*

『アバター』観客に甘い作品は、のびしろをくれない

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ア行, 音楽

ジェイムズ・キャメロン監督の世界的大ヒット作『アバター』。あんなにヒットしたのに、もう誰もそのタイトルを口にしない。あたかも作品自体が封印されたかのようだ。まあ、続編も準備中らしいので、それが動き出したらまた騒ぎになることだろうけど。

ジェイムズ・キャメロンはホントに観客が好む要素や話題性を作品に取り込むのが上手い。当時3D映画といえば、CGアニメ作品のみだった。3D映画には興味はあれど、如何せんおっさんが子ども向けアニメ作品を観るのは勇気がいる。今なら子どもをダシにして映画へ連れて行って、自分の方が楽しむんだけど。さて、実写映画でこの3D技術を取り入れてくれたら、無条件で観に行くのに!と思っていた矢先の『アバター』だった。

ジェイムズ・キャメロン作品は、映画ファンはもちろんだけど、普段映画を観ないような人たちを劇場に足を運ばせる。たとえ普段映画を観るとしても、レンタルやテレビで観るというタイプの観客を動かすのだ。映画好きの自分としては、映画は劇場で観るものだと考えている。時間や手間暇かけて映画は観るもの。どこの劇場でみたか、どんな客がいたか、誰と行ったか……。それらを通して初めて映画鑑賞だと思う。ビデオは見逃した時の代替でしかない。

先日、ウチの小さなちびっこ達に、そろそろナマの舞台を観せてあげたいね~なんて話をしていた。演劇鑑賞はウチにはとんでもない贅沢。作品選びは慎重に決めなくては! やっぱりミュージカルでしょ、劇団四季でしょ。自分は絶対『ライオン・キング』推し。妻は『キャッツ』が良いと言う。『ライオン・キング』はディズニー映画が原作だし、わかりやすい。もちろん楽曲も演出も素晴らしい。ただ、ここまで作り手がお膳立てしてくれると観客は完全に受け身になってしまう。『キャッツ』はストーリー性よりも楽曲や感覚的な演出をしている。こういった感想がひとことで言い表せられないような作品を初めて観た方が、後でいろいろ考えて調べるのではないかと。これと言い切らない作品の方が、観客の想像力を育んでくれる。

自分のように、日々いろいろ観あさっている人間からすれば、分かりやすい作品だろうがなんだろうが、多くの作品の中の一作品にすぎない。しかし、観客に甘過ぎる作品ばかり観ていると、感性が逆に衰えてしまう危険性がある。そうして麻薬のように、居心地の良い作品ばかりを選んで、自分の殻に閉じこもっていく。

ジェイムズ・キャメロン作品の魅力も正にそれ。『アバター』や『タイタニック』だけが映画だと決めてしまうと、もう他の作品の良さが見つけられなくなる。感性の劣化。

でも、ジェイムズ・キャメロン作品は、悔しいけどいつも面白い。本当に良質のエンターテイメントだ。『アバター』公開から随分経つけど、あれ以来劇場で映画を観ていない『自称映画ファン』もさぞかし多いことだろう。もちろん映画は本数を観ればいいというものではまったくない。創作作品との距離は非常に難しい。

まあ自分にとっては『アバター』も、たくさんある愛すべき作品のひとつだろう。こんなに特別大ヒットしたのは、いまだに不思議だと思ってるけど。

関連記事

no image

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が亡くなった。人生長く生きていると、かつて自分が影響を受

記事を読む

no image

『坂本龍一×東京新聞』目先の利益を優先しない工夫

  「二つの意見があったら、 人は信じたい方を選ぶ」 これは本書の中で坂本龍

記事を読む

no image

90年代再燃か!?『ONE OK ROCK』

  若い子に人気の『ONE OK ROCK』。 映画『るろうに剣心』実写版三部作の

記事を読む

no image

『アーロと少年』過酷な現実をみせつけられて

く、暗いゾ。笑いの要素がほとんどない……。 日本のポスタービジュアルが、アーロと少年スポットが

記事を読む

no image

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高ければ高いほ

記事を読む

no image

『アメリカン・ビューティー』幸福か不幸か?

  アカデミー賞をとった本作。最近ではすっかり『007』監督となった映像派のサム・メ

記事を読む

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

『海よりもまだ深く』足元からすり抜けていく大事なもの

ずっと気になっていた是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』。覚えずらいタイトルはテレサ・テンの歌

記事を読む

no image

ワーカホリックという病『アメリカン・スナイパー』

  365日24時間いつでもご用命ください。不眠不休で対応致します。 なんとも

記事を読む

no image

『槇原敬之』自分ではダメだと思っていても……。

  今年は槇原敬之さんのデビュー25周年ということ。自分が槇原敬之さんの存在を知った

記事を読む

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレ

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人と

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・

→もっと見る

PAGE TOP ↑