*

『ツイン・ピークス』 あの現象はなんだったの?

公開日: : 最終更新日:2021/05/26 ドラマ, 映画:タ行

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が
25年ぶりに続編がつくられるそうです。

そもそもドラマのラストシーンで
「25年後にまた会いましょう」みたいな
セリフがあったらしいんですね。
自分は忘れたけど。

で、今年25年経ったけどどうなったの?と
監督のデビッド・リンチに問い合わせが殺到したらしい。

「続編の予定はない」と
そのときは言っていたけれど、
さんざっぱら作ってくれと頼まれたのか、
満を持しての続編制作発表!!

当時リアルタイムで観ていたし、
とても流行ったのだけれど、
未だにこの流行の意味が分からない。

デビッド・リンチは
カルトムービーの王様とまで言われ、
一般ウケするタイプの作風ではないのに、
そもそもなんでテレビシリーズの監督の
依頼がきたのだろう。

一応サスペンスなのだけれど、
あんまりまじめに作ってない。

最初は本格的なサスペンス調だったにもかかわらず、
だんだんとふざけている描写が増えていく。

自分はコント番組のように
ゲラゲラ笑いながら観ていたと思うが、
周囲があまりに真剣に観ているので、
まったくアウェイだった。
不真面目だと怒られたくらい。

後に映画版も出来たが、
同じ監督にも関わらず、
作風が違うのがナゾだった。
急にシリアスになるし。

みんなどこまで理解して楽しんでいたのか
未だによくわからない作品。

続編もまたよくわからないまま、
突き進んで行くのでしょうね。

チェリーパイでも食べて、
テンションあげましょう!!


関連記事

『高慢と偏見(1995年)』 婚活100年前、イギリスにて

ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制作したドラマ

記事を読む

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から1年半遅れて公開された007シ

記事を読む

no image

『天才スピヴェット』所詮天才なんて、ただの個性でしかない。

  大ヒットフランス映画『アメリ』の ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作『天才ス

記事を読む

no image

実は主人公があまり活躍してない『あまちゃん』

  NHKの視聴率稼ぎの看板番組といえば 『大河ドラマ』と『朝の連続テレビ小説』。

記事を読む

『フェイクニュース』 拮抗する日本メディア

自分はすっかり日本の最新作は観なくなってしまった。海外作品でも、テレビドラマのようなシリーズ

記事を読む

『ドグラ・マグラ』 あつまれ 支配欲者の森

夢野久作さんの小説『ドグラ・マグラ』の映画版を久しぶりに観た。松本俊夫監督による1988年の

記事を読む

『ブレードランナー2049』 映画への接し方の分岐点

日本のテレビドラマで『結婚できない男』という名作コメディがある。仕事ができてハンサムな建築家

記事を読む

『デッドプール2』 おバカな振りした反骨精神

映画の続編は大抵つまらなくなってしまうもの。ヒット作でまた儲けたい企業の商魂が先に立つ。同じ

記事を読む

『デッド・ドント・ダイ』 思えば遠くへ来たもんだ

エンターテイメント作品でネタに困った時、とりあえずゾンビものを作れば、それなりにヒットする。

記事を読む

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』から監督は続

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑