*

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』顛落の悲劇。自業自得か殉教者か?

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:タ行, 音楽

t02200332_0424064013062243703

問題作すぎて新作『ニンフォマニアック』の
日本公開も危ぶまれながらもうじき公開せまる
デンマーク出身ラース・フォン・トリアー監督の
カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作。

アイスランドの歌手ビョークを主演とした
ミュージカル風映画。

物語はタイトル通り絶望的に暗く、
主人公も視力を失っていく。

ラース・フォン・トリアー作品では
無知な女性がどんどん堕ちて行く話が多くあります。
本作を含む「黄金の心」三部作の
『奇跡の海』もそれにあたります。

黄金の心というくらいですから、
殉教に近い尊いものとして扱っているのでしょう。

彼の作品に登場する
不幸にまっすぐ向かって行く女性像に
自分はいつもイライラしまくっているんですね。

きっとトリアー監督と同じ宗教的な
バックボーンがあれば、
もしくは理解できるのかもしれませんが、
日本人の自分にはムカつく
ダメ人間の姿に見えてしまいます。

自分から不幸に飛び込んで行く主人公なんてイヤ。

この不幸まみれの主人公。
現実逃避の心象風景でミュージカルシーンが
挿入されるのです。

ミュージカルシーンは彩り豊かで、
そこでは主人公はみんなに祝福されている。

ミュージカルシーンは必見です。

演出では100台のカメラを据え置き、
ミュージカルの臨場感を伝えています。

逆に不幸な日常の場面では、
手持ちカメラで撮影されたドキュメンタリータッチ。

この実験的な演出は、トリアーの特徴。
ちゃんとした効果を計算された
実験演出はとても興味深いです。

トリアー監督は鬼監督としても有名。
ビョークを精神的に追い込んで、
彼女が撮影を放棄して失踪してしまうなんて
ハプニングもあったそうです。

とてもとても凹む映画だし、
トリアーもビョークも実際会ったら
とてもめんどくさそうな人たちだけれど、
なんだか注目してしまう。

これがスター性というかカリスマ性と
いうものなんでしょうね。


関連記事

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを離さないで』。ラブストーリーの

記事を読む

『幸せへのキセキ』過去と対峙し未来へ生きる

外国映画の日本での宣伝のされ方の間違ったニュアンスで、見逃してしまった名作はたくさんある。こ

記事を読む

『帝都物語』混沌とした世にヤツは来る!!

9月1日といえば防災の日。1923年の同日に関東大震災で、東京でもたいへんな被害があったこと

記事を読む

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。 映画『リトル

記事を読む

『Perfume』最初から世界を目指さないと!!

アイドルテクノユニット『Perfume』の パフォーマンスが、どんどんカッコ良くなってる!

記事を読む

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

http://filmex.net/2011/so05.html[/caption] このた

記事を読む

『アニー(1982年版)』子どもから見た大人たちの世界

かつてタレントのタモリさんが、テレビでさんざっぱら自身のミュージカル嫌いを語っていた。まだ小

記事を読む

『幕が上がる』覚悟の先にある楽しさ

自分はアイドル文化や萌えとかよくわからない。だから『ももいろクローバーZ』の存在こそは知れど

記事を読む

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

http://co-trip.jp/article/36020/[/caption] 4歳に

記事を読む

『きゃりーぱみゅぱみゅ』という国際現象

泣く子も黙るきゃりーぱみゅぱみゅさん。 ウチの子も大好き。 先日発売されたニューアル

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑