*

『2001年宇宙の旅』名作とヒット作は別モノ

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 アニメ, 映画:ナ行, , 音楽

映画『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリックの代表作であり、映画史に残る名作と語り継がれている。SF作家のアーサ・C・クラークの共同制作作品としても有名。どの映画評でも大絶賛で、この作品が好きと言っておけば、とりあえず映画好きの人と会話して反感かうことはない。安全パイの映画。

自分がこの『2001年宇宙の旅』を観たのは高校生の頃。さんざっぱら名作と聞いていたので、もうへんなレッテルが自分のなかで貼られていた。たとえわからなくとも、それはわからない自分の方が悪いのだと。シュトラウスがかかって宇宙船が遊泳している映像や、『2001年宇宙の旅』というタイトルから、ほのぼのとした内容なのかと思っていた。観てみるとかなりハードなガチSF作品だったので、意表を突かれたものです。

J-POPバンドのポルノグラフィティの曲の歌詞ではないが、自分の生まれる前にすでにアポロ11号が月着陸を果たしていた。その前に発表された『2001年宇宙の旅』。

自分は小学生のとき『銀河鉄道999』などのSFアニメにハマりまくった。自分の母親の友達のおばちゃんに『機動戦士ガンダム』の話をアツく語っていたら、「私も『2001年宇宙の旅』を観た時は驚いたけど、アポロの月着陸の映像が同じだったので、また驚いたもんだよ」と教えてくれた。今思うと、こんな特殊な映画を普通に観ていたそのおばちゃんは、かなり知的な人だったのではないだろうか?

以前シナリオ作家養成学校に通っていた頃、その講師のおばあちゃん先生も、当時の話題作だった『2001年宇宙の旅』を、公開当時映画館で観たそうです。でも劇場はガラガラで、その先生以外観客はいなかった。何が話題作なのかと笑ってしまったそうです。今でこそ名作と言われている本作だけど、冷静に考えればこんな本格的なSF作品、偏った客層にしか響くはずはない。一般的には非常に難解な映画。ヒットしたら逆に不思議。映画館に閑古鳥が鳴いてる方がごくごく自然。

自分はといえば、日本のSFアニメに夢中になっていたので、本作に影響された、同じようなテーマの作品が多かったからすんなり受け入れられた。『伝説巨神イデオン』なんかも同じ題材だろうし。

当時語られていた映画評で興味深かったのは、日本の作品では、ロボットは『鉄腕アトム』や『ドラえもん』のように、人間の友達として描かれている。それに対して欧米のロボット描写は、本作のHALのように、人間に反旗をひるがえすものが多いということ。『ターミネーター』なんかもそれ。日本人はテクノロジーと密接した職人気質から、ロボットは生活を豊かにしてくれる友達と感じさせるのかも知れない。逆に欧米では、ハイパーテクノロジーは人間に制御できないもの。独自の意思を持ったロボットたちから、奴隷扱いしていた人間たちにいつか報復されるのでは、と潜在的に感じていたのだろう。これは他民族が集まるアメリカらしい考え方。

2001年から15年経ったいま。生み出される作品も、さまざまな影響を重ね、表現の特徴も変わりつつある。日本のアニメの特徴は、いまは逆に海外に影響を与え始めている。ロボットが人間の友達になる精神は、『ベイマックス』のような作品で引き継がれている。もう作品の特徴での国境は薄まりつつある。世界標準というか、感じることはどの国民でも共通のものがあるということだろう。

そうしたら、世界はひとつということで、それこそ宇宙や神の領域に目を向けていくこともできるかも? アーサー・C・クラークが予測してた21世紀とはちょっと違うけど、ある意味予見は当たってた。この映画のラストは、ハッピーエンドともアンハッピーエンドともとれる。キューブリックとクラークの解釈も違うみたいだし、これは完全に観客各々の感性に委ねられる。自分は明るい未来を信じたい。でもそれは人類滅亡もある意味明るい未来だったりする。

この映画は失敗作でもあるし、不朽の名作でもある。かなりギリギリのところ。万人受けはありえない。とても斬新で、カッコイイ映画。この実験的な精神は、商業第一主義となった昨今では、作られにくい種類の作品だろう。

関連記事

no image

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば、70年

記事を読む

no image

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

  デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、

記事を読む

no image

『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、この映画のポスターを見て、「こ

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

『ベルサイユのばら』ロックスターとしての自覚

「あ〜い〜、それは〜つよく〜」 自分が幼稚園に入るか入らないかの頃、宝塚歌劇団による『ベルサイユの

記事を読む

no image

『カールじいさんの空飛ぶ家』憐憫の情を脱せなければ、ドラマは始まらない。

  ディズニーアニメの最新作『ベイマックス』が 予告編とあまりに内容が違うと話題に

記事を読む

no image

『映画 妖怪ウォッチ2』とその未来

  映画版『妖怪ウォッチ』の第二弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャ

記事を読む

no image

『マイマイ新子と千年の魔法』真のインテリジェンスとは?

  近年のお気に入り映画に『この世界の片隅に』はどうしも外せない。自分は最近の日本の

記事を読む

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

→もっと見る

PAGE TOP ↑