*

子ども目線は逆境を超える『崖の上のポニョ』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:カ行

 

日中二歳の息子の子守りをすることになった。

『風立ちぬ』もBlu-rayになることだし、
宮崎駿監督の前作『崖の上のポニョ』を
息子と観ようと思い、再生してみた。

さっきまで騒いでいた息子は、
一瞬にして作品に魅入っておりました。
微動だにしないくらいの集中。

とくに息子が注目していたのは、
ラーメンや蜂蜜入りミルクなど、
食べ物が登場する場面。
嬉しそうに観ておりました。

津波の映画なので3.11以降は
テレビにかけにくくなった作品だと思います。

子ども目線で描かれているので、
津波もファンタジーのギミック。
水の下の町も、救助活動をしている大人達ですら
夢のような出来事となります。

子どもはどんな逆境でも
ポジティブにとらえられる生命力があります。

本作は「子どもが初めて観る映画を作る」と
宮崎監督が言っていた作品。

宮崎監督は、子どもの感受性のまま
大人になったような方だと聞きます。
この感性は子どもウケするツボを
確実にキャッチしているのです。

しかしながら、宮崎アニメはどの作品も、
暗く重いテーマが内包しています。
どんなにかわいいキャラクターが登場しても、
どこか憂いていてセンチメンタルな作りです。

この『ポニョ』はその暗さがなく、
まったくのノーテンキな作品に仕上がっています。
もちろん作中にちりばめられた
無数のメタファーを解読していったらキリがないのですが……。

ここで理屈抜きの子ども映画を描いたからこそ、
次作の『風立ちぬ』で、大人向けの
暗い警笛を鳴らすような映画を作れたのかも知れません。

ポニョは五歳。
上の娘と同じ歳。

まだ娘が妻のお腹の中にいるとき、
映画館で『ポニョ』を観ました。

子ども達が大活躍するこの映画。
子どもの声にお腹の娘はポコポコ反応していました。
明らかにお腹の中で映画を楽しんでいる様子。

「ここからでてきたら、またいっしょにみようね」

お腹の娘に声をかけました。
その二ヶ月後に娘は生まれました。

五歳になった今もジブリ映画は大好きです。

関連記事

no image

『風立ちぬ』憂いに沈んだ未来予想図

  映画『風立ちぬ』、 Blu-rayになったので観直しました。 この映画、

記事を読む

no image

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

  今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題になっている。

記事を読む

no image

百年の恋も冷めた。映画版『超時空要塞マクロス』

  1980年代、自分が10代はじめの頃流行った 『超時空要塞マクロス』が ハリ

記事を読む

no image

『神風』ベッソン発SF映画は紛らわしいタイトル

  フランスの俳優ミシェル・ガラブリュさんが1月4日に亡くなったそうです。フランスの

記事を読む

no image

『団地ともお』で戦争を考える

  小さなウチの子ども達も大好きな『団地ともお』。夏休み真っ最中の8月14日にNHK

記事を読む

no image

『スターウォーズ/フォースの覚醒』語らざるべき新女性冒険譚

  I have a goood feeling about this!! や

記事を読む

no image

『キングコング 髑髏島の巨神』映画体験と実体験と

なんどもリブートされている『キングコング』。前回は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

記事を読む

no image

『機動戦士Zガンダム劇場版』ガンダム再ブームはここから?

  以前バスで小学3~4年生の子どもたちが 大声で話していた内容が気になった。

記事を読む

no image

『ベルサイユのばら』ロックスターとしての自覚

「あ〜い〜、それは〜つよく〜」 自分が幼稚園に入るか入らないかの頃、宝塚歌劇団による『ベルサイユの

記事を読む

no image

『赤毛のアン』アーティストの弊害

  アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオ

記事を読む

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

→もっと見る

PAGE TOP ↑