*

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は諸刃の刃

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:タ行

 

ジェイムズ・キャメロン監督が放った愛すべきキャラクター『ターミネーター』。何度も続編やらテレビシリーズがつくられ、もうすっかりSFアクション映画のスタンダードになってしまった。今回の新作は久しぶりにシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネガーがターミネータ役として戻ってくる!! もうそれだけでファンとしてはたまらん。この映画からオリジナルの『ターミネーター』と『ターミネーター2』へのリスペクトがこれでもかと感じてしまう。タイムパラドックスを扱った作品だけにこれでもかとどんでん返しの連続。ぼんやりしているとストーリーに追いつけなくなってしまう。どんでん返しの後はアクションに次ぐアクション。もうすっかり目が回ってしまう。

今回はシュワちゃん以外はおなじみのキャラクターもキャスト総入れ替え。カイル・リース役はやっぱりジェイ・コートニーよりもマイケル・ビーンの切ない感じの方が良かったけど、サラ・コナー役はリンダ・ハミルトンよりエミリア・クラークの方がかわいくていい。そういえばジョン・コナー役のジェイソン・クラーク、同じファミリーネームだけど親戚かなにかなの?

タイムパラドックスを表現するために、前作と同じ場面は、まったく完コピのカメラワークでソックリな役者さんで再現してる。で、途中で展開が急変して、あれあれ?と言ってる間にストーリーが進んでくる。観客の多くはオリジナルの『1』と『2』は腐るほど観てるだろうから、このどんでん返しはにやけてしまう。有名なセリフ「Come with me, if want you live」を誰が言うのかが、毎回の見もの。

ネームバリューがある作品というのは、タイトルだけでお客が入る。それは有利なのだが、どうしても観客は熱烈なファンなので、どんな新作をつくったとしても、なかなか観客が手放しで誉めてはくれない。そこが弱点。この映画の製作陣はオリジナルの大ファンなのは伺える。なので同じファンである観客をいい意味で裏切ろうと必死に仕掛けてくる。ただファンがつくるファンに向けた作品なので、やっぱり同人誌的。本家のシュワちゃんが出なければ、ホントにファンの集いみたいになってしまう。難しいところです。最初の『ターミネーター』はSFとして新しい作品をつくろうとして生まれた作品。今回の『ジェニシス』は前作のリスペクト作品。そうなってしまうと結局前作に追いつくのが精一杯。やっぱり『ターミネーター』ファンの集に終止してしまう。

この新作『〜新起動/ジェニシス』は新三部作として、続編やる気満々のストーリーになっている。今回の評判が良ければ、新三部作の始まりである。そういえば『ターミネーター4』のときも新三部作の第一弾とうたっておきながらそのまま終わってしまった。同人誌のようなリブート作品。制作者があまりオリジナルに愛がありすぎると、結局オリジナルに追いつくことができない。『スタートレック』のリブート作をつくったJ・J・エイブラムス監督は、実はトレッキー(スタートレックファン)ではなかったと聞きます。変に思い入れがなかったぶん、新しい作品として自由に面白く再スタートできたのかもしれません。有名な作品を手がけるというのは、有利でもあり不利でもある、諸刃の刃なのかもしれません。

関連記事

no image

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍

記事を読む

no image

『ドクター・ストレンジ』アメコミとユダヤ人

流転の民族ユダヤ人は、どこの社会に行っても成功していくらしい。商売上手だったり、仕事ができるのはもち

記事を読む

no image

『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新技術のお披露目の場

ドルビーアトモスのAVアンプを探していると、この『トランスフォーマー/ロストエイジ』の見せ場の映

記事を読む

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

no image

『天使のたまご』アート映画をアニメでやった押井守監督の意欲作

  最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使の

記事を読む

no image

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

佐藤懐智監督と内田春菊さん[/caption] 今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミッ

記事を読む

no image

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

  スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着

記事を読む

no image

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

  配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロールズ』を選んできた。

記事を読む

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

no image
『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には、たくさ

no image
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・

no image
『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。

no image
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』子どもとオトナコドモ

小学二年生の息子が「キング・オブ・モンスターズが観たい」と、劇場公開時

no image
『しあわせはどこにある』おじさんが旅に出る理由

サイモン・ペッグが観たい! ハリウッドのヒットメーカーであるJ.J.

→もっと見る

PAGE TOP ↑