*

『アバター』観客に甘い作品は、のびしろをくれない

公開日: : メディア, 映画:ア行, 音楽

http://edition.cnn.com/2010/SHOWBIZ/Movies/01/11/avatar.movie.blues/

http://edition.cnn.com/2010/SHOWBIZ/Movies/01/11/avatar.movie.blues/

ジェイムズ・キャメロン監督の世界的大ヒット作『アバター』。あんなにヒットしたのに、もう誰もそのタイトルを口にしない。あたかも作品自体が封印されたかのようだ。まあ、続編も準備中らしいので、それが動き出したらまた騒ぎになることだろうけど。

ジェイムズ・キャメロンはホントに観客が好む要素や話題性を作品に取り込むのが上手い。当時3D映画といえば、CGアニメ作品のみだった。3D映画には興味はあれど、如何せんおっさんが子ども向けアニメ作品を観るのは勇気がいる。今なら子どもをダシにして映画へ連れて行って、自分の方が楽しむんだけど。さて、実写映画でこの3D技術を取り入れてくれたら、無条件で観に行くのに!と思っていた矢先の『アバター』だった。

ジェイムズ・キャメロン作品は、映画ファンはもちろんだけど、普段映画を観ないような人たちを劇場に足を運ばせる。たとえ普段映画を観るとしても、レンタルやテレビで観るというタイプの観客を動かすのだ。映画好きの自分としては、映画は劇場で観るものだと考えている。時間や手間暇かけて映画は観るもの。どこの劇場でみたか、どんな客がいたか、誰と行ったか……。それらを通して初めて映画鑑賞だと思う。ビデオは見逃した時の代替でしかない。

先日、ウチの小さなちびっこ達に、そろそろナマの舞台を観せてあげたいね~なんて話をしていた。演劇鑑賞はウチにはとんでもない贅沢。作品選びは慎重に決めなくては! やっぱりミュージカルでしょ、劇団四季でしょ。自分は絶対『ライオン・キング』推し。妻は『キャッツ』が良いと言う。『ライオン・キング』はディズニー映画が原作だし、わかりやすい。もちろん楽曲も演出も素晴らしい。ただ、ここまで作り手がお膳立てしてくれると観客は完全に受け身になってしまう。『キャッツ』はストーリー性よりも楽曲や感覚的な演出をしている。こういった感想がひとことで言い表せられないような作品を初めて観た方が、後でいろいろ考えて調べるのではないかと。これと言い切らない作品の方が、観客の想像力を育んでくれる。

自分のように、日々いろいろ観あさっている人間からすれば、分かりやすい作品だろうがなんだろうが、多くの作品の中の一作品にすぎない。しかし、観客に甘過ぎる作品ばかり観ていると、感性が逆に衰えてしまう危険性がある。そうして麻薬のように、居心地の良い作品ばかりを選んで、自分の殻に閉じこもっていく。

ジェイムズ・キャメロン作品の魅力も正にそれ。『アバター』や『タイタニック』だけが映画だと決めてしまうと、もう他の作品の良さが見つけられなくなる。感性の劣化。

でも、ジェイムズ・キャメロン作品は、悔しいけどいつも面白い。本当に良質のエンターテイメントだ。『アバター』公開から随分経つけど、あれ以来劇場で映画を観ていない『自称映画ファン』もさぞかし多いことだろう。もちろん映画は本数を観ればいいというものではまったくない。創作作品との距離は非常に難しい。

まあ自分にとっては『アバター』も、たくさんある愛すべき作品のひとつだろう。こんなに特別大ヒットしたのは、いまだに不思議だと思ってるけど。

関連記事

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でリアル・タイムトラベル

なんだか今年は80年代〜90年代の人気映画のリブート作やリメイク作が目白押し。今が2015年

記事を読む

『サマーウォーズ』ひとりぼっちにならないこと

昨日15時頃、Facebookが一時的にダウンした。 なんでもハッカー集団によるものだった

記事を読む

松田優作と内田裕也にもってかれた『ブラックレイン』

今日は松田優作さんの命日。 高校生の頃、映画『ブラックレイン』を観た。 大好きな『ブ

記事を読む

宿命も、運命も、優しく包み込む『夕凪の街 桜の国』

広島の原爆がテーマのマンガ。 こうの史代氏著『夕凪の街 桜の国』。 戦争や原爆をテー

記事を読む

『チョコレートドーナツ』ホントの幸せってなんだろう?

http://bitters.co.jp/choco/[/caption] 今話題のLGBT

記事を読む

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』顛落の悲劇。自業自得か殉教者か?

問題作すぎて新作『ニンフォマニアック』の 日本公開も危ぶまれながらもうじき公開せまる デ

記事を読む

DT寅次郎がゆく『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』

雑誌『映画秘宝』に現在も連載中の記事を再編集されたもの。普通の映画評論に飽きたら、このエッセ

記事を読む

『エレファント・マン』と感動ポルノ、そして体調悪化

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image[/capt

記事を読む

『逃げるは恥だが役に立つ』シアワセはめんどくさい?

(C)TBS 原作/海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社「Kiss」連載)[/captio

記事を読む

『ビバリーヒルズ・コップ』映画が商品になるとき

今年は娘が小学校にあがり、初めての運動会を迎えた。自分は以前少しだけ小中高の学校のカメラマン

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

https://www.disney.co.jp/movie/inc

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

https://starwars.disney.co.jp/[/ca

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。

『フロリダ・プロジェクト』パステルカラーの地獄

アメリカで起きていることは、10年もしないうちに日本でも起こる

→もっと見る

PAGE TOP ↑