*

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ハ行, 映画館, 音楽

 

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそうです。かつてはかなりの頻度で通った劇場だったので一抹の寂しさもあり。

自分があしげくミニシアターに通っていた頃は、そこの劇場に行かなければその映画は観れないものでした。話題作ともなれば、最新のオサレな映画を観に来るんだと、観客たちもそれなりに意識があったような。今となってはシネコンも多く作られ、むしろ郊外の方が多種多様な種類の映画が観れたりもする。ただメジャー作品だろうが、アート作品だろうが、同じ劇場で同じ入口というのは便利なんだけど、なんとなく味気ない。

このシネクイントは、結構早くから音響設備も整えられ、同じ映画を観るならこちらの劇場の方がいいな〜とこだわりの映画館でした。

シネクイントで一番印象に残っているのはやっぱりヴィンセント・ギャロ監督主演作『バッファロー’66』。それこそオシャレ番長ヴィンセント・ギャロの映画で、渋谷パルコでやってるとなれば、映画ファンだけではなくファッション好きの人も集まってくる。映画オタクの自分としては、ファッショナブルな人たちと同じ空間にいるのはかなり緊張する。

「『バッファロー’66』の中に自分を見つけた!」とか、「人生観が変わった!」とか大仰なコメントを事前に耳にしていたので、どんな映画なのかさっぱり想像できず、さぞかしどえらい映画なのかとハードルは高まるばかり。

実際に映画を観てみると、あまりに素朴な内容だったので唖然とした。もっとトンガった怖い映画かと思ってたので。それはそれでお気に入りの映画となりました。キングクリムゾンがいきなりかかるのがカッコ良かったっけ。

ヴィンセント・ギャロが来日した時のインタビューで、ものすごく態度が悪かったのを覚えている。インタビュアーが「あなたのファンで、紹介したい日本のアクターがいる」と言ったら、「へっ会いたくねぇよ」って態度。どーせチビでメガネで出っ歯のサルが出てきて、ひゃーひゃー言われるだけなんだろって思ったのでしょうね。で、登場したのは浅野忠信さん。スラっと長身のカッコイイ彼のルックスを見て、ギャロちゃんの態度が一変。「お前かっこいいな〜」「今度オレの映画出ろよ〜」とか口説き始めてる。ヤなやっちゃな〜。

そういえばヴィンセント・ギャロ、最近ご無沙汰だな。なんか別のビジネスでもしてるのかな。と思ったら以外と地道に映画界でも活躍してましたね。

この映画公開当時はまだ、映画のチケットを買ったら、劇場前で行列をなして待たなければなりませんでした。今のようなオンライン予約なんてなかった時代です。パルコの階段に次回上映を待つ観客はずっと待つのです。人気作であればあるほど列は長く、下の階まで行列の最後尾は続きます。

かつての同僚が一人でこの映画を見に行った時、映画を待つ行列の隣に有名な劇作家さんが並んでいたそうです。勇気を出して声をかけたら、「話題になっているので観に来たんですよ」と丁寧に返事してくれたらしいです。相手も一人だったので、ちょっと世間話とかして。

不便な時代だったからこそのサプライズ。話題の映画を観るのも一苦労だったあの頃。ネットが普及して便利になって、映画鑑賞の入れ替えもスムースになった。オートメーション化がすすんでくると、こういった偶然が入り込むスキもなくなっちゃう。それが良いことなのか悪いことなのか?

とりあえずシネクイントさん、お疲れまでした!!

 

関連記事

no image

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

  2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ばれているような年だ

記事を読む

no image

『裸足の季節』あなたのためという罠

  トルコの女流監督デニズ・ガムゼ・エルギュヴェンが撮ったガーリームービー。一見した

記事を読む

『アンブロークン 不屈の男』 昔の日本のアニメをみるような戦争映画

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督する戦争映画『アンブロークン』。日本公開前に、

記事を読む

no image

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

ポップコーン・ムービーの王道、今ノリにノってるディズニー・マーベルの人気キャラクター・ソーの最新作『

記事を読む

『ブレードランナー』 その映画が好きな理由

『ブレードランナー』、 パート2の制作も最近決まった カルト中のカルトムービーのSF映画

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナム戦争は失策だったスクープ

記事を読む

no image

『アニー(1982年版)』子どもから見た大人たちの世界

  かつてタレントのタモリさんが、テレビでさんざっぱら自身のミュージカル嫌いを語って

記事を読む

『モアナと伝説の海』 ディズニーは民族も性別も超えて

ここ数年のディズニーアニメはノリに乗っている。公開する新作がどれも傑作で、興行的にも世界中で

記事を読む

no image

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの

記事を読む

no image

『プリズナーズ』他人の不幸は蜜の味

なんだかスゴイ映画だったゾ! 昨年『ブレードランナー2049』を発表したカナダ出身のドゥニ・ヴ

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑