*

『トロピック・サンダー』映画稼業はいばらの道よ

公開日: : 最終更新日:2020/03/10 映画:タ行

ベン・ステラーが監督主演したハリウッドの裏側をおちょくったコメディ映画『トロピック・サンダー』。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の興奮覚めやらじ。アイアンマン演じたロバート・ダウニーJr.のフィルモグラフィを検索していると、ピカイチで輝いていたこの作品。ベトナム戦争映画の撮影風景を風刺している。あまりよく考えずに仕事をしている製作陣が、いつしか本当の紛争地帯に紛れ込んでしまうというストーリー。

ダウニーの役所は、自分の演じる役柄を徹底的に研究して、仕草までもそのものに見えるようになりきるメソッド俳優。『トロピック・サンダー』では、黒人になりきるため、肌を褐色にする整形手術までしてしまう徹底ぶり。果たしてそこまでやるか。ふつうに黒人の俳優さん起用すればいいじゃん! でもこの映画のダウニー、本当に黒人に見えてしまうからスゴイ。

黒人なまりを真似してるけど、ホントの黒人から聞いたら、さぞ腹立たしい喋り方なんだろう。日本でいうなら、生粋の関東人が関西弁で演技をしてるようなものだ。そのバカバカしさは、英語圏の人の方が笑えるだろう。

この映画、ちょうど『アイアンマン』の第一作目と同じ年に公開されている。その頃ちょっと落ち目だったダウニーが、起死回生を狙っていた時期なのだろう。彼の演じるメソッド俳優の猪突猛進さが、当時のダウニーの姿とカブる。

メソッド俳優という狂気。でも『アイアンマン』みたいな、エンターテイメント作品でさえ、メソッドは必要だ。アイアンマンことトニー・スタークが、どんなに荒唐無稽な設定の人物であっても、映画を観ているときは、実際にいる人に見えなければならない。どんなに軽い作品であっても、研究がなければ面白い作品にはならない。

『トロピック・サンダー』の冒頭、ベトナム戦争の撮影風景。さっそく『プラトーン』のパロディから始まる。

もうね、ベン・ステラーの撃たれる演技が異常に上手いの。しょっぱなからゲラゲラ笑ってしまった。両手を広げて倒れていく演技。フレームのいちばん最後に手が残るのが分かってるから、倒れる指先まで細かい芝居してるの。日本人よ、これが「芝居の計算」だ!

戦争を扱った映画はヒットする。しかも社会派や保守派も丸め込むこともできる。そんな戦争映画ブームに辟易しているベン・ステラーの姿が見え隠れする。

ベトナムが舞台? だったら東南アジアのどっかで撮影すればいい。アジアや戦争に対する歴史は曖昧。本物の紛争地帯の凶悪な連中の描写も、何で争ってるのかさっぱりわからない。たたのマフィアなのかもしれないし、なにかの組織なのかもしれない。そんな危険地帯に製作陣を置いてきた? なんでそんなの助けなきゃいけないのさ。しーらないっと。

金のことしか頭にない悪徳プロデューサーをトム・クルーズが怪演してる。自身もプロデューサーであるトムのなんて自虐的なこと。軽薄なエージェント役もマシュー・マコノヒーだったり、出演者が豪華。「ハリウッドを風刺した映画なんて面白い!」と、みんな集まってきたのだろう。日頃のガス抜きも兼ねて。

この映画での映画監督の立場の低さがリアル。プロデューサーからパワハラは受けるし、役者の方が自分より格上だから頭が上がらなかったり、そのくせ責任だけはすべて押し付けられる。お前の代わりなんていくらでもいる。完全に足元みられてる。味方はいない。

ちょっと前なら映画監督は権威がある存在だった。いま、あまりになりたがる人が多くて、そのポストの少ない職業。制作費削減のために、若手の無名監督を起用するのは通例になってきた。これは日本もハリウッドも同じ流れ。当然ながら、世間知らずのオタクが搾取の対象になりかねない。

ただ、日本とハリウッドの違いは、成功すれば名声と富を得られるかもしれないこと。残念ながら日本では、この業界では個人が大儲けできるシステムはほとんどない。企業の儲け第一主義。製作陣にはお金はなかなか流れてこない。好きなことを仕事にしてるんだから、稼ぎなんていいでしょ?って。

どちらにせよ映画製作は茨の道だ。ハリウッドで大化けする夢を抱いて行くのもいいが、やっぱりそれも人生かけた大ギャンブル。『トロピック・サンダー』の劇中の監督なんて、悲惨すぎて笑うしかない。実はこの人がいちばん酷い目にあってる。

映画は夢だ。でもそれを作る作業は現実だ。夢見がちな映画人たちや職人肌の人たちには、かなり手厳しい皮肉の映画だ。なにかにのめり込むことは人生においてとても重要だけど、それで足元をすくわれたら本末転倒だ。

夢を見るのも、現実と折り合いをつける冷静さが必要。安易に夢を語ると、金の亡者に狙われる。

『トロピック・サンダー』は、映画好きこそ、苦笑いのブラックコメディーとして楽しめるだろう。もうトム・クルーズと一緒に下品なダンスを踊るしかない!

関連記事

『透明なゆりかご』 優しい誤解を選んでいく

NHKで放送していたドラマ『透明なゆりかご』。産婦人科が舞台の医療もの。これは御涙頂戴の典型

記事を読む

no image

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

  スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着

記事を読む

『ターミネーター2』 メジャーだって悪くない!!

今年の映画業界はビッグネームの続編やリメイク・リブート作で目白押し。離れてしまったかつての映

記事を読む

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

もうすぐ桜の季節。桜が出てくる作品で名作はたくさんある。でも桜ってどうしても死のメタファーと

記事を読む

『沈黙 -サイレンス-』 閉じている世界にて

「♪ひとつ山越しゃホンダラホダラダホ〜イホイ」とは、クレイジー・キャッツの『ホンダラ行進曲』

記事を読む

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

佐藤懐智監督と内田春菊さん[/caption] 今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミッ

記事を読む

『帝都物語』 混沌とした世にヤツは来る!!

9月1日といえば防災の日。1923年の同日に関東大震災で、東京でもたいへんな被害があったこと

記事を読む

no image

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わなけ

記事を読む

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリンピック関係者の女性蔑視発言で、

記事を読む

no image

『ダンケルク』規格から攻めてくる不思議な映画

クリストファー・ノーランは自分にとっては当たり外れの激しい作風の監督さん。 時系列が逆に進む長

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑