*

逆境も笑い飛ばせ! 日本人のユーモアセンスは!?『団地ともお』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, テレビ,

t02200123_0450025113031246770

『団地ともお』は小学生。
母親と中学生になる姉と
三人で団地暮らし。
父親は単身赴任で別居中。

父親不在のこの家庭、
ときどきお父さんが帰ってくる
エピソードがある。

そのときのお父さん、
なんと顔が殆ど描かれていないのです。
顔半分陰が入っていたり、
顔が画面から見切れてて、表情が無い。

お父さん、とってもいい人で家族思い。
ともおもお父さんが大好き。
お父さんがたまに帰れば、
ずっとちょっかい出してる。

お父さんは家でも仕事してる。
家族のためと思って。
お世辞にも高収入とは言いがたい。
身を粉にして働いてる。
職かえればいいのに……。

このお父さん、
一言でいってしまえば「社畜」そのもの。
良い人故に負のスパイラルにハマってる。

そのお父さんを、顔の無い表現で表してる。

シニカルな笑いのセンス。
お父さんの登場シーンは
ずっとゲラゲラ笑っていました。

日本人は喜劇が苦手。
そもそもまじめすぎて
ユーモアセンスがあまりない。

あんまり笑いを求めていると
不真面目だ、ふざけていると怒られてしまう。

エンターテイメントも低くみられがち。
無用の長物と。

しかしながら人間らしい生き方として、
どんな逆境に立たされても、
明るく前向きにとらえる
ユーモアセンスは大事。

これといったときに
ウィットにとんだ発想でかわして行くのは、
とても知的でセンスがいい。

笑いが不真面目ならばと、
どうしても泣きの方へ向かう。

本当に高尚なエンターテイメントは、
泣ける事が売りにはならないはず。

山田洋次監督曰く、
「観客を泣かせるのは簡単。
観客を如何に笑わせるかが、とても難しい」。

どんな逆境にも笑える要素をみつけていく。

これはポジティブに生きるヒントであり、
豊かな人生を送る秘訣でもある。
人間らしく生きるのには、
笑いをみつけるセンスは磨くべき。

エンターテイメントは低俗ではない。
人が人らしく生きるために、
とても役立つものなのです。

関連記事

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい。映画の冒頭

記事を読む

『モモ』知恵の力はディストピアも越えていく

https://ja.wikipedia.org[/caption] ドイツの児童作家ミヒャ

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。なかなか渋い趣味。いいですよ観

記事を読む

時事ネタコメディの必要性『ザ・シンプソンズ』

なんだかネットやマスコミでは みんなフラストレーションが爆発しちゃってる。 川崎の中

記事を読む

『エリン・ブロコビッチ』シングルマザーに将来はないのか?

日本の6人に1人が貧困家庭の子どもだそうです。 先日テレビで特集が再放送されていました。

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/[/caption

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.[/capt

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

関根勤さんのまじめな性格が伝わる『バカポジティブ』

いい歳をした大人なのに、 きちんとあいさつできない人っていますよね。 あいさつは幼稚

記事を読む

『WOOD JOB!』そして人生は続いていく

矢口史靖監督といえば、『ウォーターボーイズ』のような部活ものの作品や、『ハッピーフライト』み

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑