*

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

公開日: : 映画:サ行, 音楽

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人から勧められていた。自分は最近の邦画の漫画原作実写化や、ゆるふわ学園恋愛ものブームに辟易している。90年代サブカル懐古主義と、学園ものをイノベーションするなんて、なんだかとてもあざとい。観るのがちょっと恥ずかしい。その時代を自分も経験しているが、あまりいい印象がないのが正直なところ。まず観ることはない映画かと思っていた。

この映画のロケ地には、自分の母校が使われていると、同郷の古い友人から知らされていた。ふとこの映画を動画付きで紹介してくれた人がいて、学校の場面で校舎が登場して、変な汗が出てきた。我が母校が映画でどのように登場しているのだろう。

映画の撮影で使われている校舎は数校あった。似た作りの校舎を、この場面では外観だけ、ここでは教室や体育館の室内と、組み合わせて撮影されている。映画では、まるでひとつの校舎で撮影されているかのように仕上がっている。似たような構造の校舎を、よくいくつもみつけたなあと、映画のスタッフさんに感心してしまう。

90年代の日本のサブカルは、自分にとっては黒歴史にも近い。当時コギャルと呼ばれていた女子高生たちは、凶暴で怖い。この映画で舞台になるのは1995年以降だと思う。幸い自分はその時高校生ではなかった。もし当事者の高校生だったら、学校が辛くて仕方なかったことだろう。

映画は、使用されている当時のヒット曲がどうかとか、ファッションがどうかとか懐かしむ暇もないくらい、物語の展開が早い。現代の中年になった主人公たちが、学生時代を思い返す。現在と過去が同時進行で進んでいく。過去が暖色、現在が寒色という映像の区別化は、『ラストエンペラー』などで使われている手法。派手な生き方をしていれば、それなりに犯罪にも巻き込まれていくもの。そのエグさもちゃんと描いてる。レーティングはPG12だし、なんだか日本映画っぽくない。

調べると、この映画の原作は韓国の『サニー 永遠の仲間たち』という映画だった。この映画は、世界的に評判が高い。リメイク化は日本だけでなく、香港・ベトナム・インドネシアとアジア中心に数作ある。今後アメリカでもリメイク映画が製作されるらしい。世界中に共感が得られている作品。

韓国版『サニー』と日本版『SUNNY』、観比べる楽しさがある。韓国と日本はお隣の国。文化も近しい。韓国との微妙な文化の違いが楽しい。日中、街中でも祈りの時間があったり、美容整形があたりまえだったり。過去の場面は20年前にもかかわらず、当時のファッションセンスは、日本の1970年代っぽかったり。韓国はこの20年くらいで大幅にファッションが進化したのがわかる。

本編で使用されている音楽も気になる。日本版『SUNNY』は、95年くらいの国内Jポップで埋め尽くされている。韓国版『サニー』は、自国のKポップもあるけれど、世界的に有名な英語の楽曲もたくさんある。サブカルが国内外とミックスしているし、そのおかげでこの映画が世界的に受け入れられたのだろう。欧米からしてみたら、東アジアのよく知らない国の人たちも、同じ音楽を聴いて青春を過ごしたのだと、文化による共感。

そこで感じたのは、日本は90年代から、サブカルが自国中心になっていったこと。それ以前は、海外の音楽や映画が重宝されており、国内製のサブカルは、ローカライズされた簡易版というイメージがあった。いつしか洋楽はマニア向けとなった。映画も国内完結型の作品ばかり。それ以前はハリウッドを意識して、海外進出を試みた国内作品も多かったような気がする。ある意味日本では、90年代から文化の鎖国が始まってしまった。

韓国版『サニー』は、世界中の誰が観ても共感できる作品。でも日本版『SUNNY』は、日本人だけがわかる国内完結型の作品に仕上げられている。

でもそれはけして日本版『SUNNY』がつまらないというわけではない。オリジナルのいいところは、演出も演技もそのまま流用して、整合性取りづらかった場面も、感情移入しやすい流れに変更されている。とかくリメイク作はオリジナルに勝てないのが常だが、この日本版リメイクは、ものすごくおもしろいエンターテイメント作品にブラッシュ・アップされている。作り直す意味はあった。

中年になった登場人物たちは、誰もがみな、ハッピーではないところが悲しい。日本版では、彼女たちは太く短く生きていた印象を受ける。でも韓国版では、女性の生きづらさを訴えるようなフェミニズムを感じる。

若くて綺麗なだけが人生なのか。映画はそこまで社会問題を考えているとは思えないが、韓国の人たちの深層心理での、社会への思いが伝わってくる。

日本と韓国は、サブカルチャーが近い。ただこの10年で韓国は、ファッションや美容だけでなく、さまざまなジャンルで世界進出を果たしている。映画『パラサイト』がアカデミー賞を受賞したり、BTSが何度もビルボード1位を獲得したりしている。ソフトパワーのアメリカを牛耳る勢い。日韓のサブカルの格差は激しい。

国の違いはあっても、良いものは良い。新しい物好きの人たちは、どこの国の文化であれど、楽しければどんどん取り入れていく。そこには敬意もある。一般の人々は、どこの国であろうとも仲良くしていきたい気持ちがある。先入観や偏見のない若い人なら尚のこと。残念ながら、国のトップや政治だけが、反目しようとしている。実際市井の生活には、国境の差別なんて無意味で不利益しかない。

同じ物語を、各国の視点で描いた『SUNNY』という映画。制作意図とは別の感じ方をしてしまうのも、また映画の面白いところなのかもしれない。

関連記事

no image

『坂の上の雲』呪われたドラマ化

  今なお根強い人気がある司馬遼太郎氏著の『坂の上の雲』。秋山好古と真之兄弟と正岡子

記事を読む

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

映画公開前、ほとんどの人がこの映画『シン・ゴジラ』に興味がわかなかったはず。かく言う自分もこ

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば

記事を読む

『ホドロフスキーのDUNE』 伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑星』の映画化に失敗したというの

記事を読む

『わたしを離さないで』 自分だけ良ければいい世界

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを離さないで』。ラブストーリ

記事を読む

no image

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をやっと観ることができた。公開当時から本当にあちこちから

記事を読む

『逃げるは恥だが役に立つ』 シアワセはめんどくさい?

「恋愛なんてめんどくさい」とは、最近よく聞く言葉。 日本は少子化が進むだけでなく、生涯

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 作者にインスパイアさせた曲

正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作品は『Dr.

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑