*

『チャッピー』哲学のネクストステージへ

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:タ行

映画『チャッピー』が日本公開がされる前、この作品に期待の声があちこちから聞こえて来た。自分はこの映画のニール・ブロムカンプ監督とはどうもセンスが合わないらしい。彼のデビュー作『第9地区』を勧める人が多かったにも関わらず、自分はどうしても観る気になれなかった。あのエビ宇宙人のデザインや、血がドバーっとでる悪趣味な描写が生理的にダメだった。ずいぶんたってから観てみると、思っていたよりかなりきちんとした構成の映画だったので、意外とこの監督は生真面目なんだと思ったものです。

そんな前例もあって、この『チャッピー』も地雷臭プンプン。ちょっと距離を置いて様子をうかがっていました。日本公開が始まったと同時に、この映画を期待していた人たちが、皆そろって口を閉ざしてしまった。上映館もすぐに減ってしまったような気がする。ネットの感想では理屈っぽいものが氾濫している。難しい映画なのかな?

この映画の日本公開版は、レーティングを下げるために、若干短縮したバージョンだと聞きました。ならば残虐描写が少し減るのかと思い鑑賞することにしました。自分は完全版じゃなくてもいいよって、珍しいパターンの観客です。

観てみたらけっこう面白かった。予告編の感じから「人間になりたかったロボット」の話なのかと誤解してしまったけれど、そんなの最初の方だけ。物語のテーマはそこに留まらず、魂とはなんぞや、肉体とはなんぞやと哲学的な方向へ向かっていく。センチメンタルな要素はほとんどない。硬派なSF作品だ。

ストーリーはテンポよく、ふんだんのアイディアでどんどん進む。近年のSF作品にある、高度なA.I.には人権が生まれるのではとか、魂の外部化なんかちょっと手あかがついてるけど、それらのアイディアを整理してひとまとめに描いている。高度なA.I.や魂のデータ化は、恐らく今の技術ですでに可能なのかも知れない。でもここには倫理が絡んでくる。可能なら何をしてもいいのかという問題。魂は神の領域なのではという宗教の冒涜にも繋がりそう。

輪廻転生を信じる宗教観では、肉体には老いや病でいつかは滅ぶが、魂は永遠として考えられる。この肉体は現世を生きるための借り物だから、たいせつに扱わなければいけない。自殺や自分を傷つけることはよろしくない。己を大切にして初めて他を尊重できるという考え方は、自分も嫌いではない。ただ昨今の脳科学の流行で、魂の概念も脳がつくりだすまやかしのようにも思えてくる。複雑な人間の脳が、魂のようなものを感じさせるのか? 魂が外部化できても所詮はコピー。オリジナルはやっぱり普通に死んで、消えていくのでは?

とまあ、哲学の新たなステージに上ってしまうわけだけど、そんなめんどくさいこと考えさせるこの映画は、やっぱり青臭くて理屈っぽい。この映画はストーリーはとても面白いのだけれど、なんかノレない。なぜかというと、主人公が不在だから。メインキャラクターがマッドサイエンティストや人殺しのギャングでは、観客はその人たちを主人公として好きになれない。普通の感覚のちょっと先を行っていて、ロボットのチャッピーが主役なんだろうけど、やっぱりロボットに感情移入はしずらい。もう少し登場人物を観客が好きになれそうなエピソードが、冒頭に入れられなかったのだろうか? ブロムカンプ監督は、ストーリー作りには興味があれど、人間には興味がない人なんだろうな。

作中、サイエンティストは、チャッピーに人間らしさを育むために、絵を描かせたり本を与えたり、文化的なものに触れさせる。文化的なものを軽視する昨今の考え方への警鐘だろう。

ギャングの女がチャッピーに母性本能をくすぐられたのか母親がわりになる。そのママがなまった英語を喋っているのに、なぜかチャッピーはなまってない。インプットしたものをアウトするとき、修正されちゃうのかな? そんなところにツッコミをいれて喜んでいるんだから、自分もイジワルだ。

楽しむ要素が多いエンターテイメント作品なのに、観ているうちに眉間にシワがよってくる。知的な映画ではないのに頭空っぽにできないという映画でした。

関連記事

no image

『父と暮らせば』生きている限り、幸せをめざさなければならない

  今日、2014年8月6日は69回目の原爆の日。 毎年、この頃くらいは戦争と

記事を読む

no image

『東京物語』実は激しい小津作品

  今年は松竹映画創業120周年とか。松竹映画というと、寅さん(『男はつらいよ』シリ

記事を読む

no image

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

佐藤懐智監督と内田春菊さん[/caption] 今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミッ

記事を読む

no image

『THIS IS US』人生の問題は万国共通

アメリカのテレビドラマ『THIS IS US』を勧められて観た。ゴールデングローブ賞やエミー賞を獲っ

記事を読む

no image

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

  評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』

記事を読む

no image

『ドクター・ストレンジ』アメコミとユダヤ人

流転の民族ユダヤ人は、どこの社会に行っても成功していくらしい。商売上手だったり、仕事ができるのはもち

記事を読む

no image

大人になれない中年男のメタファー『テッド』

  大ヒットした喋るテディベアが主人公の映画『テッド』。 熊のぬいぐるみとマーク・

記事を読む

no image

百年の恋も冷めた。映画版『超時空要塞マクロス』

  1980年代、自分が10代はじめの頃流行った 『超時空要塞マクロス』が ハリ

記事を読む

no image

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

  今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気

記事を読む

no image

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

もうすぐ桜の季節。桜が出てくる作品で名作はたくさんある。でも桜ってどうしても死のメタファーとして使わ

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑