*

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ハ行

t02200125_0735041713034507695

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、
トム・クルーズ主演の
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と
続々と日本の原作がハリウッドで映画化されている。

昨年公開された『パシフィック・リム』は、
原作のないオリジナル脚本作だが、
日本のサブカルの影響を大きく受けている。

監督は「パンズ・ラビリンス」の
メキシコ人ギレルモ・デル・トロ。

この監督がこんなに日本の怪獣映画やアニメに
造詣が深いとは知りませんでした。
日本のサブカルチャーに対する愛をここまで感じるのは
タランティーノの『キル・ビル』以来。

細かいギミックまで、日本産の臭いが感じられ、
それらがハリウッドのハイバジェットで
スケールアップしています。

ハリウッドやディズニーは
常に日本のサブカルチャーに目を光らせていて、
よく「版権を売って欲しい」という打診が来るのです。

でも殆どは実現しません。
なぜか?

これは日本の作品は、多くの会社や著者が絡んでおり、
誰がいくら貰うという権利の争いばかりに終止してしまい、
海外のエージェントが諦めてしまうからです。

単純に言えば、みんな作品が大きくなることよりも、
目先の自分の利益ばかりに目がいって、
世界進出のチャンスを逃してしまっているのです。

作品を世界進出するには今の日本の力では弱小過ぎます。

世界で日本のアニメが認められていると言いますが、
それはほとんど一部のマニアにのみです。
まだまだ一般の人は日本のアニメなど観ていません。
クールジャパンなんて、国内だけで言ってるだけです。

きっとこの『パシフィック・リム』も
「こういった日本っぽいものがやりたい!」という
動機から企画はスタートしているはずですが、
日本から原作権をとるのが大変なので、
オリジナルにしたのかも知れません。

そうなると日本には何の利益も生みません。
元ネタは日本なのにも関わらずです!

目先の欲にかられると、
何も得られないという良い例です。

一度お金のことは忘れて、
作品を世界に旅立たせてあげるくらいの器量が、
今の日本人には必要なのかも知れません。

そういった意味では
『ゴジラ』や『オール・ニード~』は
一皮むけたのかも知れません。

作品を世界に広げる近道は、
ディズニーやハリウッドなどの
世界規模のマーケットを持った会社の傘下に入ること。

時には大きく長いものに
巻かれることも大事なことだと思います。

関連記事

少子化だっていいじゃない!?『40歳の童貞男』

2005年のこの映画『40歳の童貞男』。ふわーっと遠くを見つめるスティーヴ・カレルのポスター

記事を読む

『2001年宇宙の旅』名作とヒット作は別モノ

https://ja.wikipedia.org[/caption] 映画『2001年宇宙の

記事を読む

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』ブラックって?

ネット上の電子掲示板『2ちゃんねる』に たてられたスレッドを書籍化した 『ブラック会社に

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

さよならロビン・ウィリアムズ = ジーニー『アラジン』

ロビン・ウィリアムズが 8月11日に亡くなったそうです。 彼の作品には名作が多く、

記事を読む

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。 ご自身の作演出主演のライフワークでも

記事を読む

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り致します。

記事を読む

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディアで とりあつかわれているような気がする。

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑