*

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題になっている。 引退撤回宣言をした宮崎駿監督の新作のタイトルが『君たちはどう生きるか』というこの小説と同名のものらしい。そして昨

続きを見る

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

2018/01/28 | 映画:ラ行

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。彼の魅力は、そこはかとなく漂う悲しげな雰囲気。自分は哀しい目をした俳優さんは好きだ。 『ラースと、その彼女』は、公開当時気に

続きを見る

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

2018/01/24 | 映画:マ行,

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/arrival/[/caption] ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタク

続きを見る

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/caption] チェコとイギリス、フランス合作の映画『Anthropoid』というブルーレイを人から借りた。それは輸入盤で日本語字幕が

続きを見る

『怪盗グルーのミニオン大脱走』あれ、毒気が薄まった?

http://minions.jp/[/caption] 昨年の夏休み期間に公開された『怪盗グルー』シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』。ずっとウチの子たちも観たいと言っていた。何を

続きを見る

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ばれているような年だった。子どもの頃から好きな坂本龍一さんの病み上がり復帰作アルバム『async』は「タルコフスキー映画の架空のサウ

続きを見る

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』特別な存在にならないという生き方 in 立川シネマシティ

2017/12/26 | 映画:サ行, 映画館

http://www.starwars.com[/caption] 世界中の映画ファンの多くが楽しみにしていた『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『最後のジェダイ』。なんだかこのシリーズの新作

続きを見る

『高い城の男』占いは当たらない?

2017/12/16 | ドラマ,

映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表作『高い城の男』。自分は10代後半から20代にかけて、ディックの作品にえらくハマった時期があったのに、この有名な『高い城の男』は未

続きを見る

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマで観た。もう10年以上前なのだから、月日が経つのは早いものだ。 美味しそうな食べものがたくさん

続きを見る

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/caption] 坂本龍一さんのドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto : CODA』を観た。劇場は恵比寿ガーデ

続きを見る

PAGE TOP ↑