*

逆境も笑い飛ばせ! 日本人のユーモアセンスは!?『団地ともお』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, テレビ,

t02200123_0450025113031246770

『団地ともお』は小学生。
母親と中学生になる姉と
三人で団地暮らし。
父親は単身赴任で別居中。

父親不在のこの家庭、
ときどきお父さんが帰ってくる
エピソードがある。

そのときのお父さん、
なんと顔が殆ど描かれていないのです。
顔半分陰が入っていたり、
顔が画面から見切れてて、表情が無い。

お父さん、とってもいい人で家族思い。
ともおもお父さんが大好き。
お父さんがたまに帰れば、
ずっとちょっかい出してる。

お父さんは家でも仕事してる。
家族のためと思って。
お世辞にも高収入とは言いがたい。
身を粉にして働いてる。
職かえればいいのに……。

このお父さん、
一言でいってしまえば「社畜」そのもの。
良い人故に負のスパイラルにハマってる。

そのお父さんを、顔の無い表現で表してる。

シニカルな笑いのセンス。
お父さんの登場シーンは
ずっとゲラゲラ笑っていました。

日本人は喜劇が苦手。
そもそもまじめすぎて
ユーモアセンスがあまりない。

あんまり笑いを求めていると
不真面目だ、ふざけていると怒られてしまう。

エンターテイメントも低くみられがち。
無用の長物と。

しかしながら人間らしい生き方として、
どんな逆境に立たされても、
明るく前向きにとらえる
ユーモアセンスは大事。

これといったときに
ウィットにとんだ発想でかわして行くのは、
とても知的でセンスがいい。

笑いが不真面目ならばと、
どうしても泣きの方へ向かう。

本当に高尚なエンターテイメントは、
泣ける事が売りにはならないはず。

山田洋次監督曰く、
「観客を泣かせるのは簡単。
観客を如何に笑わせるかが、とても難しい」。

どんな逆境にも笑える要素をみつけていく。

これはポジティブに生きるヒントであり、
豊かな人生を送る秘訣でもある。
人間らしく生きるのには、
笑いをみつけるセンスは磨くべき。

エンターテイメントは低俗ではない。
人が人らしく生きるために、
とても役立つものなのです。

関連記事

映画化までの長い道のり『のぼうの城』

鳥取市のマスコットキャラクター 『かつ江(渇え)さん』が批判を受けて非公開になった。

記事を読む

ホントは奇跡の企画『となりのトトロ』

先日『となりのトトロ』がまたテレビで放映してました。 ウチの子ども達も一瞬にして夢中になり

記事を読む

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビの放送もとて

記事を読む

『うつヌケ』ゴーストの囁きに耳を傾けて

春まっさかり。日々暖かくなってきて、気持ちがいい。でもこの春先の時季になると、ひんぱんに人身

記事を読む

戦時中の市井の人々の生活を描く『火垂るの墓』

昨日、集団的自衛権の行使が容認されたとのこと。 これから日本がどうなっていくのか見当も

記事を読む

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ばれているような年だった。子ども

記事を読む

『銀河鉄道999』永遠の命、それは拝金主義の象徴。

『銀河鉄道999』は自分が小学生低学年の頃、 社会現象になるくらいの人気があった。

記事を読む

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題になっている。 引退撤回宣言

記事を読む

『コクリコ坂から』横浜はファンタジーの入口

横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてしまえば、開放

記事を読む

PAGE TOP ↑