*

『グレイテスト・ショーマン』 奴らは獣と共に迫り来る!

公開日: : 最終更新日:2021/02/28 映画:カ行, 音楽

映画『グレイテスト・ショーマン』の予告編を初めて観たとき、自分は真っ先に「ケッ!」となった。「『ラ・ラ・ランド』のスタッフと、『レミゼラブル』のヒュー・ジャックマンが贈る最新ミュージカル映画です」って。近年の評判の良い素材を集めました。皆さん好きでしょう? あざとい商魂がモロわかり。

でも映画公開が始まると、あちこちでで好評の声が聞こえてくる。ラジオから聞こえてくる映画のサウンドトラックは、どれもテンションが上がる楽しいものばかり。これは観ないわけにはいかなくなった。

映画『グレイテスト・ショーマン』は、オープニングの掴みもバッチリ。いきなりハイテンション。カッコよく音楽とダンスと映像の総合演出で、グイグイ観客の心を惹きこませる。強引なくらいのパワーがある。

ミュージカルは、なによりも音楽先にありき。良い楽曲さえあれば、ストーリーなんてあってないようなもの。曲をひきたたせるために、演出や脚本だって変更する。

あの『アナと雪の女王』だって、一番最初にに出来上がった、雪の女王であるエルサの心情を歌った『Let it go』があまりに良かったため、当初悪役の予定だったエルサを善人に変えてしまったくらい。無理くり変更したから、脚本的には整合性取れない部分もあるけど、それを凌駕するくらい作品にパワーがあった。ミュージカルでプロットの粗探しをするのは野暮ってもの。

この『グレイテスト・ショーマン』は一応伝記映画でもある。サーカスや見世物小屋の創始者P.T.バーナムがモデル。バーナムをヒュー・ジャックマンが、爽やか中年スマイルで演じてるから、おどろおどろしい感じがまったくしない。バーナムがこんな善人なわけがない。サーカスのもつ魑魅魍魎なイメージを刷新してしまった。

作中でバーナムの放つ興行を、評論家が批判する。それに対してバーナムは、「でも、観客が笑ってくれている」と応える。この映画『グレイテスト・ショーマン』事態、映画評論家の反応は芳しくなかったが、一般観客側からはSNSをはじめ、口コミの話題でもちきりになった。

ミュージカルといえば、日本なら女性ファンが多いものと思いがちだが、世界的にはゲイカルチャーの代表ジャンルでもある。映画を作るにあたって、いちばんのお得意様であるLGBT層をかなり意識している。映画の起源は、サーカスを描きたかったからではなく、美意識の高い、豪華絢爛のゲイカルチャーの再現だ。サーカスやバーナムは素材でしかない。そして、虐げられているフリークスたちのやるせない心情に、己を重ねるもよし。

ミュージカルの楽曲は、クラッシックやオペラに近いものが多い。作品のスパイス的にポップスやロックなど、違うエッセンスの曲調が入ってくるような印象。『グレイテスト・ショーマン』の楽曲は、耳あたりの良いポップスに絞られている。一貫性があって、とても聴きやすい。映画鑑賞後は、作中のミュージカル曲が、頭の中でヘビーローテションしてしまうくらい。時折オーケストレーションが入ってくると、違和感を感じるくらい。

「あなたの歌は聴いたことがない。でもあなたと仕事がしたい。自分の耳より、世間の評価の方が確実だ」劇中でのバーナムの歌手への口説き文句。これはこの映画のプロデューサーのそのまま本心だろう。

2時間に満たない上映時間は、ミュージカルは長尺だという慣例もとっぱらっていて良い。卑賤の者を見て笑う見世物小屋のサーカスや、ネットで罵詈雑言を書き連ねるより、楽しいだけのミュージカル映画に、ひととき心を委ねた方が、心身の健康には遥かに良い。

いま、世界中が疲れている。軽くても薄っぺらくてもいいじゃない。お客さんに優しい、軽やかな映画も必要だ。今という時代だからこそウケた『グレイテスト・ショーマン』。2時間弱のほんのひととき、夢をみさせて貰いましょう。

ちなみに、あまりに映画が良かったので、子どもたちと再度鑑賞。みんなノリノリで、ずっと映画の歌を口ずさんでる。『グレイテスト・ショーマン』好きな小学生とはシブすぎる。サントラご所望だそうです。

 

関連記事

no image

『アニー(1982年版)』子どもから見た大人たちの世界

  かつてタレントのタモリさんが、テレビでさんざっぱら自身のミュージカル嫌いを語って

記事を読む

『ボヘミアン・ラプソディ』共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットが社会現象となった

記事を読む

no image

『槇原敬之』自分ではダメだと思っていても……。

  今年は槇原敬之さんのデビュー25周年ということ。自分が槇原敬之さんの存在を知った

記事を読む

no image

『怪盗グルーのミニオン大脱走』 あれ、毒気が薄まった?

昨年の夏休み期間に公開された『怪盗グルー』シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』。ずっとウチ

記事を読む

no image

社会風刺が効いてる『グエムル ー漢江の怪物ー』

  韓国でまたMERSが猛威を振るっていると日々の報道で伝わってきます。このMERS

記事を読む

no image

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信

記事を読む

『銀河鉄道の夜』デザインセンスは笑いのセンス

自分の子どもたちには、ある程度児童文学の常識的な知識は持っていて欲しい。マンガばかり読んでい

記事を読む

『キャプテン・マーベル』脱・女性搾取エンタメ時代へ

ディズニー・マーベル作品はリリース順に観ていくのが正しい。リンクネタがどこに散りばめられてい

記事を読む

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

ウェス・アンダーソン監督の作品は、必ず興味を惹くのだけれど、鑑賞後は必ず疲労と倦怠感がのしか

記事を読む

『まだ結婚できない男』おひとりさまエンジョイライフ!

今期のテレビドラマは、10年以上前の作品の続編が多い。この『結婚できない男』や『時効警察』な

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みさ

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリン

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友と

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑