*

『父と暮らせば』生きている限り、幸せをめざさなければならない

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:タ行,

t02200126_0640036713026037246

今日、2014年8月6日は69回目の原爆の日。

毎年、この頃くらいは戦争と平和について
じっくり考えようと思う。

映画『父と暮らせば』は井上ひさし氏の
戯曲が原作となっている。
黒木和雄監督の『戦争レクイエム三部作』の
最終作にあたります。

広島が被爆した3年後が舞台となり、
宮沢りえ氏と原田芳雄氏、
殆ど二人だけのお芝居。

小さな芝居小屋で、
役者さんの呼吸まで伝わる距離で
お芝居をみているような臨場感。

被爆経験のある主人公の女性は
ある男性に恋をします。
しかしその気持ちを封じ込めようとします。
たくさんの知り合いが目の前で死んでいるのに
自分だけ幸せな人生を送る訳にはいかないと。

戦争で悲惨な経験をして生き残っても、
自分を責めてしまう人が多いのです。

死んでいった隣人の方が
価値ある人だったのでは?
なぜ自分が生き残ったのか?

戦争に限らず、悲惨な体験をした方は
同じような思考に陥ってしまう。
一生の傷。

主人公の父は娘に諭します。
「生きているんだから、幸せになれ!」

切実な願い。
作品は終止このことだけを語っています。

幸せになる。
それはささやかなことではある。
しかしそこには勇気と覚悟がいるのです。

ましてや自分の周りには
そんな「ささやかな幸せ」も得られず
死んでいった人たちが大勢いる。

作品はファンタジー性も孕んでいるが、
テーマは現実的。

実際にあった広島の原爆投下。
そこで人生を滅茶滅茶にされた市井の人々。

作品は怖く、悲しく、
そしてかすかな希望をみせて
静かに幕を閉じます。

観客の我々に静かなひっかき傷を残します。

原作の井上ひさし氏も、
監督の黒木和雄氏も、
父役の原田芳雄氏も、
あの闇の向こう側に行ってしまった。

これから戦争を知る語り部がいなくなり、
戦争に対する認識が
どう変わっていくのでしょうか……。

関連記事

『この世界の片隅に』逆境でも笑って生きていく勇気

http://konosekai.jp/[/caption] 小学生の頃、社会の日本近代史の

記事を読む

イヤなヤツなのに魅力的『苦役列車』

西村堅太氏の芥川賞受賞作『苦役列車』の映画化。 原作は私小説。 日本の人気原作ものの

記事を読む

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

http://asianwiki.com/The_Taste_of_Tea[/caption]

記事を読む

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。 ご自身の作演出主演のライフワークでも

記事を読む

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/bookthief/[/cap

記事を読む

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わ

記事を読む

『逃げるは恥だが役に立つ』シアワセはめんどくさい?

(C)TBS 原作/海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社「Kiss」連載)[/captio

記事を読む

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディアで とりあつかわれているような気がする。

記事を読む

ホントは怖い『墓場鬼太郎』

2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で 水木しげる氏の世界観も再評価された

記事を読む

『ドクター・ストレンジ』アメコミとユダヤ人

http://marvel.disney.co.jp[/caption] 流転の民族ユダヤ人

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

→もっと見る

PAGE TOP ↑