*

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

公開日: : アニメ, 映画:カ行

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、あの頃の小学生男子にとってガンダムは義務教育の一環みたいなもの。いわばガンダムを知らなければ、友だちと会話ができない。

当時、ガンプラと呼ばれるガンダムのプラモデルが大人気。教室では、どこのおもちゃ屋に、いつどれくらいのプラモデルが入荷されるかの情報が飛び交っていた。ガンプラは、今ではプラモデルのひとつのジャンルにまで成長している。

友だちたちとの会話は、劇中『モビルスーツ』といわれるロボットのことがメイン。どのモビルスーツが好きだとか言い合って楽しんでいた。

当時小学校低学年だった自分は、そりゃあロボットも好きだったけれど、ガンダムが勧善懲悪の1話完結のアニメではないところに魅力を感じていた。なんだか大人が観てる大河ドラマみたいで、背伸びした気分で観ていた。

劇中の会話が何を言っているのかわからないけれど、きっと大人になったら分かるものだと思っていた。でも、大人になって観なおしてみてもやっぱりわからない。富野由悠季総監督も言っているが、文才がないのが独特の言い回しになってしまって、『富野節』なんて崇められてしまったらしい。なんとも居心地が悪いとのこと。皮肉なことだ。

富野監督も最近までは、アニメばかり観て自分の人生に向き合わないまま中年になってしまったファンたちに説教をしていたが、最近ではすっかり諦めてしまったみたい。時代が変わって、人生にはさまざまな生き方が選べるようになった。一概にこれが正しいと言えない。それにアニメやアイドル文化が、世間とのつながりの最後の砦となっている人もいなくもない。なにかの作品がリリース発表されるたび、「ああ、それが観れるまでは生きていける!」なんて自虐的な言葉がネットを飛び交うが、あながちそれも冗談ではないのだろう。

今ではメイキングすらエンターテイメント化されている。ファンをがっかりさせたり、炎上させないように、慎重に調整してから公開されているように感じる。

自分も仕事でクタクタになって、心身ボロボロになったときにガンダムを観たら、元気が回復したことがあった。小さい時から刷り込まれている作品を、頭を使わずに鑑賞することで治癒効果があるみたいだ。

たぶん、普通に初見で作品を観てしまったら、製作当時の価値観や技術に古さを感じたり、登場人物がイヤなヤツばかりだと荒んでしまうことだろう。でもそんなことは関係ない。ロボットが出てきて、小難しい言い回しのセリフはリズムを楽しめばいい。疲れ切った脳みそには、新しい情報や斬新なアイデアは入ってこないものだ。

今年は第一作目のテレビシリーズが始まって40周年記念らしい。まさか自分も50近くになるまで、ガンダムを観ているとは夢にも思っていなかった。当時小学生だった自分が、おじさんになるまでずっとガンダムを観続けている今の自分の姿を知ったら、さぞ呆れて引くことだろう。

未見だったOVAの『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が展開されているのはずっと知っていた。安彦良和さんが描く、アニメのコミカライズの映像化。オリジナルのアニメ作品の前日談にあたる部分のアニメ版。

要するにオリジナルはアニメの『機動戦士ガンダム』で、そのコミカライズが『THE ORIGIN』。その漫画の映像化されていなかった部分がこのOVA。

「えー、まだガンダムやってるの?」というのが、当初の自分の印象だった。原作漫画は読んでいたが、そのままの映像化なので、本腰入れて鑑賞することはなかった。

それがNHKで再編集版の連続シリーズとして、この春から放送し始めた。観てみると、テレビアニメにしてはハイクオリティな出来栄えなので、とても贅沢に鑑賞してしまっている。ターゲットが自分のようなおじさんなので、登場人物もおっさんばかりの骨太な作りだ。結構面白い! 意外にもハマってしまった。

いい歳をして2Dアニメを観ていると、家人の目は冷たい。やっぱりアニメは幼稚性の象徴なのだろう。奥さんにはシラーっと、「でもこの人(シャア)って、赤色の服、似合わないよね」と、身も蓋もないことを言われてしまう。

自分は中年になってもまだまだトンがったところがあって、人様の趣味にとやかく口を挟んでしまうところがある。でも、いい歳をしてアニメ作品に夢中になるということは、世間ではあまり尊敬される趣味ではない。

かつてオタクと呼ばれる人は、博識な人が多かった。映画好きのオタクなら、さまざまなジャンルの映画を観るだろう。映画を観ていて分からないことがあれば、自分で調べる。調べているうちに、また新たな疑問が生まれて、さらに別のものを調べ始める。20年くらい前までの映画好きの人と話をするのは面白かった。

今はひとつの作品の同じファン層からの財布を何度も開かせる戦略が進んでいる。新たなファンに興味を持ってもらうのではなく、お得意様に何度もお金を使ってもらおうという商売。そうするとひとつの作品がどんどん深いものになっていく。続編やらスピンオフやら、関連商品が続々と販売される。そうなるとファンの視野はどんどん狭まっていく。自然とその作品の沼にどっぷりはまってしまう。自分で選んでいるとはいえ、ちょっとした洗脳。

そうなるのは怖いから、作品との距離は自己管理でとっていったほうがいい。すくなくとも自分は、ガンダムで癒されてしまった。そうとう疲れているのだと実感した。

映画を観るのは、ストレス解消でもあり、新しい知識を得たい欲望でもある。その学習意欲と遊びの心が弱っているときは、いつまでたっても新しい文化や作品が生まれてこない。自分が今観たい作品が、今の精神状態のバロメーターになるのなら、またこれも新しいポップカルチャーの楽しみ方なのかもしれない。

関連記事

no image

『ボス・ベイビー』新しい家族なんていらないよ!

近年のドリームワークス・アニメーションの作品が日本では劇場公開されなくなっていた。『ヒックとドラゴン

記事を読む

no image

『この世界の片隅に』逆境でも笑って生きていく勇気

小学生の頃、社会の日本近代史の授業で学校の先生が教えてくれた。「第二次大戦中は、今と教育が違っていて

記事を読む

no image

見込みのある若者、後押しする大人『さよなら銀河鉄道999』

  自分は若い時から年上が好きだった。もちろん軽蔑すべき人もいたけれど、自分の人生に

記事を読む

no image

王道、いや黄金の道『荒木飛呂彦の漫画術』

  荒木飛呂彦さんと言えば『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの漫画家さん。自分は少年ジ

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

no image

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

  作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマ

記事を読む

no image

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

  水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲの女房』。NHKの

記事を読む

no image

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

ウェス・アンダーソン監督の作品は、必ず興味を惹くのだけれど、鑑賞後は必ず疲労と倦怠感がのしかかってく

記事を読む

no image

『ベルサイユのばら』ロックスターとしての自覚

「あ〜い〜、それは〜つよく〜」 自分が幼稚園に入るか入らないかの頃、宝塚歌劇団による『ベルサイユの

記事を読む

no image

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

オリジナルの『スター・トレック』映画版をやっていた頃、自分はまだ小学生。「なんだか単純そうな話なのに

記事を読む

no image
『しあわせはどこにある』おじさんが旅に出る理由

サイモン・ペッグが観たい! ハリウッドのヒットメーカーであるJ.J.

no image
『スター・ウォーズ/スカイ・ウォーカーの夜明け』映画の終焉と未来

『スターウォーズ』が終わってしまった! シリーズ第1作が公開され

no image
『スカーレット』慣例をくつがえす慣例

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』がめちゃくちゃおもしろい!

no image
『スター・ウォーズ・アイデンティティーズ』パートナーがいることの失敗

寺田倉庫で開催されている『スターウォーズ・アイデンティティーズ・ザ・エ

no image
『レディ・バード』先生だって不器用なひとりの人間

アメリカの独立系制作会社A24の『レディ・バード』。近年、評判のいいイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑