*

『パシフィック・リム』 日本サブカル 世界進出への架け橋となるか!?

公開日: : 最終更新日:2021/10/03 アニメ, 映画:ハ行

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、
トム・クルーズ主演の
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と
続々と日本の原作がハリウッドで映画化されている。

昨年公開された『パシフィック・リム』は、
原作のないオリジナル脚本作だが、
日本のサブカルの影響を大きく受けている。

監督は「パンズ・ラビリンス」の
メキシコ人ギレルモ・デル・トロ。

この監督がこんなに日本の怪獣映画やアニメに
造詣が深いとは知りませんでした。
日本のサブカルチャーに対する愛をここまで感じるのは
タランティーノの『キル・ビル』以来。

細かいギミックまで、日本産の臭いが感じられ、
それらがハリウッドのハイバジェットで
スケールアップしています。

ハリウッドやディズニーは
常に日本のサブカルチャーに目を光らせていて、
よく「版権を売って欲しい」という打診が来るのです。

でも殆どは実現しません。
なぜか?

これは日本の作品は、多くの会社や著者が絡んでおり、
誰がいくら貰うという権利の争いばかりに終止してしまい、
海外のエージェントが諦めてしまうからです。

単純に言えば、みんな作品が大きくなることよりも、
目先の自分の利益ばかりに目がいって、
世界進出のチャンスを逃してしまっているのです。

作品を世界進出するには今の日本の力では弱小過ぎます。

世界で日本のアニメが認められていると言いますが、
それはほとんど一部のマニアにのみです。
まだまだ一般の人は日本のアニメなど観ていません。
クールジャパンなんて、国内だけで言ってるだけです。

きっとこの『パシフィック・リム』も
「こういった日本っぽいものがやりたい!」という
動機から企画はスタートしているはずですが、
日本から原作権をとるのが大変なので、
オリジナルにしたのかも知れません。

そうなると日本には何の利益も生みません。
元ネタは日本なのにも関わらずです!

目先の欲にかられると、
何も得られないという良い例です。

一度お金のことは忘れて、
作品を世界に旅立たせてあげるくらいの器量が、
今の日本人には必要なのかも知れません。

そういった意味では
『ゴジラ』や『オール・ニード~』は
一皮むけたのかも知れません。

作品を世界に広げる近道は、
ディズニーやハリウッドなどの
世界規模のマーケットを持った会社の傘下に入ること。

時には大きく長いものに
巻かれることも大事なことだと思います。

関連記事

『AKIRA』 ジャパニメーション黎明期

日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。 今更

記事を読む

『ブレードランナー』 その映画が好きな理由

『ブレードランナー』、 パート2の制作も最近決まった カルト中のカルトムービーのSF映画

記事を読む

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

映画『レゴバットマン』が面白いという噂はずっと聞いていた。でもやっぱり子ども向けなので後回し

記事を読む

『インサイド・ヘッド』むずかしいことをゆかいに!!

ピクサーの2015年作品『インサイド・ヘッド』。ものすごい脚本だな〜、と感心してしまう映画。

記事を読む

no image

『ジャングル大帝』受け継がれる精神 〜冨田勲さんを偲んで

  作曲家の冨田勲さんが亡くなられた。今年は音楽関係の大御所が立て続けに亡くなってい

記事を読む

no image

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

  草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで…

記事を読む

no image

『カールじいさんの空飛ぶ家』憐憫の情を脱せなければ、ドラマは始まらない。

  ディズニーアニメの最新作『ベイマックス』が 予告編とあまりに内容が違うと話題に

記事を読む

『ブリジット・ジョーンズの日記』 女性が生きづらい世の中で

日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでしたが、 最

記事を読む

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

自分は萌えアニメが苦手。萌えアニメはソフトポルノだという偏見はなかなか拭えない。最近の日本の

記事を読む

no image

『境界のRINNE』やっぱり昔の漫画家はていねい

  ウチでは小さな子がいるので Eテレがかかっていることが多い。 でも土日の夕方

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑