*

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

公開日: : 映画:サ行, 音楽

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビット』。作品の舞台は第二次大戦中のドイツ。ナチスのヒトラーユーゲントのキャンプに参加した10歳の少年ジョジョの物語。

人殺しの訓練を受ける少年の話。それだけ聞いてしまうと、悲惨な映画なのかと思ってしまうが、この作品はコメディ。10歳の少年の非力さと、それゆえのかわいらしさで映画はいっぱいだ。

戦争映画といえば、モノトーンに近い色調で描かれがちだが、この映画はカラフル。ジョジョ少年の目線から見た世界の具現化。戦争映画は観賞後にどーんと落ち込んでしまう。どんなに素晴らしい作品でも、再見する気にはなかなかなれないもの。それはある意味戦争映画として成功している。戦争はイヤなもの。戦争を美化したり、カッコいいものとして描かれている作品はただのプロパガンダ。

監督は『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ。本編ではジョジョのイマジナリーフレンドのヒトラー役も怪演してる。もうこのヒトラーが最高に笑える。

タイカ・ワイティティの前作『マイティ・ソー』のときも、レッド・ツェペリンの使い方がめちゃくちゃカッコ良かったんだけど、今回の『ジョジョ・ラビット』も、監督の音楽センスが伺える。

冒頭のドイツ語版のビートルズに合わせて、ロックスターと独裁者への熱狂を被らせる風刺っぷりがいい。カリスマに煽動されて、踊らされていく大衆の姿。刷り込みって恐ろしい。

ナチスを「カッコいい」と思い込んでるジョジョ少年の危うさ。でもそれを知り得る我々観客は、歴史を知っているからにすぎない。当時のドイツ人は、ナチスこそ正義だと思っていた人もいるだろう。少年がヒーローへの憧れを、そちらに向けていくのは至極当然。その理想と現実のパラドックスに、ジョジョ少年が気づいていくのがこの映画の最大のテーマ。

そういえば最近の映画って、英語圏外の国が舞台でも、全員英語喋ってるのはOKなのね。そこで引っかかるのは、野暮ってものか。

タイカ・ワイティティは自分と同年代。彼の母親はユダヤ系とのことだけど、戦争を知らない世代には変わりない。戦争映画なのにコメディというので、日本の『この世界の片隅に』にも近いものを感じる。そちらの原作者・こうの史代さんも同年代。戦争を知ってる人たちの作品とはどこかアプローチが違う。戦争体験者からの作品は、戦争に対する怒りや悲しみが、作品を突き動かす原動力になっている。戦争を知らない世代にはそれがない。戦争という、とてつもなく理不尽な状況も、ユーモアで立ち向かおうとしている。

暴力や憎悪、偏見や差別なんてダサい。いまこそ笑いを武器にしていこうではないか。いかなる時でも、ユーモアを持てるかどうかで人生は変化していく。笑いこそ、もっとも知的で人間らしいセンスだ。

ナチスに傾倒していく少年の心理。我々はとかく長いものに巻かれていく習性がある。平時にはそれは良きものとされている。でも戦争やら時代の分かれ目にその姿勢だと、取り返しのつかないことにもなりかねない。

選挙などで投票者を誰にするか判断する基準に、「受かりそうな人、優勢な人だから投票する」という人がいる。勝ち組に投票することで、自分も勝ち組に所属しているような安心感を得たいのだろう。ひとときの優越感。でもそれってとても危険。優勢に乗った錯覚にすぎない。結局その候補者の過去の言動や、公約には耳を貸していない。調べず考えず、流れに身を任せるだけ。情報操作がうまいかどうかで勝敗が決まるのでは、知性とは程遠い。シビリアン・コントロールなんてチョロい。同調圧力様様だ。

ジョジョのママ役のスカーレット・ヨハンソンがまた良い。彼女は戦争反対の活動家らしいんだけど、そこのところも映画ではフワッとさせている。これは政治映画ではないから。息子と母親の思想が違っても、この家庭はうまくいっている。でもそれには映画は触れない。少年の目線から見た世界は、政治なんて関係ない。

いじめられっ子のジョジョは、下ばかり見ている。大好きなママの存在も、彼女の靴からイメージされる。それも伏線となる演出のうまさ。

過酷な世界ではひどい目にあわされっぱなしのジョジョ。でもそれらは不幸中の幸いにもなっていく。映画のポジティブな視線。シニカルなアプローチから始まっても、作品全体に愛がある。

戦争映画なのに、観賞後爽快感がある。明るい気持ちになる。登場人物たちのその後の人生も気になってしまう。またこの映画観たいなとすぐ思ってしまった。戦争映画としては珍しい印象だ。

関連記事

no image

『そして父になる』子役にはドキュメンタリー、大人にはエチュード

  映画『そして父になる』は気になる作品。 自分も父親だから。 6年間育てて

記事を読む

no image

『はじまりのうた』音楽は人生の潤滑油、勇気をくれる映画。

  この『はじまりのうた』は、自分の周りでも評判が良く、とても気になっていた。当初は

記事を読む

no image

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピ

記事を読む

no image

『百日紅』天才にしかみえぬもの

  この映画は日本国内よりも海外で評価されそうだ。映画の舞台は江戸時代。葛飾北斎の娘

記事を読む

no image

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

  リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り

記事を読む

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えていることだろう。 自分はどうか

記事を読む

no image

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

『スターウォーズ』の実写初のスピンオフ作品『ローグ・ワン』。自分は『スターウォーズ』の大ファンだけど

記事を読む

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる。Netflix独占で新シーズ

記事を読む

『スター・ウォーズ・アイデンティティーズ』パートナーがいることの失敗

寺田倉庫で開催されている『スターウォーズ・アイデンティティーズ・ザ・エキシビション』という催

記事を読む

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

自分は『スター・ウォーズ』が大好きだ。小学1年のとき、アメリカで『スター・ウォーズ』という得

記事を読む

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

『TENET テネット』テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい!

→もっと見る

PAGE TOP ↑