*

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

公開日: : 映画:サ行, 音楽

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビット』。作品の舞台は第二次大戦中のドイツ。ナチスのヒトラーユーゲントのキャンプに参加した10歳の少年ジョジョの物語。

人殺しの訓練を受ける少年の話。それだけ聞いてしまうと、悲惨な映画なのかと思ってしまうが、この作品はコメディ。10歳の少年の非力さと、それゆえのかわいらしさで映画はいっぱいだ。

戦争映画といえば、モノトーンに近い色調で描かれがちだが、この映画はカラフル。ジョジョ少年の目線から見た世界の具現化。戦争映画は観賞後にどーんと落ち込んでしまう。どんなに素晴らしい作品でも、再見する気にはなかなかなれないもの。それはある意味戦争映画として成功している。戦争はイヤなもの。戦争を美化したり、カッコいいものとして描かれている作品はただのプロパガンダ。

監督は『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ。本編ではジョジョのイマジナリーフレンドのヒトラー役も怪演してる。もうこのヒトラーが最高に笑える。

タイカ・ワイティティの前作『マイティ・ソー』のときも、レッド・ツェペリンの使い方がめちゃくちゃカッコ良かったんだけど、今回の『ジョジョ・ラビット』も、監督の音楽センスが伺える。

冒頭のドイツ語版のビートルズに合わせて、ロックスターと独裁者への熱狂を被らせる風刺っぷりがいい。カリスマに煽動されて、踊らされていく大衆の姿。刷り込みって恐ろしい。

ナチスを「カッコいい」と思い込んでるジョジョ少年の危うさ。でもそれを知り得る我々観客は、歴史を知っているからにすぎない。当時のドイツ人は、ナチスこそ正義だと思っていた人もいるだろう。少年がヒーローへの憧れを、そちらに向けていくのは至極当然。その理想と現実のパラドックスに、ジョジョ少年が気づいていくのがこの映画の最大のテーマ。

そういえば最近の映画って、英語圏外の国が舞台でも、全員英語喋ってるのはOKなのね。そこで引っかかるのは、野暮ってものか。

タイカ・ワイティティは自分と同年代。彼の母親はユダヤ系とのことだけど、戦争を知らない世代には変わりない。戦争映画なのにコメディというので、日本の『この世界の片隅に』にも近いものを感じる。そちらの原作者・こうの史代さんも同年代。戦争を知ってる人たちの作品とはどこかアプローチが違う。戦争体験者からの作品は、戦争に対する怒りや悲しみが、作品を突き動かす原動力になっている。戦争を知らない世代にはそれがない。戦争という、とてつもなく理不尽な状況も、ユーモアで立ち向かおうとしている。

暴力や憎悪、偏見や差別なんてダサい。いまこそ笑いを武器にしていこうではないか。いかなる時でも、ユーモアを持てるかどうかで人生は変化していく。笑いこそ、もっとも知的で人間らしいセンスだ。

ナチスに傾倒していく少年の心理。我々はとかく長いものに巻かれていく習性がある。平時にはそれは良きものとされている。でも戦争やら時代の分かれ目にその姿勢だと、取り返しのつかないことにもなりかねない。

選挙などで投票者を誰にするか判断する基準に、「受かりそうな人、優勢な人だから投票する」という人がいる。勝ち組に投票することで、自分も勝ち組に所属しているような安心感を得たいのだろう。ひとときの優越感。でもそれってとても危険。優勢に乗った錯覚にすぎない。結局その候補者の過去の言動や、公約には耳を貸していない。調べず考えず、流れに身を任せるだけ。情報操作がうまいかどうかで勝敗が決まるのでは、知性とは程遠い。シビリアン・コントロールなんてチョロい。同調圧力様様だ。

ジョジョのママ役のスカーレット・ヨハンソンがまた良い。彼女は戦争反対の活動家らしいんだけど、そこのところも映画ではフワッとさせている。これは政治映画ではないから。息子と母親の思想が違っても、この家庭はうまくいっている。でもそれには映画は触れない。少年の目線から見た世界は、政治なんて関係ない。

いじめられっ子のジョジョは、下ばかり見ている。大好きなママの存在も、彼女の靴からイメージされる。それも伏線となる演出のうまさ。

過酷な世界ではひどい目にあわされっぱなしのジョジョ。でもそれらは不幸中の幸いにもなっていく。映画のポジティブな視線。シニカルなアプローチから始まっても、作品全体に愛がある。

戦争映画なのに、観賞後爽快感がある。明るい気持ちになる。登場人物たちのその後の人生も気になってしまう。またこの映画観たいなとすぐ思ってしまった。戦争映画としては珍しい印象だ。

関連記事

no image

『ラ・ラ・ランド』夢をみること、叶えること

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の評判は昨年末から日本にも届いていた。たまたま自分は日本公開初日の

記事を読む

no image

『怒り』自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画『怒り』

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

no image

『幕が上がる』覚悟の先にある楽しさ

  自分はアイドル文化や萌えとかよくわからない。だから『ももいろクローバーZ』の存在

記事を読む

no image

『フラガール』生きるための仕事

  史実に基づいた作品。町おこしのために常磐ハワイアンセンターを設立せんとする側、新

記事を読む

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえ

記事を読む

『今日から俺は‼︎』子どもっぽい正統派

テレビドラマ『今日から俺は‼︎』が面白かった。 最近自分はすっかり日本のエンターテイメ

記事を読む

no image

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

  評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

no image

宇多田ヒカル Meets 三島由紀夫『春の雪』

  昨日は4月になったにもかかわらず、 東京でも雪が降りました。 ということで『春の雪』。

記事を読む

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』これからのハリウッド映画は?

マーベル・ユニバース映画の現時点での最新作『スパイダーマン:フ

『ブラック・クランズマン』明るい政治発言

アメリカではBlack Lives Matter運動が盛んにな

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致

→もっと見る

PAGE TOP ↑