*

『ワールド・ウォーZ』ゾンビものとディザスターもののイノベーション

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ワ行,

t02200344_0671105013038670348

ブラッド・ピットが自ら製作も手がけた
映画『ワールド・ウォーZ』。

ゾンビものとディザスターものを
ミックスさせた映画。

突如として疫病のごとく
ゾンビが世界中に蔓延し、
逃げ、闘い、退治方法をみつける。

新ジャンルを築こうと意欲を感じる。
ただ残念ながら、まだ完全に方向性が
煮詰まりきっていない感がしました。

ゾンビものにしては怖くない。
ディザスターものにしては臨場感がない。
アイディアはとてもいいので残念。

良質な作品は、いたって元ネタがあって、
元ネタエッセンスのパッチワークが絶妙だと
名作となって語り継がれる。

そもそも映画のアイディアで、
誰も観たことがないものが実現することはない。

映画製作には多くの人とお金が絡んできます。
それらの関わる人全員が、
まだ観ぬ世界観の作品へ向かう事はできません。

前例の作品のあの部分とこの部分とと、
指定していくのがいちばん効率的。

発明と言うよりは、
既存のアイディアを繋ぎ合わせて
新しいものにイノベーションしていく。

本作は結果として、
イノベーションに成功したとは言いがたいけど、
この布石で新たな作品が生まれる可能性が
高まった気がします。

どうやら原作とは別物らいしいこの映画版。
制作者たちは、大冒険はしているのでしょう。

この冒険が今後のハリウッド映画に
どう影響を与えるか期待します。

関連記事

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

http://www.snowden-movie.jp/[/caption] スノーデン事件

記事を読む

『団地ともお』で戦争を考える

小さなウチの子ども達も大好きな『団地ともお』。夏休み真っ最中の8月14日にNHKで放送されて

記事を読む

『日の名残り』自分で考えないことの悲しみとおかしみ

『日の名残り』の著者カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞した。最近、この映画版の話をしてい

記事を読む

岡本太郎の四半世紀前の言葉、現在の予言書『自分の中に毒を持て』

ずっと以前から人に勧められて 先延ばしにしていた本書をやっと読めました。 エキセント

記事を読む

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ監督の『マイ

記事を読む

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで……。

記事を読む

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。 この

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマ

記事を読む

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後一ヶ月で第3

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑