*

『ブラック・スワン』とキラーストレス

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ハ行

 

以前、子どもの幼稚園で、バレエ『白鳥の湖』を原作にしたミュージカルのだしものがあった。もちろん園児にもわかるように簡略化されたリライト版。娘は迷わず、黒鳥ことオディール役を選んだ。

オリジナルの『白鳥の湖』は、白鳥のオディットと黒鳥のオディールは一人二役。このお遊戯版ではどちらも違う子が演じてる。しかも人数の関係上、一役につき何人も配役される。数人が同時に同じ役の演技をする。オディール役は娘を含めて5人。なにせ園児なので元気優先。絶叫芝居でセリフも聞きとれず、ストーリーは最後までさっぱり。しかし、まっさきに黒鳥役を志願する我が娘のセンスって……。

この映画『ブラック・スワン』の監督ダーレン・アノフスキーと、『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランが、自分はどうもごちゃ混ぜになってしまう。どちらも作風は暗いからだろう。ノーランがメジャー路線なら、このダーレン・アノフスキーはメジャーだけどアングラ(?)といったところか。

ナタリー・ポートマン主演だったからか、ホラータッチの映画だったからか、公開当時、女性の間で話題になっていた。

「役に殺される」とはまさにこのこと。大抜擢の配役のチャンスは得ても、重責やら、のめり込みすぎやらで精神を病んでしまう。真面目な人こそおちいりやすい。人が追い込まれていく過程を、幻覚描写などホラー映画のテクニックをふんだんに織り込んで描いている。幻覚アトラクションムービー! 病気になるとはこういうことか。疑似体験のシミュレーション。

主人公の女優は『白鳥の湖』の主役に抜擢される。品行方正な彼女のストレスは盛りだくさん。人がいいばかりに、周りの無責任な重圧に正直に受け応えてしまう。

主人公のストレスは、役に対する重圧だけではない。母親の過干渉や、それゆえ世間知らずの劣等感。言い寄ってくる女たらしの演出家。ライバル女優の存在。そして自身の性体験がないこと etc…

ひとつひとつのストレスこそは小さくても、あまりに重なってしまうと、死に至る病気の原因になるらしいことが、科学的にわかってきた。テレビでやっていたが『キラーストレス』というらしい。なんでも毎日満員電車に乗ることも、かなりの精神的負荷がかかっているとか。

この死に至るまでのストレス回避はどうしたらいいのか?番組では、自分がリラックスすることはどんなことか具体的に書き上げることを勧めていた。お茶を飲むとか、音楽を聴くとか。「100万円当たったことを想像する」という妄想もOKらしい。そうやって心の逃げ場所を自分で見つけていくのは、今の社会で生きていくのにかなり重要。

そして瞑想の習慣化が良いとも言っていた。瞑想というと抹香臭くなってしまうが、その宗教性を排除した、科学的根拠に基づいた習慣。人間の脳は進化しすぎて、予測や過去にとらわれやすい。だいたいの心配事は、まだ見ぬ未来の不安や、過ぎ去った過去の出来事。今悩んでもどうしようもない。そんなとらわれをリセットするために、今だけに集中する時間をつくる。

子どもたちがケンカをしても、一晩寝ればわすれてしまい、元気に仲直りしているのは、良い意味で脳が未熟だから。雑念が入らない。

例えば、自分は映画館で映画をじっくり観ると、ものすごいストレス解消になる。暗くて重い作品を観た後でもスッキリしてる。もちろん作品のヘビーさにバテることはあるけど、精神状態はすこぶる良好。これって映画鑑賞という「今」に集中しているからかも。でも疲れすぎちゃうと、映画を観る元気もなくなっちゃう。

「瞑想=宗教儀式」というイメージだったけど、本来宗教は人をリラックスさせるために生まれたもの。難しい教義がくっついて、ややこしくなっちゃっただけなのかも? なにごともシンプルがいちばんなのだろう。情報過多な現代人、意識してリラックスしなければ、病気になって命もおとしかねないようです。

関連記事

no image

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

  映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい

記事を読む

no image

『ハリー・ポッター』貧困と差別社会を生き抜いて

  映画版『ハリー・ポッター』シリーズが日テレの金曜の夜の枠で連続放送されるのがすっ

記事を読む

no image

おばさまに好評の『ハウルの動く城』

  スタジオジブリ作品『ハウルの動く城』。 公開当時、大勢から「わけがわからない」

記事を読む

no image

『プロジェクトA』ジャッキー映画でちょっと強くなった気になる

  ジャッキー・チェンの映画を観たあとは、観るまえよりちょっとだけ気が大きくなる。な

記事を読む

no image

『プリズナーズ』他人の不幸は蜜の味

なんだかスゴイ映画だったゾ! 昨年『ブレードランナー2049』を発表したカナダ出身のドゥニ・ヴ

記事を読む

no image

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でリアル・タイムトラベル

  なんだか今年は80年代〜90年代の人気映画のリブート作やリメイク作が目白押し。今

記事を読む

no image

『はじまりのうた』音楽は人生の潤滑油、勇気をくれる映画。

  この『はじまりのうた』は、自分の周りでも評判が良く、とても気になっていた。当初は

記事を読む

no image

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの

記事を読む

no image

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

自分は『スター・ウォーズ』が大好きだ。小学1年のとき、アメリカで『スター・ウォーズ』という得体の知れ

記事を読む

no image

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑