*

デジタルデトックスのススメ『めがね』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:マ行

t02200161_0300021913241681157

荻上直子監督の前作『かもめ食堂』のヒットを受け継いで、ほとんどキャストも同じのこの映画『めがね』。

都会人女性のスローライフへの願望をかなえようとする映画の試み。このキャストで別監督で類似作品がのちに続々と作られていったけど、やはり荻上監督の視点とは違っていて、表層だけをまねた亜流作品ばかりとなっている。

映画のタイトル『めがね』の通り、登場人物全員が眼鏡をかけている。都会から逃げるように与論島に訪れた小林聡美さん演じる主人公。

たどりついた宿の主は言う。「ここは携帯がつながらないんですよ。いいでしょ?」

登場人物の生い立ちは一切語られないこの映画。みんなが眼鏡をかけている事が象徴するように、彼女らは都会ではエリートだったとは伺える。

それでもぼんやりたそがれたり、ルーズに生きる事に人生をみつめなおす。風が気持ちよかったり、料理やビールがうまいことの幸せ。2007年の公開当時には少し早かった感がするこの映画のテーマ、今だとちょうどいい。

SNSの進歩がみんなを疲れさせてる。

なんでもネットばかりで情報収集していると、小脳が退化して、物事を考えなくなるそうです。情報過多で刺激はあれど、実際に自分で考える能力がなくなってしまう。

ネット上で繰り広げられる、低次元な会話はこれが原因なのかも?

IT大国間国や中国では、『デジタルデトックスツアー』なるものも流行っているらしです。意識的にITから離れることで、停止していた小脳も動き始めるそうです。

この映画みたいに極端にスローライフにチェンジしなくとも、意図的に日々の生活の中に、休んで行く工夫は必要そうですね。

近いうちPCやスマホにすがるのはダサいことになるでしょうね。

関連記事

『不屈の男 アンブロークン』昔の日本のアニメをみるような戦争映画

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督する戦争映画『アンブロークン』。日本公開前に、

記事を読む

『槇原敬之』自分ではダメだと思っていても……。

今年は槇原敬之さんのデビュー25周年ということ。自分が槇原敬之さんの存在を知ったのは中学生の

記事を読む

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

映画『誰も知らない』とネグレクト

父親のネグレクト(育児放棄)で 5歳男児が餓死したという事件。 嫌なニュースです。考えち

記事を読む

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わ

記事を読む

『とと姉ちゃん』心豊かな暮らしを

ja.wikipedia.org[/caption] NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん

記事を読む

『あん』労働のよろこびについて

この映画『あん』の予告編を初めて観たとき、なんの先入観もなくこのキレイな映像に、どんなストー

記事を読む

『さとうきび畑の唄』こんなことのために生まれたんじゃない

70年前の6月23日は第二次世界大戦中、日本で最も激しい地上戦となった沖縄戦が終了した日だそ

記事を読む

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。このアメリカ映画『ドリーム』も

記事を読む

『野火』人が人でなくなるところ

http://www.tsukamotoshinya.net/[/caption] 塚本晋也

記事を読む

『チョコレートドーナツ』ホントの幸せってなんだろう?

http://bitters.co.jp/choco/[/capti

『プロジェクトA』ジャッキー映画でちょっと強くなった気になる

ジャッキー・チェンの映画を観たあとは、観るまえよりちょっとだけ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』映画監督がアイドルになるとき

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガ

『わたしは、ダニエル・ブレイク』世の中をより良くするために

http://www.longride.jp/danielblake

『マザー!』観客はそれほど高尚ではない?

http://paramount.nbcuni.co.jp/moth

→もっと見る

PAGE TOP ↑