*

『花とアリス』男が描く少女マンガの世界

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:ハ行

t02200144_0640042013099783086

岩井俊二監督作品『花とアリス』が
アニメ化されるというニュースが来ましたね。

女の子が好きで好きで、
作者自身が女の子になってしまえといった、
いわゆる「男が描く少女マンガ」の世界。

この映画はもう10年前の作品。
続編を作るのにやっぱり
蒼井優さんと鈴木杏さんが
主役でなくてはいけないらしく、
もう大人になった彼女たちは
みたくないからアニメ化なのか?

個人的には「大人になった花とアリス」
のほうが観たいのだが……。

岩井俊二監督の映像は、
今までの日本映画とは異なって
ヨーロッパの映画のような美しい絵作り。
「岩井美学」とまで言われた。
要するに泥臭くないんですね。

彼の作品には陰惨な映画もあるけれど、
本作のようなコメディタッチの作風なのに、
映像美でつくっているので珍しい。

名カメラマン篠田昇氏が作品の美学に
ものすごく力を発揮していたと感じます。

その篠田カメラマンがこの作品の後、
『世界の中心で、愛をさけぶ』を最後に亡くなります。
『花とアリス』が岩井&篠田の黄金コラボの最終作。

篠田カメラマン死後から岩井作品は変化したと感じます。
パワーもなくなったし、ペースも遅くなった。
喪失感が伝わります。

『花とアリス』が発表された10年前、
自分も若く、女学生の話を楽しくもみれたのでしょうが、
この10年で自分も結婚し、娘も生まれると、
女学生は女性の対象ではなくなり、
娘にしかみえず、すっかり憧れの対象ではなくなった。

近年の岩井作品には、
あまり興味が湧かなくなったのは事実なんですね。

はっきり言っちゃうと、
女学生の物語なんてどうでもよくなっちゃった。

果たして自分の感性がかわったのか?
はたまた岩井監督の作風が変わったのか?

これってただ客層の新陳代謝で、
自分はターゲットから外れたってことだけかしら?

関連記事

『東京ゴッドファーザーズ』地味な題材のウェルメイドアニメ

クリスマスも近いので、 ちなんだ映画をセレクト。 なんでもこの『東京ゴッドファーザー

記事を読む

女性が生きづらい世の中じゃね……『ブリジット・ジョーンズの日記』

日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでしたが、 最

記事を読む

社会風刺が効いてる『グエムル ー漢江の怪物ー』

韓国でまたMERSが猛威を振るっていると日々の報道で伝わってきます。このMERSを含めて自国

記事を読む

日本人が巨大ロボットや怪獣が好きなワケ

友人から「日本のサブカルに巨大なものが 多く登場するのはなぜか考えて欲しい」と リクエス

記事を読む

『ピーターパン』子どもばかりの世界。これって今の日本?

1953年に制作されたディズニーの アニメ映画『ピーターパン』。 世代を超え、時代を

記事を読む

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそ

記事を読む

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

http://co-trip.jp/article/36020/[/caption] 4歳に

記事を読む

『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』天才と呼ばれた普通の父親たち

なんともうまいタイトルの本。本屋さんをブラブラしていたら、水木しげるさんの追悼コーナーにあっ

記事を読む

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』夢を現実にした最低で最高の男

©︎東北新社 Lisenced by東北新社[/caption] 芸能界は怖いところだよ。よ

記事を読む

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『ディファイアンス』他力本願ならカタルシス

事実は小説よりも奇なり。 第二次大戦中のナチスドイツのユ

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題にな

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/

→もっと見る

PAGE TOP ↑