*

『坂の上の雲』呪われたドラマ化

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 ドラマ, 映画:サ行, 音楽

 

今なお根強い人気がある司馬遼太郎氏著の『坂の上の雲』。秋山好古と真之兄弟と正岡子規の三人を主人公にした日露戦争時代の史実を基にした物語。NHKで大河ドラマの枠で3年にわたって放送された。大河ドラマと言えば1月の新春から12月の年末まで丸々一年間、ひとつの作品を放送するものだったが、この三年間だけは例年より1ヶ月早い11月に終了して、後の1ヶ月は『坂の上の雲』を放送した。1シーズンを終える度、続きは一年後だけど覚えていられるかな~と思ったが、なんの問題もなく三年が過ぎていった。

このドラマ化は実は以前から何度もウワサされていて実現に至らなかった。司馬遼太郎氏には連載中からドラマ化の打診がされていたのだが、司馬氏が「戦争賛美と誤解されるから」と映像化を拒み続けていた。司馬氏が亡くなりNHKは再度映像化を求め、誠意を尽くすカタチにするという約束のもと野沢尚氏の脚本でドラマ化が進む。野沢尚氏といえば、自分が執筆のまねごとをしていた頃、素人脚本家のコンペティションのメイン審査員をされていた。ご自身もこのコンペティションでの受賞がきっかけでプロの道に入ったということもあってか、かなり新しい才能を伸ばそうと尽力してくれていました。その野沢尚氏の自殺によりこのドラマ化はしばらく頓挫することとなる。殆どが野沢尚氏が生前書き上げていたそうだが、それが共同執筆となりドラマ化、結果としては名作となった。音楽は久石譲氏、主題歌はサラ・ブライトマン、ナレーションは渡辺謙さん。出演は本木雅弘さんや阿部寛さん、香川照之さん、菅野美穂さんと華やかな青春群像劇としてとても面白い作品だった。

当時の歴史観を描くため、時としてこの主人公達が活躍しない場面も多々ある。203高地の場面などとくに印象に残る。ロシアとの戦いで、そもそも突破は不可能な無理難題の作戦。それを強行して日本が制覇するわけだが、そこには多くの兵の死があってのこと。ここではメインキャラクターが登場しないので、多くの死がなんとなく抽象的に描かれている。戦争の作戦では、いくら人が死のうとも作戦が遂行されればそれは美談となる。無茶な命令を出した指揮官は、のうのうと天寿を全うする。作中でサラリと描いているが故、戦争は美しいものではなく、醜くむごたらしいものということがぼかされてしまう。司馬遼太郎氏の懸念はここにあるのだろう。

人気作にも関わらず、なかなか映像化が実現しなかった『坂の上の雲』。安易に触れてはいけないテーマが作中に孕んでいて、あたかも呪いのようにドラマ化を阻止しようとする力が作用したのかも知れない。

関連記事

no image

『すーちゃん』女性の社会進出、それは良かったのだけれど……。

  益田ミリさん作の4コママンガ 『すーちゃん』シリーズ。 益田ミリさんとも

記事を読む

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

自分は『スター・ウォーズ』が大好きだ。小学1年のとき、アメリカで『スター・ウォーズ』という得

記事を読む

no image

『猿の惑星:聖戦記』SF映画というより戦争映画のパッチワーク

地味に展開しているリブート版『猿の惑星』。『猿の惑星:聖戦記』はそのシリーズ完結編で、オリジナル第1

記事を読む

no image

実は主人公があまり活躍してない『あまちゃん』

  NHKの視聴率稼ぎの看板番組といえば 『大河ドラマ』と『朝の連続テレビ小説』。

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

『俺の家の話』 普通って何なの?

現在放送中の『俺の家の話』がおもしろい。脚本がクドカンこと宮藤官九郎さんで、主演は長瀬智也さ

記事を読む

『好きにならずにいられない』 自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エルビス・プレスリーの曲のような

記事を読む

no image

『SING』万人に響く魂(ソウル)!

「あー楽しかった!」 イルミネーション・エンターテイメントの新作『SING』鑑賞後、ウチの子たちが

記事を読む

no image

『あさが来た』 はるがきた⁉︎

NHK『連続テレビ小説』の『あさが来た』に遅ればせながらハマってしまった。 放送当初より自分の

記事を読む

no image

『百日紅』天才にしかみえぬもの

  この映画は日本国内よりも海外で評価されそうだ。映画の舞台は江戸時代。葛飾北斎の娘

記事を読む

『東京卍リベンジャーズ』 天才の生い立ちと取り巻く社会

子どもたちの間で人気沸騰中の『東京卍リベンジャーズ』、通称『東

『君の名は。』 距離を置くと大抵のものは綺麗に見える

金曜ロードショーで新海誠監督の『君の名は。』が放送されていた。

『ゴーストバスターズ アフターライフ』 天才の顛末、天才の未来

コロナ禍真っ只中に『ゴーストバスターズ』シリーズの最新作『アフ

『護られなかった者たちへ』 明日は我が身の虚構と現実

子どもの学校の先生が映画好きとのこと。余談で最近観た、良かった

『gifted ギフテッド』 お金の話はそろそろやめて人権の話をしよう

「ギフテッドを持つ子どもの支援を国をあげて始めましょう」という

→もっと見る

PAGE TOP ↑