*

ピースの1つじゃない『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:カ行

0cdf9405

『アベンジャーズ2』にあたる『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の公開を前にこれは押さえておかないとと大急ぎで観た。『アベンジャーズ』シリーズはマーベル社の複数のヒーローが集結するオールスターキャストのアクション映画。1作目の時自分は『アイアンマン』しか観ておらず、脇役や敵も他の作品から集結しており、当然知っているだろうの前提で混在してくるので、冒頭部分では設定が把握できず寂しい思いをしてしまった。もうあんな雪辱はあじあうまいと焦って観てしまった。

これじゃあ映画を観るにしてはあまり健康的ではない。純粋に観たいと興味をもっているのではなく、パズルのピースを埋めるがために作品を観ていくのだから、ハズレも覚悟の上。2時間半もある上映時間、ピースにしては大作なので、飽きないかどうか不安も募る。ふたを開けてみると派手なアクションに次ぐアクションで、退屈するどころかお腹いっぱいになるくらい。アメリカの国旗を模した全身タイツに身を包んだマッチョなキャプテン・アメリカは、冷静に考えればこの出で立ちはドへンタイそのもの。そんなところにひっかかってニヤニヤする間も与えず、スリリングな展開。メインキャラクターが途中で撃たれて死ぬが、次回作のポスターには彼はいる。またぞろどうやって生き返るのかと、そんな理屈っぽい見方はまったくもって邪道。純粋にアクションに身を任せるべし。久しぶりに頭空っぽに楽しめた。

なんとか『アベンジャーズ2』公開前に本作を消化した達成感もあり、充実した映画鑑賞。さあどのキャラクターがでてきてももう大丈夫!!
こういったシリーズものの見せ方はとても珍しく、関連作どれも手を抜く事がないという徹底ぶり。マーベルもディズニー傘下になって、作風が派手になった。アベンジャーズプロジェクトが、はじめから世界で大ヒットさせるという結果ありきでのビッグバジェットで作っているその自信がすごい。何があっても儲かるぞという攻めの姿勢。この『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』だって『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に帰結するまでのパズルのピースにしてはとても豪華な作品に仕上がっている。でもこのシリーズ、毎回次回へ続くで終わるので、なんとなくスッキリしない観賞後感は否めない。

しかしロバート・レッドフォード、年をとったなぁ〜。

関連記事

『3S政策』というパラノイア

『3S政策』という言葉をご存知でしょうか? これはネットなどから誕生した陰謀説で都市伝説のよ

記事を読む

『機動戦士ガンダム』とホモソーシャル

『ガンダム』といえば、我々アラフォー世代男子には、 小学校の義務教育の一環といってもいいコ

記事を読む

『クラッシャージョウ』ガラパゴス前夜にて

アニメ映画『クラッシャージョウ』。1983年の作品で、公開当時は自分は小学生だった。この作品

記事を読む

『アバター』観客に甘い作品は、のびしろをくれない

http://edition.cnn.com/2010/SHOWBIZ/Movies/01/11/

記事を読む

少子化だっていいじゃない!?『40歳の童貞男』

2005年のこの映画『40歳の童貞男』。ふわーっと遠くを見つめるスティーヴ・カレルのポスター

記事を読む

発信者がウソをついてたら?『告白』

中島哲也監督作品、湊かなえ著原作『告白』。この映画の演出のセンスの良さにシビレました。音楽の

記事を読む

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

『レクイエム・フォー・ドリーム』めくるめく幻覚の世界

「シェシェシェのシェー」と叫びながら隣人女性に危害を加えて捕まった男がいましたね。危険ドラッ

記事を読む

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

http://asianwiki.com/The_Taste_of_Tea[/caption]

記事を読む

負け戦には精神論が常『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

「欲しがりません勝つまでは」 戦後70年たった今となっては、こんな我慢ばかりを要求する言葉

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑