*

『リメンバー・ミー』 生と死よりも大事なこと

公開日: : 最終更新日:2021/02/28 アニメ, 映画:ラ行, 音楽

春休み、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が日本で劇場公開された。本国アメリカ公開から半年遅れだ。すでに世界では劇場公開は終了して、ブルーレイも販売されている。ネット通販なら輸入盤も購入できる。

なんでも日本人は前評判がないと動かない国民性があるらしい。海外で評価された鉄板話題作でないと、わざわざ映画館まで足を運ばない。だから海外作品は、世界での実践ができてから、遅れての本邦初公開にならざるを得ない。ワイドショーなどの映画紹介コーナーで、映画のストーリーのほとんどを見せてしまって、「結末は劇場で」なんてのも当たり前。ネタバレどころの騒ぎじゃない。これでは観客の目も育たないし、映画ファンは興ざめだ。自分の意思より、他人の評価を気にしてしまう、如何にも日本人らしい宣伝だ。そこまでして映画を観る必要もない。さて我が家は子どもと一緒に観たいので、日本語吹替版を待つことにした。

『リメンバー・ミー』というタイトルは、またまた日本独特のローカライズ改題だ。原題は『coco』。メキシコが舞台だし、スペイン語で何かしらの意味があるのかと、いろいろ想像させる。映画を観れば『coco』が何だか分かる。でも今回の劇中歌からとった『リメンバー・ミー』というタイトルは、なかなかどうして悪くない。映画の内容ともしっくりいく。

「どうせピクサーの映画だから、また素晴らしいんでしょ?」って半ば卑屈になるくらい海外での前評判もいい。日本公開が始まると、パパ友やママ友など、普段なら映画の話などしない人たちからの評判を耳にした。「子どもと観に行ったら、とても良かったよ」と。

みんなすっかり忘れてしまっているけれど、アニメやマンガ、ゲームというものは本来子ども向けに作られたもの。変化球で年齢層を高めた作品がヒットしたせいで、大人向けのアニメなんて作られるようになっただけ。やっぱり不自然。大人向けアニメは、アンダーグラウンドで然るべき。

子ども向けだからといって、手抜きな子ども騙し的な作品を作ってみてもダメ。子どもたちの審美眼は、大人たちのそれより鋭い。大人たちが子どもたちを喜ばせよう、最高のものを観せてあげようと必死で作った映画でこそ、子どもたちが反応する。それが連れ添った大人たちにも響くのだ。最近は大人向けのものが多過ぎだ。本来なら子どものことに向き合った方がビジネスにも繋がりそうなのに。

家族サービスというイヤな言葉がある。日頃の仕事で疲れているお父さんが、休日休みたいのを返上して、子どもたちと付き合うという自己犠牲的な考え方だ。そんなイヤイヤな姿勢で遊んでもらっても、子どもたちはちっとも嬉しくない。親が横で一緒になって笑ったり喜んでる姿が、子どもたちにとってなにより思い出になる。「してあげた」ではなくて、「親みずから面白がる」。子どもたちはその背中をみて育つ。

ピクサーの映画は時として子どもには内容が難しい。それでも子どもの感受性は鋭いので、たとえ言ってることがわからなくとも、きちんと根幹は掴んでる。相手が小さいからといって侮るなかれ。みんなわかってる。それもピクサーの製作陣はよく理解している。子どもたちへの敬意だ。

『リメンバー・ミー』は生と死の世界を行き来する話。自分も「メキシコの死者の日のガイコツ、カワイイな〜」と思っていた。マスコットがウチにもあるくらい。祭典の雰囲気とスパニッシュな音楽、それだけでも映画になる。ピクサーの目の付け所はさすが。ギレルモ・デルトロやイニャリトゥ、アルフォンソ・キュアロンなんかメキシコ出身の映画監督も、最近ハリウッドで活躍してるから、いまメキシコは旬なのだろう。

宗教的な祭典を舞台に扱っているのに、どこの国のどんな文化の人にも理解できる脚本の落とし所は、「上手い!」としか言いようがない。どこの家族でも、過去に誰も亡くなった人がいない家はない。生と死の境目は、それほど隔たりがないと思えれば、やみくもに死を恐れる必要もなくなる。誰だっていつかは死ぬ。

メディアがいけないんだろうけど、とかく「死」や「老」を悪しきものとして捉える習慣が我々に根付いてしまった。長く生きることを重要視する椅子取りゲームみたいな考え方は、結構息がつまる。本来なら「どう生きるか」の方が大事だ。そんな生きる上での哲学も『リメンバー・ミー』には含まれている。とても道徳的。作品を作っているスタッフたちの人生観も垣間見られる。シナリオ会議は、哲学の討論会みたいになっちゃうんじゃないか?

『リメンバー・ミー』のエンドロールで、製作総指揮にジョン・ラセターの名前がまだクレジットされていた。ラセターといえば、今年セクハラ問題で、ディズニー・ピクサーを追放されたばかり。

いつも思うのは、ディズニーの作品は良質なんだけど、商売のやり方がえげつないということ。経営陣と製作陣のマインドの乖離すら感じてしまう。現実と理想の格差。

メディアで紹介されているピクサースタジオは、まるで遊園地のような施設が整っている。一見、「そんな会社で働きたい」と思わせてくれる。だが、会社の施設が豪勢な職場こそ、残業ばかりや休日無しのところが多い。社員の待遇が悪いから、せめて施設だけでも整えて社員の気を引こうとする経営者の考えか?

理想は高くありたい。でも現実と向き合えなければ、ただの現実逃避の夢物語。ピクサーの描く死生観が、果たしてどこまで高尚でいられるか。映画を観て、素直に夢をみるのも疑わしくなってくるとは、なんとも世知辛い世の中だ。

関連記事

『グレイテスト・ショーマン』 奴らは獣と共に迫り来る!

映画『グレイテスト・ショーマン』の予告編を初めて観たとき、自分は真っ先に「ケッ!」となった。

記事を読む

no image

美しい地獄『リリイ・シュシュのすべて』

  川崎の中学生殺害事件で、 真っ先に連想したのがこの映画、 岩井俊二監督の20

記事を読む

no image

『坂本龍一×東京新聞』目先の利益を優先しない工夫

  「二つの意見があったら、 人は信じたい方を選ぶ」 これは本書の中で坂本龍

記事を読む

no image

『作家主義』の是非はあまり関係ないかも

  NHKでやっていたディズニーの 舞台裏を描いたドキュメンタリー『魔法の映画はこ

記事を読む

no image

『団地ともお』で戦争を考える

  小さなウチの子ども達も大好きな『団地ともお』。夏休み真っ最中の8月14日にNHK

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

no image

さよならロビン・ウィリアムズ = ジーニー『アラジン』

  ロビン・ウィリアムズが 8月11日に亡くなったそうです。 彼の作品には名

記事を読む

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』から監督は続

記事を読む

no image

『ピーターパン』子どもばかりの世界。これって今の日本?

  1953年に制作されたディズニーの アニメ映画『ピーターパン』。 世代を

記事を読む

『トニー滝谷』 坂本龍一の即興演奏が光る

先日、自身のがんを公表し、 演奏活動はしばらく休止すると 発表した坂本龍一氏。 反

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑