*

『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新技術のお披露目の場

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:タ行

ドルビーアトモスのAVアンプを探していると、この『トランスフォーマー/ロストエイジ』の見せ場の映像をよく観せられてしまう。しかしながら自分はこのトランスフォーマーシリーズがよくわからない。シリーズ全てを観ているのだけれど、やっぱりわからない。

このシリーズの特徴は、2時間半超えの超大作ということ。人気シリーズにもかかわらず、毎回睡魔との戦いになってしまうから、鑑賞前はかなり覚悟がいる。じゃあもう観るのをやめればいいじゃないって? このシリーズの映像技術に惹かれて、ついついどうしても観てしまう。トランスフォーマーは、その時最新の映画技術の真髄を試す作品なのかもしれない。

例えば最近の日本の『シン・ゴジラ』もCGを使った映画だけど、技術的には数年前のこの『トランスフォーマー』にまだまだ追いついてないかもしれない。それは制作費が『トランスフォーマー』の方が遥かにうわまっているというのもあるし、『シン・ゴジラ』の方が制作環境が潤沢ではないのもあるだろう。それでも『シン・ゴジラ』のCGの方が心に響く。どんなに環境が完璧であったとしても、そこに至るまでのモチベーションや情熱が、映像のインパクトにもろに影響してくる。

良作はテクニックだけでは生まれない。荒削りでもパワーが重要。悲しいかな、世の中には内容云々ではない映画というのも存在する。ストーリーを語るだけが映画の役割りではない。

物語上その映像がどうしても必要だから、今ある技術を駆使して誰も見たことのない映像作っていくというのが、本来なら理想的。でも今の技術を使って、ここまでできるのだと証明していくような映画もある。そんなタイプの映画にでくわしたら、観客は早々に頭を空っぽにして、素直に見たことのない映像に身を委ねてしまったほうが楽しめる。『トランスフォーマー』は、最新映画技術のカタログのような位置にあたるのかな?

なにげにこれからのマーケティングの中心は中国だと示唆してるし。

そういえば、自分の知り合いの映像クリエイターさんのほとんどが、あまり上映環境のクオリティにはこだわっていないように見受けられる。みなさん確かに誰よりも早く、どこどこの映画館にIMAXが入ったから観に行ったとか、この映画は4DXで観るのがオススメだよと、あしげく新技術の上映体験をするために遠征したりしている。レーダーは鋭い。

そのくせVHSの3倍速で撮ったようなひどい環境下の映像でも、気にせず集中して観ているようなことがある。自分だとあまりにも悪い状態の映像ならば鑑賞を諦めてしまうだろう。新技術に食いつくのは早いけど、それにこだわっている様子もないみたい。

聞いてみると、「単純に作品を観ているだけだから」らしい。どんな上映状態であれ、良い作品ならば良いに決まってる。むしろ上映環境によって、面白さが変わってしまうのでは、本当に面白い作品とは言えないのを見抜いている。ハードではなくソフトを観る。とても純粋に作品と向き合っている。

新技術に執着がないのは、自分の作品にその技術は必要ないと早々に見極めているから。もちろん自分の作品に活かせる技術であるならば、さらに突き詰めていくことだろう。

自分のようにサラウンドシステムがどうこうとか、ハイビジョンがどうこうとかこだわっているのは、やはりクリエーターではなく、ファンやマニアの視点。フォーマットばかりが気になるのは、あまりクリエイティブな鑑賞態度ではないのかも。

それでも商業作品。あらゆる角度からビジネスは広がっている。好奇心旺盛のクリエイターは、自作に使う使わないは関係なく、とりあえずは知っておこうという、アタマの柔らかい人たち。大成する人は常に勉強熱心。新しもの好きでも、突き動かすモチベーションがそもそも違う。自分もそういった冷静な態度は見習いたいものです。まったくもって脱帽です。

関連記事

no image

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

  映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあと、あらためてその

記事を読む

no image

『ドクター・ストレンジ』アメコミとユダヤ人

流転の民族ユダヤ人は、どこの社会に行っても成功していくらしい。商売上手だったり、仕事ができるのはもち

記事を読む

no image

『デッドプール』映画に飽きた映画好きのためのスパイス的映画

映画『デッドプール』は、劇場公開時に見逃してからずっと観たかった映画。小さな子どもがいる我が家では、

記事を読む

no image

『天使のたまご』アート映画をアニメでやった押井守監督の意欲作

  最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使の

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍

記事を読む

no image

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わなけ

記事を読む

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

no image

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

もうすぐ桜の季節。桜が出てくる作品で名作はたくさんある。でも桜ってどうしても死のメタファーとして使わ

記事を読む

no image

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

  評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』

記事を読む

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

no image
『未来のミライ』真の主役は建物の不思議アニメ

日本のアニメは内省的で重い。「このアニメに人生を救われた」と語る若者が

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

→もっと見る

PAGE TOP ↑