*

『ブラック・スワン』とキラーストレス

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ハ行

 

以前、子どもの幼稚園で、バレエ『白鳥の湖』を原作にしたミュージカルのだしものがあった。もちろん園児にもわかるように簡略化されたリライト版。娘は迷わず、黒鳥ことオディール役を選んだ。

オリジナルの『白鳥の湖』は、白鳥のオディットと黒鳥のオディールは一人二役。このお遊戯版ではどちらも違う子が演じてる。しかも人数の関係上、一役につき何人も配役される。数人が同時に同じ役の演技をする。オディール役は娘を含めて5人。なにせ園児なので元気優先。絶叫芝居でセリフも聞きとれず、ストーリーは最後までさっぱり。しかし、まっさきに黒鳥役を志願する我が娘のセンスって……。

この映画『ブラック・スワン』の監督ダーレン・アノフスキーと、『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランが、自分はどうもごちゃ混ぜになってしまう。どちらも作風は暗いからだろう。ノーランがメジャー路線なら、このダーレン・アノフスキーはメジャーだけどアングラ(?)といったところか。

ナタリー・ポートマン主演だったからか、ホラータッチの映画だったからか、公開当時、女性の間で話題になっていた。

「役に殺される」とはまさにこのこと。大抜擢の配役のチャンスは得ても、重責やら、のめり込みすぎやらで精神を病んでしまう。真面目な人こそおちいりやすい。人が追い込まれていく過程を、幻覚描写などホラー映画のテクニックをふんだんに織り込んで描いている。幻覚アトラクションムービー! 病気になるとはこういうことか。疑似体験のシミュレーション。

主人公の女優は『白鳥の湖』の主役に抜擢される。品行方正な彼女のストレスは盛りだくさん。人がいいばかりに、周りの無責任な重圧に正直に受け応えてしまう。

主人公のストレスは、役に対する重圧だけではない。母親の過干渉や、それゆえ世間知らずの劣等感。言い寄ってくる女たらしの演出家。ライバル女優の存在。そして自身の性体験がないこと etc…

ひとつひとつのストレスこそは小さくても、あまりに重なってしまうと、死に至る病気の原因になるらしいことが、科学的にわかってきた。テレビでやっていたが『キラーストレス』というらしい。なんでも毎日満員電車に乗ることも、かなりの精神的負荷がかかっているとか。

この死に至るまでのストレス回避はどうしたらいいのか?番組では、自分がリラックスすることはどんなことか具体的に書き上げることを勧めていた。お茶を飲むとか、音楽を聴くとか。「100万円当たったことを想像する」という妄想もOKらしい。そうやって心の逃げ場所を自分で見つけていくのは、今の社会で生きていくのにかなり重要。

そして瞑想の習慣化が良いとも言っていた。瞑想というと抹香臭くなってしまうが、その宗教性を排除した、科学的根拠に基づいた習慣。人間の脳は進化しすぎて、予測や過去にとらわれやすい。だいたいの心配事は、まだ見ぬ未来の不安や、過ぎ去った過去の出来事。今悩んでもどうしようもない。そんなとらわれをリセットするために、今だけに集中する時間をつくる。

子どもたちがケンカをしても、一晩寝ればわすれてしまい、元気に仲直りしているのは、良い意味で脳が未熟だから。雑念が入らない。

例えば、自分は映画館で映画をじっくり観ると、ものすごいストレス解消になる。暗くて重い作品を観た後でもスッキリしてる。もちろん作品のヘビーさにバテることはあるけど、精神状態はすこぶる良好。これって映画鑑賞という「今」に集中しているからかも。でも疲れすぎちゃうと、映画を観る元気もなくなっちゃう。

「瞑想=宗教儀式」というイメージだったけど、本来宗教は人をリラックスさせるために生まれたもの。難しい教義がくっついて、ややこしくなっちゃっただけなのかも? なにごともシンプルがいちばんなのだろう。情報過多な現代人、意識してリラックスしなければ、病気になって命もおとしかねないようです。

関連記事

no image

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの

記事を読む

no image

『ベイビー・ドライバー』洗練革新されたオールドファッション

ミュージカル版アクション映画と言われた『ベイビー・ドライバー』。観た人誰もがべた褒めどころか、ちょっ

記事を読む

no image

『パイレーツ・オブ・カリビアン』映画は誰と観るか?

2017年のこの夏『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作『最後の海賊』が公開された。映画シリーズ第1

記事を読む

no image

『プロジェクトA』ジャッキー映画でちょっと強くなった気になる

  ジャッキー・チェンの映画を観たあとは、観るまえよりちょっとだけ気が大きくなる。な

記事を読む

no image

『鉄道員』健さんなら身勝手な男でも許せちゃう?

  高倉健さんが亡くなりました。 また一人、昭和の代表の役者さんが逝ってしまいまし

記事を読む

no image

負け戦には精神論が常『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

  「欲しがりません勝つまでは」 戦後70年たった今となっては、こんな我慢ばかりを

記事を読む

no image

『はじまりのうた』音楽は人生の潤滑油、勇気をくれる映画。

  この『はじまりのうた』は、自分の周りでも評判が良く、とても気になっていた。当初は

記事を読む

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面白くて、毎回録画してチェックし

記事を読む

no image

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

チェコとイギリス、フランス合作の映画『Anthropoid』というブルーレイを人から借りた。それは輸

記事を読む

no image

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

最近はやりのミニマリスト。自分の持ちものはできる限り最小限にして、部屋も殺風景。でも数少ない持ちもの

記事を読む

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレ

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人と

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・

→もっと見る

PAGE TOP ↑