*

『トロピック・サンダー』映画稼業はいばらの道よ

公開日: : 最終更新日:2020/03/10 映画:タ行

ベン・ステラーが監督主演したハリウッドの裏側をおちょくったコメディ映画『トロピック・サンダー』。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の興奮覚めやらじ。アイアンマン演じたロバート・ダウニーJr.のフィルモグラフィを検索していると、ピカイチで輝いていたこの作品。ベトナム戦争映画の撮影風景を風刺している。あまりよく考えずに仕事をしている製作陣が、いつしか本当の紛争地帯に紛れ込んでしまうというストーリー。

ダウニーの役所は、自分の演じる役柄を徹底的に研究して、仕草までもそのものに見えるようになりきるメソッド俳優。『トロピック・サンダー』では、黒人になりきるため、肌を褐色にする整形手術までしてしまう徹底ぶり。果たしてそこまでやるか。ふつうに黒人の俳優さん起用すればいいじゃん! でもこの映画のダウニー、本当に黒人に見えてしまうからスゴイ。

黒人なまりを真似してるけど、ホントの黒人から聞いたら、さぞ腹立たしい喋り方なんだろう。日本でいうなら、生粋の関東人が関西弁で演技をしてるようなものだ。そのバカバカしさは、英語圏の人の方が笑えるだろう。

この映画、ちょうど『アイアンマン』の第一作目と同じ年に公開されている。その頃ちょっと落ち目だったダウニーが、起死回生を狙っていた時期なのだろう。彼の演じるメソッド俳優の猪突猛進さが、当時のダウニーの姿とカブる。

メソッド俳優という狂気。でも『アイアンマン』みたいな、エンターテイメント作品でさえ、メソッドは必要だ。アイアンマンことトニー・スタークが、どんなに荒唐無稽な設定の人物であっても、映画を観ているときは、実際にいる人に見えなければならない。どんなに軽い作品であっても、研究がなければ面白い作品にはならない。

『トロピック・サンダー』の冒頭、ベトナム戦争の撮影風景。さっそく『プラトーン』のパロディから始まる。

もうね、ベン・ステラーの撃たれる演技が異常に上手いの。しょっぱなからゲラゲラ笑ってしまった。両手を広げて倒れていく演技。フレームのいちばん最後に手が残るのが分かってるから、倒れる指先まで細かい芝居してるの。日本人よ、これが「芝居の計算」だ!

戦争を扱った映画はヒットする。しかも社会派や保守派も丸め込むこともできる。そんな戦争映画ブームに辟易しているベン・ステラーの姿が見え隠れする。

ベトナムが舞台? だったら東南アジアのどっかで撮影すればいい。アジアや戦争に対する歴史は曖昧。本物の紛争地帯の凶悪な連中の描写も、何で争ってるのかさっぱりわからない。たたのマフィアなのかもしれないし、なにかの組織なのかもしれない。そんな危険地帯に製作陣を置いてきた? なんでそんなの助けなきゃいけないのさ。しーらないっと。

金のことしか頭にない悪徳プロデューサーをトム・クルーズが怪演してる。自身もプロデューサーであるトムのなんて自虐的なこと。軽薄なエージェント役もマシュー・マコノヒーだったり、出演者が豪華。「ハリウッドを風刺した映画なんて面白い!」と、みんな集まってきたのだろう。日頃のガス抜きも兼ねて。

この映画での映画監督の立場の低さがリアル。プロデューサーからパワハラは受けるし、役者の方が自分より格上だから頭が上がらなかったり、そのくせ責任だけはすべて押し付けられる。お前の代わりなんていくらでもいる。完全に足元みられてる。味方はいない。

ちょっと前なら映画監督は権威がある存在だった。いま、あまりになりたがる人が多くて、そのポストの少ない職業。制作費削減のために、若手の無名監督を起用するのは通例になってきた。これは日本もハリウッドも同じ流れ。当然ながら、世間知らずのオタクが搾取の対象になりかねない。

ただ、日本とハリウッドの違いは、成功すれば名声と富を得られるかもしれないこと。残念ながら日本では、この業界では個人が大儲けできるシステムはほとんどない。企業の儲け第一主義。製作陣にはお金はなかなか流れてこない。好きなことを仕事にしてるんだから、稼ぎなんていいでしょ?って。

どちらにせよ映画製作は茨の道だ。ハリウッドで大化けする夢を抱いて行くのもいいが、やっぱりそれも人生かけた大ギャンブル。『トロピック・サンダー』の劇中の監督なんて、悲惨すぎて笑うしかない。実はこの人がいちばん酷い目にあってる。

映画は夢だ。でもそれを作る作業は現実だ。夢見がちな映画人たちや職人肌の人たちには、かなり手厳しい皮肉の映画だ。なにかにのめり込むことは人生においてとても重要だけど、それで足元をすくわれたら本末転倒だ。

夢を見るのも、現実と折り合いをつける冷静さが必要。安易に夢を語ると、金の亡者に狙われる。

『トロピック・サンダー』は、映画好きこそ、苦笑いのブラックコメディーとして楽しめるだろう。もうトム・クルーズと一緒に下品なダンスを踊るしかない!

関連記事

no image

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わなけ

記事を読む

no image

鳥肌実のアヤシい存在感と、まっとうな人生観の映画『タナカヒロシのすべて』

  昨日は8月15日。終戦記念日。 この日で自分がすぐ イメージするのは靖国

記事を読む

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

韓国映画の『タクシー運転手』が話題になっている。1980年に起こった光州事件をもとに描いたエ

記事を読む

no image

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

  配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロールズ』を選んできた。

記事を読む

『タイタニック』 猫も杓子も観てたの?

ジェームズ・キャメロン監督で誰もが知っている『タイタニック』の音楽家ジェームズ・ホーナーが飛

記事を読む

no image

『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新技術のお披露目の場

ドルビーアトモスのAVアンプを探していると、この『トランスフォーマー/ロストエイジ』の見せ場の映

記事を読む

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリンピック関係者の女性蔑視発言で、

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

『誰も知らない』とネグレクト

父親のネグレクト(育児放棄)で 5歳男児が餓死したという事件。 嫌なニュースです。考えち

記事を読む

no image

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

このたびの台風により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。 台風18号が東日本に

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑