチコピーのホラー映画『RAW』。なんだか怖いけど興味を

記事を読む

no image

『ビバリーヒルズ・コップ』映画が商品になるとき

  今年は娘が小学校にあがり、初めての運動会を迎えた。自分は以前少しだけ小中高の学校

記事を読む

no image

見込みのある若者、後押しする大人『さよなら銀河鉄道999』

  自分は若い時から年上が好きだった。もちろん軽蔑すべき人もいたけれど、自分の人生に

記事を読む

『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の番宣での

記事を読む

no image

『スターウォーズ展』新作公開というお祭り

  いよいよ『スターウォーズ』の新作公開まで一週間! 街に出れば、どこもかしこもスタ

記事を読む

no image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

ウチの子どもたちも大好きな『ハリー・ポッター』シリーズ。こわいこわいと言いながらも、「エクスペクト・

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

→もっと見る

PAGE TOP ↑