*

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ

 

今国策として『クールジャパン』の名のもと、
日本のカウンターカルチャーを
世界的産業にしようという流れがあります。

「お上は文化に興味がない」
という流れを覆したいい流れだと思います。

ただ、実際ハコを作ったはいいけれど、
どうしたら良いか分からないし、
賛同してくるアニメ制作会社も少ないので
予算が余ってしまっているそうです。

日本のアニメ会社と言うと
「ブラック企業」の代表と言っていい程
過酷な労働を強いられている。

そして偏った作品しか需要がないので、
どんどんアニメ会社が
潰れていっているのが現状です。

アニメファンと言うのも、
今は偏ったファンが多く。
その嗜好は一般ウケしずらいものが
多い感があります。
一部のマニア向けの作品が、
ビジネスの主流となっています。

世界的に「日本のアニメは凄い」
というのは評判なのは確かです。

しかしながら性描写や暴力描写の多い
日本のアニメは実際海外では
放送しづらいものなのです。

海外でのアニメファンも、
やはりマニアなのです。
需要が少ない。商売にならない。

マニア向けの作品を
国の産業として売るのは無理があります。
どうあがいてもビジネスに発展しづらい。

いま日本のアニメは国際標準で
制作を考えなければいけないと感じます。

世界へ誇る産業としたい国。
作りたいものが作れないアニメ作家。
マニアックになっていくアニメファン。

現状、三者の温度差が激しいのです。
これを一つの方向へ向けていかなければ、
アニメという産業の発展は今後見込めないでしょう。

三者とも「日本のアニメの力」といものは
感じてはいるものの、相容れない雰囲気。

このままだとしりつぼみの日本のアニメ業界。

この三者がうまいこと繋がれば、
未来も拓けていくでしょうけど、如何に!

関連記事

no image

ヒーローは妻子持ちはNGなの?『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

  今年は『機動戦士ガンダム』の35周年。 富野由悠季監督による新作 『ガンダム

記事を読む

no image

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

  先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之

記事を読む

no image

『くまのプーさん』ハチミツジャンキーとピンクの象

  8月3日はハチミツで、『ハチミツの日』。『くまのプーさん』がフィーチャーされるの

記事を読む

no image

暗い問題を明るく描く『塔の上のラプンツェル』

  大ヒット作『アナと雪の女王』もこの 『塔の上のラプンツェル』の成功なしでは

記事を読む

no image

日本アニメを世界的評価に繋げた『AKIRA』

  日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。

記事を読む

no image

25年経っても未だ続く『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

  何でも今年は『攻殻機動隊』の25周年記念だそうです。 この1995年発表の

記事を読む

no image

サブカルの歴史的アイコン『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

  1995年のテレビシリーズから始まり、 2007年から新スタートした『新劇場版

記事を読む

no image

『花とアリス』男が描く少女マンガの世界

  岩井俊二監督作品『花とアリス』が アニメ化されるというニュースが来ましたね。

記事を読む

no image

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

  なんでも5年ぶりに 新作が作られた『チェブラーシカ』。 こんどは本家ロシア産

記事を読む

no image

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

  今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

→もっと見る

PAGE TOP ↑