*

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 アニメ, 映画:ハ行,

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの子たちは、『となりのトトロ』にそっくりなパンダの親子のビジュアルにすぐ飛びついた。このアニメには、のちの宮崎作品のエッセンスがいっぱいつまっている。自分もずいぶん久しぶりにこの作品を観た。

このアニメ作品は、保護者不在の一人暮らしの小学低学年のミミ子ちゃんが主人公。ミミ子ちゃんが、不思議なパンダの親子と出会い、疑似家族となっていくというお話。

主人公のミミ子ちゃんは、赤毛でツインテール。このデザインで、スウェーデンの児童文学『長くつ下のピッピ』をすぐ思い出す。ピッピも両親不在の一人暮らし。相棒にサルはいるけど、喋れるわけではない。ピッピは家事全般自分でできる。親に叱られることもないので、自由気ままに暮らしている。読者の子どもたちは、自分と同年代の子がたくましく自立している姿に憧れ、ピッピの生活に「いいな〜」と溜め息をつく。

自由というものには、必ず孤独というものがついてくる。自由になりたいのなら、孤独も同時に受け入れなければいけない。ときおりみせるピッピのさみしそうな姿の描写に、果たして子どもたちは気づいているのだろうか?

この『パンダコパンダ』のミミ子ちゃんは、自由ではあるけれど、けして孤独ではない。一人暮らしをはじめた瞬間、パンダコパンダと出会えてしまう。このパンダの親子はどんなトラブルも、そつなく乗り越えてしまう。さまざまな事件は起こるが、とにかくハッピーに解決していく。ストーリー性を楽しむというよりは、パンダコパンダの愛らしい動きに笑っていればいい。この世界には悪人はおらず、みんな優しい良い人ばかり。善意で溢れかえっいる。嘘っぱちの世界だが、ポジティブなものしかない世界はとても居心地がいい。逆境でも前向きにとらえられる子どもの視点で見た世界なのだろう。

ブッダがまだ修行前、王子だった頃、父王は息子にネガティブなものをみせないようにした。死人や老人、病人や貧しい者を王子から遠ざけた。王子は世界は幸福に満ちていて、不幸な人など存在しないと信じていただろう。あるときそれが違うと気づき、修行の道へと向かうきっかけとなってしまう。父王の過保護がかえって、王子の親離れ俗世間離れへのモチベーションに拍車をかけてしまった。なぜかそんなことを思い出した。

『パンダコパンダ』のすべてが優しい世界観は、子どもの頃だったら夢いっぱいでたいへんよろしいことだと思う。この世界観を踏襲したジブリアニメは、けっきょく大人をターゲットにした映画となっていく。世の中には優しい人しかおらず、敵となる悪党は、本当に極悪人のサイコパス。こんな敵ならいなくなってほしいと誰もが思えるキャラクター。完全なる勧善懲悪。白黒はっきりした世界。

日本は世界でも有名なくらい、白黒はっきりしないグレーな独自の文化を持つ国。和を保つことを重視した弊害で、本音をはっきり言うことを野暮とされ、嫌われる対象となってしまった。海外のビジネスマンが、日本人ほど読めない仕事相手はないと、対応に困っているなんて話はよく聞く。グレー社会とひとことで言っても、レンジの振れ幅は大きい。限りなく白に近いグレーもあれば、限りなく黒に近くたって、グレーには変わりない。これでは息が詰まってしまう。

そんな生きづらさを解放するがごとく、のちのジブリ作品も、善人ばかりが出てくる優しい世界が描かれた。多くの日本人がそれを無意識のうちに求めていったのかも知れない。人生の辛さをとりあえず伏せて、観客をちょっと過保護にする。

とかく日本で生まれるキャラクターは、異常に優しく可愛らしいものばかりが目立つ。海外キャラクターにみられる意地悪な要素なんて微塵もない。日本ではジブリ作品はメジャー映画であっても、ひとたび海外へでれば芸術作品となってしまう。この温度差はなんだろう?

自分を含め結構みんな、つらい現実に疲れきっているからこそ、ジブリアニメに救いを求めてしまったのかも知れない。優しい世界観に癒されたい人が、思いの外多いのかも。残念ながら、きっとこれは、制作者の意図とは違った化学反応だったのだろうけど。

関連記事

『かぐや姫の物語』 かの姫はセレブの国からやってきた

先日テレビで放送した『かぐや姫の物語』。 録画しておこうかと自分が提案したら家族が猛反

記事を読む

no image

日本人が巨大ロボットや怪獣が好きなワケ

  友人から「日本のサブカルに巨大なものが 多く登場するのはなぜか考えて欲しい」と

記事を読む

no image

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

  NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビ

記事を読む

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』 ヒーローは妻子持ちNG?

今年は『機動戦士ガンダム』の35周年。 富野由悠季監督による新作 『ガンダム Gのレコン

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

『メッセージ』 ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取

記事を読む

『ボス・ベイビー』新しい家族なんていらないよ!

近年のドリームワークス・アニメーションの作品が日本では劇場公開されなくなっていた。『ヒックと

記事を読む

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 言わぬが花というもので

大好きな映画『この世界の片隅に』の長尺版『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。オリジナル

記事を読む

『ハイドリヒを撃て!』 スタイリッシュな実録モノ

チェコとイギリス、フランス合作の映画『Anthropoid』というブルーレイを人から借りた。

記事を読む

『裏切りのサーカス』 いちゃいちゃホモソーシャルの言い訳

映画『裏切りのサーカス』が面白いという勧めを知人から受けて、ず

『アデル、ブルーは熱い色』 心の声を聴いてみる

2013年のカンヌ国際映画祭で最優秀賞パルムドールを受賞したフ

『エターナルズ』 モヤモヤする啓蒙超大作娯楽映画

『アベンジャーズ エンドゲーム』で、一度物語に区切りをつけたデ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ギフテッドとインフルエンサー

東京都美術館で開催されている『ゴッホ展』に行った。収集家のヘレ

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』 自由恋愛のゆくえ

スティーヴン・スピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ』シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑