現在公開中の新作『ギャラクシー街道』も好調らしい三谷幸喜監督の前作にあたる『清洲会議』。

自分は初期の頃の三谷幸喜作品の大ファンでした。テレビシリーズの『やっぱり猫が好き』や『王様のレストラン』なんか夢中になって観てました。その後、映画監督作品の『ラヂオの時間』や『みんなのいえ』も好きでした。NHK大河ドラマの『新撰組』ですら優しい視点で描かれていて、とても楽しかった。

前作『ステキな金縛り』は見逃したまま、『清洲会議』の劇場へ行きました。場内は満席。客層も老若男女あらゆるタイプの人が集まっている。みんな楽しもうと気合いを感じる。映画が始まると、みんなドッカンドッカン大爆笑。でも自分、そんなに笑えない。まるで文化や言葉が違い、笑いのつぼの合わない外国で映画を観てるみたい。おいてけぼりにされまいと、必死で笑いに追いつこうと努力する健気な自分。『ステキな金縛り』のリンクネタもあったらしく、もう完全にアウェイ。

ヒットした曲しか知らないアーティストのコンサートに行って、周りの熱狂についていけないような寂しい感じ。三谷作品は、いつからかいちげんさんおことわりになったらしい。

観客はもう三谷ブランドを信用しきっている。面白かろうが大して面白くなかろうが、なんでもかんでも笑ってやろうという意気込みを感じる。だってブランドなんだもの、わからないなんてありえないって。

いつからか三谷作品は、豪華キャスティングの群像劇が売りになっていった。自分は映画を選ぶとき、監督でチョイスはすれど、役者で選ぶことはほとんどない。映画は監督の色しか出ないと思うから。だから自分にとっては、人気がある役者さんやタレントさんが出演するのはそれほど興味がない。大事なのは作品そのものが好きになれるかどうか。

三谷幸喜監督自身も、最近作はチャチャっとそつなくこなしているように感じる。これはきっとこの映画の企画が上がったとき、観客に楽しんで貰えそうな話があるというのではなく、話題性のために誰と誰をくっつければ儲かるかがメインなのが感じられてしまうから。もちろん三谷幸喜監督自身も、その儲かるための要素のピースのひとつに過ぎない。企業が儲かるためのパズルを組み合わせることを、クリエイティブという言葉にすぎ変えているのではないだろか。企画にハートがないの、もろ伝わっちゃうよ。

ウッディ・アレンやウェス・アンダーソンの作品も豪華キャスティングになるけれど、仮に出演してる役者さんを知らなくても、単体の作品として充分楽しめる作品ばかり。こういったスタイルを、日本でもやりたいのでしょう。でも、協賛してる企業は、儲かればなんでもいいから、映画の内容なんて正直興味ない。

観客を楽しませようとするより、観客からいかにカネを巻き上げるかの考え方が先にくる日本のメジャー映画業界。こんな作り方では面白い作品が出来上がるはずはない。

でも三谷作品のすごいところは、これだけの人気タレントや役者を勢揃いさせても、破たんすることなく、それなりに楽しませてくれること。お世辞にも面白い映画ではないのだけれど、かといってつまらなくはないのです。これは本当に三谷幸喜さんに才能があるからなのでしょう。本当に彼が純粋に作りたいと思う企画で作品を作る機会があれば、名作も出来るかも知れません。ひじょうに残念。

今やってる『ギャラクシー街道』も、この流れの作品。SFらしいけど、SF好きの自分に引っかかるものがなにもないので、きっとSFではないのでしょう。たぶん観ないだろうな。