*

『ベイマックス』涙なんて明るく吹き飛ばせ!!

公開日: : 最終更新日:2019/06/14 アニメ, 映画:ハ行

t02200173_0800062813179114912

お正月に観るにふさわしい
明るく楽しい映画『ベイマックス』。

日本での宣伝のされかたが
兄弟を描いた作品のようだが、
実は主人公の兄を通して知り合った
仲間との友情のお話。

ある日、ロボットが現れ、友達とともに冒険する。
これって『ドラえもん』の大長編ものと同じ流れ。

ただ『ドラえもん』と違うのは、主人公ヒロが
天才的なロボテックの知識を持っている
才能豊かな少年であること。
のび太と違ってヘタレではない。
そこがアメリカ的。

そして原作はマーベルなので、やはりヒーローもの。
いまマーベルはディズニー傘下。
本格的なマーベルマインドはきちんと受け継いでいます。

近年のSFファンタジーの要素をふんだんに取り込んで、
イノベーションしている。
その要素は日本のサブカルだけに留まっていない。
ディズニーのライバル会社・ドリームワークスの
『ヒックとドラゴン』のテイストすら感じてしまう。

この作品、自分の周囲では「泣けた」という声をたくさん聞いた。
自分は泣きが売りのエンターテイメントはどうも苦手なので
ちょっと心配しつつの鑑賞。

そんな不安も吹っ飛ぶくらいの明るい映画だった。

確かに泣ける場面もあるのだが、
ディズニーが世界の子ども達に向けている作品で、
辛気くさい終わり方はするはずがないと信じて、
どうやって爽快感あるラストに結んでむすんでいくのか
とても気になった。

期待を裏切らない脚本に感心。

最近の日本人はすぐ「泣く」方向へ行ってしまうのは、
現状がかなり辛いということの現れではないか?

お涙頂戴路線で売ろうとしたのは
ディズニーの判断だろう。
悲劇性が高い方が日本ではヒットすると。
なんだかバカにされてる感じ。
間違ってないからなお悔しい。

思うのだが、最近日本の作品では
登場人物の死が予告編の段階でバラして
その死が売りになっているような気がする。
この10年で難病もののなんて多いことか。

本作では主人公ヒロの兄タダシがそれに当たる。
だからてっきりタダシは冒頭に死ぬのだと
思っていたのだが、ヒロとタダシの場面がとても長い。

そして登場人物の紹介場面がものすごく丁寧。
テンポが悪くなるくらい、冒頭で時間をさく。
登場人物の名前と顔、特徴をぜんぶ覚えられるほど丁寧。

そう、そこがミソ。
この映画の原題は『ビッグヒーロー6』。
6人の仲間が、兄タダシの死をきっかけに
各々の特技を使ってスーパーヒーローになる話なのだ!!

だからむしろ兄タダシの死を事前に知らない方が
この作品を楽しめると思う。
突然の事故で家族を失うというのは
アメリカでは同時多発テロをすぐ連想させる。

最愛の家族の突然の死だからこそ意味がある。

兄タダシは生前、人の役に立つロボットを
作りたくてベイマックスを誕生させる。

なにせ天才兄弟なので、
ヒロもベイマックスを初見で機械的構造を理解する。

ヒロによってパワーアップされていくベイマックス。
最初はゆるキャラのような可愛らしかったベイマックスが
アーマードスーツを装着した瞬間、カッコ良くなる。

ヒロは技術的には兄タダシを凌駕するほどの
技術を持っているのかもしれない。
でもタダシはただのロボットを作りたかった訳ではない。
タダシは「人の役に立ちたい心」を持つロボットを作ったのだ。

どんなに技術や才能があっても、
「心」がなければ悪用されてしまう。

正義感ゆえ、早死にしてしまったタダシだが、
人間の本当に大切な「心」の存在を
ヒロにベイマックスを通して伝えていく。

いま、本当の幸せとは何かを問われている時代。
満たされた人生を送っている人ほど
人生に執着はないように感じます。

利他の心の大切さを主題にしながらも、
明るく軽く、爽快感溢れる
アクション映画に仕上がっています。

ポジティブパワー全開!!

関連記事

『未来少年コナン』 厄介な仕事の秘密

NHKのアニメ『未来少年コナン』は、自分がまだ小さい時リアルタイムで観ていた。なんでもNHK

記事を読む

no image

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

スタジオジブリのスタッフが独立して立ち上げたスタジオポノックの第一弾作品『メアリと魔女の花』。先に鑑

記事を読む

no image

『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』天才と呼ばれた普通の父親たち

  なんともうまいタイトルの本。本屋さんをブラブラしていたら、水木しげるさんの追悼コ

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みされている新刊や話題作の中から、

記事を読む

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。映画公開時もとても気になってい

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

no image

『はじまりのうた』音楽は人生の潤滑油、勇気をくれる映画。

  この『はじまりのうた』は、自分の周りでも評判が良く、とても気になっていた。当初は

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

『ヒミズ』 闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあフィルムフェ

記事を読む

no image

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

  『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑