*

『ブレイブハート』かつてのスコットランド独立戦争の映画

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ハ行

t02200130_0490029013073446474

スコットランドがイギリスから
独立するか否かの投票率は84%。

有権者の関心の高さが伺え、
反対55%という結果になった。
これだけの投票率ならば、
かなり現実的民衆の意見が
反映されていることでしょう。

もし日本で同じような状況になったとき、
果たしてこれだけの国民が
投票に動くかどうか疑問。

日本人は「誰に投票しても変わらない」と
選挙にも行かない人が多い。

自分は小さい子どもがいるので、
政党によって育児の待遇が大きく変わるので、
「誰に投票しても変わらない」とは思わない。

人々が政治に無関心ゆえ、
生活しづらくなっているのは事実。

マスコミでの政治ネタは、ある意味タブーなので
自分で問題意識を持って行くしかない。

アメリカ映画の『ブレイブハート』。
俳優のメル・ギブソンが監督主演した、
スコットランドが13世紀に
イギリスに独立戦争を挑んで敗北した事実を映画化。

歴史は勝者の視点から常に語られる。
と映画でも言っている。

歴史上で悪が正義になってしまうことは多々ある。

作品を通して、イギリス人の侵略は理不尽で、
そりゃあスコットランド人が怒って
反旗を翻すのも当然と思えてしまう。

メル・ギブソンはハリウッドの
アクション俳優として有名だが、
監督作は常に政治的だったり、
宗教の新解釈だったりと、
センセーショナルなテーマを選び続ける。

彼の監督作はいつも体力を消耗させる
重いものばかりだが、
こういった作品を作り続ける人は貴重。

そしてきちんと評価されているというのも、
アメリカ映画業界の懐の大きさを感じる。

関連記事

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗

記事を読む

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

http://www.playbuzz.com/thelaststraw10/do-you-rem

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

『her』ネットに繋がっている時間、私の人生は停まっている

http://her.asmik-ace.co.jp/#Top[/caption] スパイク

記事を読む

『はだしのゲン』残酷だから隠せばいいの?

明日8月6日は広島の原爆の日ということで、『はだしのゲン』ドラマ版の話。 小学校の学級

記事を読む

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/[/ca

記事を読む

『プライベート・ライアン』戦争の残虐性を疑似体験

討論好きなアメリカ人は、 時に加熱し過ぎてしまう事もしばしば。 ホントかウソかわから

記事を読む

女児たちの憧れ『プリキュアシリーズ』

この『プリキュアシリーズ』 今年は10周年との事。 ウチの幼稚園の娘も大好きで、 何度

記事を読む

女による女のためのR18『ふがいない僕は空を見た』

デンマークの監督ラース・フォン・トリアーは ノルウェーでポルノの合法化の活動の際、発言して

記事を読む

『ハクソー・リッジ』英雄とPTSD

http://www.hacksawridge.movie/[/caption] メル・ギブ

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

→もっと見る

PAGE TOP ↑