*

『沈まぬ太陽』悪を成敗するのは誰?

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:サ行,

 

よくもまあ日本でここまで実際にあった出来事や企業をモデルにして、作品として成立させたな~と感心してしまう。小説だけならまだしも、商業映画として劇場公開させてしまうとは、ハリウッド映画のようでとても良いことだ。原作者の山崎豊子氏といえば『白い巨頭』や『華麗なる一族』、『不毛地帯』など社会派の作風、しかも実際にある企業等の不正を作品で告発するような過激なスタイルで有名。こういった娯楽作品が登場するというのはとても良いこと。作品を通して読者や視聴者が、いまそこにある社会問題を考えるきっかけを与えてくれる。日本は自主規制もあり、なかなかこういった作品はうやむやにされてしまう。しかしながら3.11以降の日本は、いままでまかり遠ていた企業や行政の不正行為が、どんどん明るみにされていっている。山崎豊子作品の告発は本当だったのだと実感される日々。

この『沈まぬ太陽』の映画版は三時間以上ある上映時間という、今時の日本映画ではクレージーな企画。原作の意図を崩さないように映像化されているが、御巣鷹山の日航機墜落事故も描いているので、たてまえ上フィクションとしていてもどこの企業の話なのかはすぐ推測できる。

ここでは労働組合員が企業にとっていきすぎた交渉をしたばかりに、目を付けられ左遷され人生も狂ってしまうという物語。この原作の頃にはなかったブラック企業という概念。企業の不正によって苦しめられた労働者が、労働監督署へ行ったり、労働組合として活動をしたりすることをよく勧められるだろう。労働者として権利を主張するのは当然のことと。そりゃ理屈はそうだろうが、そうやって企業にたてついて、またその企業で働いていくというのはやはり矛盾が伴う。仮に権利を勝ち取っても企業側からは厄介者としていじめられるのはあたりまえ。そもそも不正行為をする会社でまた働こうというのが、自分はいつもよく理解できないでいる。闘うなら刺し違える危険性はあたりまえ。そんな企業ならさっさと去るべきでは?と思うのだが……。

以前は不正をしていても力のある企業や行政は大手を振っていられた。最近ではそのツケが以前よりハッキリ出てくるようになってきたのかも知れない。日航機墜落事故も企業の不正行為のひとつの象徴だろう。こういった不正を許してしまうと、一般の関係のない人が犠牲になる。国民一人ひとりが力のある者を監視することを忘れてはならないのだろう。

悪いことも良いことも、他にしたことはいずれ自分に戻ってくるもの。まさに「天を仰いで唾する」者は、その報いは己に降り掛かる。今までは長いものには巻かれるしかない一個人だったが、不正を行うところとは早々に縁を切るのも大事なこと。わざわざそんなものと闘ってエネルギーを使うより、新しい道を探した方が利口に思えるし、より豊かな人生を送れるのではないだろうか。不正を起こすところは自滅する、そのとばっちりを受けないためにも逃げるが勝ち。自分がわざわざ不正を成敗するまでもなく、自然と悪は淘汰されるものであると信じたい。

関連記事

no image

90年代サブカルのカタログ的存在『スワロウテイル』

  岩井俊二監督の『スワロウテイル』。この劇中の架空のバンド『YEN TOWN BA

記事を読む

no image

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

  賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ド

記事を読む

『怒り』 自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画

記事を読む

no image

『2001年宇宙の旅』名作とヒット作は別モノ

映画『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリックの代表作であり、映画史に残る名作と語り継がれ

記事を読む

no image

『坂の上の雲』呪われたドラマ化

  今なお根強い人気がある司馬遼太郎氏著の『坂の上の雲』。秋山好古と真之兄弟と正岡子

記事を読む

no image

『村上さんのところ』村上春樹の人間力

  人気小説家の村上春樹さんと 読者の交流サイト『村上さんのところ』が 話題にな

記事を読む

『ヒミズ』 闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあフィルムフェ

記事を読む

『星の王子さま』 競争社会から逃げたくなったら

テレビでサン=テグジュペリの『星の王子さま』の特集をしていた。子どもたちと一緒にその番組を観

記事を読む

no image

逆境も笑い飛ばせ! 日本人のユーモアセンスは!?『団地ともお』

  『団地ともお』は小学生。 母親と中学生になる姉と 三人で団地暮らし。 父親

記事を読む

no image

『おやすみなさいダース・ヴェイダー』SWファンもすっかりパパさ

  ジェフリー・ブラウン著『おやすみなさいダース・ヴェイダー』。 スターウォーズの

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みさ

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリン

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友と

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑