*

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:ハ行

t02200125_0735041713034507695

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、
トム・クルーズ主演の
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と
続々と日本の原作がハリウッドで映画化されている。

昨年公開された『パシフィック・リム』は、
原作のないオリジナル脚本作だが、
日本のサブカルの影響を大きく受けている。

監督は「パンズ・ラビリンス」の
メキシコ人ギレルモ・デル・トロ。

この監督がこんなに日本の怪獣映画やアニメに
造詣が深いとは知りませんでした。
日本のサブカルチャーに対する愛をここまで感じるのは
タランティーノの『キル・ビル』以来。

細かいギミックまで、日本産の臭いが感じられ、
それらがハリウッドのハイバジェットで
スケールアップしています。

ハリウッドやディズニーは
常に日本のサブカルチャーに目を光らせていて、
よく「版権を売って欲しい」という打診が来るのです。

でも殆どは実現しません。
なぜか?

これは日本の作品は、多くの会社や著者が絡んでおり、
誰がいくら貰うという権利の争いばかりに終止してしまい、
海外のエージェントが諦めてしまうからです。

単純に言えば、みんな作品が大きくなることよりも、
目先の自分の利益ばかりに目がいって、
世界進出のチャンスを逃してしまっているのです。

作品を世界進出するには今の日本の力では弱小過ぎます。

世界で日本のアニメが認められていると言いますが、
それはほとんど一部のマニアにのみです。
まだまだ一般の人は日本のアニメなど観ていません。
クールジャパンなんて、国内だけで言ってるだけです。

きっとこの『パシフィック・リム』も
「こういった日本っぽいものがやりたい!」という
動機から企画はスタートしているはずですが、
日本から原作権をとるのが大変なので、
オリジナルにしたのかも知れません。

そうなると日本には何の利益も生みません。
元ネタは日本なのにも関わらずです!

目先の欲にかられると、
何も得られないという良い例です。

一度お金のことは忘れて、
作品を世界に旅立たせてあげるくらいの器量が、
今の日本人には必要なのかも知れません。

そういった意味では
『ゴジラ』や『オール・ニード~』は
一皮むけたのかも知れません。

作品を世界に広げる近道は、
ディズニーやハリウッドなどの
世界規模のマーケットを持った会社の傘下に入ること。

時には大きく長いものに
巻かれることも大事なことだと思います。

関連記事

『トイ・ストーリー・オブ・テラー』続々発表の新作短編、実は大人向け?

BSのDlifeで『トイストーリー』の 新作短編が放送された。 なんでも本邦初公開とのこ

記事を読む

『東のエデン』事実は小説よりも奇なりか?

『東のエデン』というテレビアニメ作品は 2009年に発表され、舞台は2011年の近未来(当

記事を読む

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも否定するので

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/caption] SNSで話題にな

記事を読む

『ルパン三世 カリオストロの城』これって番外編だよね?

『ルパン三世』が30年ぶりに テレビシリーズになるとのことで。 数年前からイタリアの

記事を読む

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

from : www.oricon.co.jp/(C)2016 TOHO CO.,LTD.[/ca

記事を読む

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそ

記事を読む

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/[/caption]

記事を読む

『鉄道員』健さんなら身勝手な男でも許せちゃう?

高倉健さんが亡くなりました。 また一人、昭和の代表の役者さんが逝ってしまいました。

記事を読む

風が吹くとき

『風が吹くとき』こうして戦争が始まる

レイモンド・ブリッグズの絵本が原作の映画『風が吹くとき』。レイモンド・ブリッグズといえば『さ

記事を読む

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレは国家を揺るがす

https://marvel.disney.co.jp/movie/

『ボヘミアン・ラプソディ』共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ

『ルパン三世 ルパンvs複製人間』カワイイものは好きですか?

先日『ルパン三世』の原作者であるモンキー・パンチさんが亡くなら

『未来を花束にして』勝ち得たものの代償

イギリス映画の『未来を花束にして』。100年前のロンドンを舞台

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

http://www.brigsbybear.jp/[/captio

→もっと見る

PAGE TOP ↑