*

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は諸刃の刃

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:タ行

7dpphrk5-336x223

ジェイムズ・キャメロン監督が放った愛すべきキャラクター『ターミネーター』。何度も続編やらテレビシリーズがつくられ、もうすっかりSFアクション映画のスタンダードになってしまった。今回の新作は久しぶりにシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネガーがターミネータ役として戻ってくる!! もうそれだけでファンとしてはたまらん。この映画からオリジナルの『ターミネーター』と『ターミネーター2』へのリスペクトがこれでもかと感じてしまう。タイムパラドックスを扱った作品だけにこれでもかとどんでん返しの連続。ぼんやりしているとストーリーに追いつけなくなってしまう。どんでん返しの後はアクションに次ぐアクション。もうすっかり目が回ってしまう。

今回はシュワちゃん以外はおなじみのキャラクターもキャスト総入れ替え。カイル・リース役はやっぱりジェイ・コートニーよりもマイケル・ビーンの切ない感じの方が良かったけど、サラ・コナー役はリンダ・ハミルトンよりエミリア・クラークの方がかわいくていい。そういえばジョン・コナー役のジェイソン・クラーク、同じファミリーネームだけど親戚かなにかなの?

タイムパラドックスを表現するために、前作と同じ場面は、まったく完コピのカメラワークでソックリな役者さんで再現してる。で、途中で展開が急変して、あれあれ?と言ってる間にストーリーが進んでくる。観客の多くはオリジナルの『1』と『2』は腐るほど観てるだろうから、このどんでん返しはにやけてしまう。有名なセリフ「Come with me, if want you live」を誰が言うのかが、毎回の見もの。

ネームバリューがある作品というのは、タイトルだけでお客が入る。それは有利なのだが、どうしても観客は熱烈なファンなので、どんな新作をつくったとしても、なかなか観客が手放しで誉めてはくれない。そこが弱点。この映画の製作陣はオリジナルの大ファンなのは伺える。なので同じファンである観客をいい意味で裏切ろうと必死に仕掛けてくる。ただファンがつくるファンに向けた作品なので、やっぱり同人誌的。本家のシュワちゃんが出なければ、ホントにファンの集いみたいになってしまう。難しいところです。最初の『ターミネーター』はSFとして新しい作品をつくろうとして生まれた作品。今回の『ジェニシス』は前作のリスペクト作品。そうなってしまうと結局前作に追いつくのが精一杯。やっぱり『ターミネーター』ファンの集に終止してしまう。

この新作『〜新起動/ジェニシス』は新三部作として、続編やる気満々のストーリーになっている。今回の評判が良ければ、新三部作の始まりである。そういえば『ターミネーター4』のときも新三部作の第一弾とうたっておきながらそのまま終わってしまった。同人誌のようなリブート作品。制作者があまりオリジナルに愛がありすぎると、結局オリジナルに追いつくことができない。『スタートレック』のリブート作をつくったJ・J・エイブラムス監督は、実はトレッキー(スタートレックファン)ではなかったと聞きます。変に思い入れがなかったぶん、新しい作品として自由に面白く再スタートできたのかもしれません。有名な作品を手がけるというのは、有利でもあり不利でもある、諸刃の刃なのかもしれません。

関連記事

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

今国策として『クールジャパン』の名のもと、 日本のカウンターカルチャーを 世界的産業にし

記事を読む

儀式は人生に大切なもの『ディア・ハンター』

マイケル・チミノ監督の ベトナム戦争を扱った名作『ディア・ハンター』。 三時間の長尺

記事を読む

『あしたのジョー』は死んだのか?

先日『あしたのジョー』の主人公矢吹丈の ライバル・力石徹役の仲村秀生氏が亡くなりました。

記事を読む

自分の人生に責任をもつこと その1

自分に言い聞かせるつもりで記します。 ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』という

記事を読む

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』顛落の悲劇。自業自得か殉教者か?

問題作すぎて新作『ニンフォマニアック』の 日本公開も危ぶまれながらもうじき公開せまる デ

記事を読む

マッドネエチャン・ミーツ『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

大事なのは理屈じゃない、勢いなんだよ!! この映画『マッドマックス/怒りのデス・ロード』はそ

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、新作『★(ブ

記事を読む

『async/坂本龍一』アートもカジュアルに

人の趣味嗜好はそうそう変わらない。 どんなに年月を経ても、若い頃に影響を受けて擦り込ま

記事を読む

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

『時をかける少女』というと、自分の世代では 大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画を思い出す

記事を読む

PAGE TOP ↑