*

東京テロリズムのシミュレーション映画『機動警察パトレイバー the movie2』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:カ行

t02200121_0624034213078943891

今実写版も制作されている
アニメ版『パトレイバー』の第二弾。

後に『踊る大走査線』や
『ダークナイト・ライジング』などに
多大に影響させる本作。

東京でももしテロが起こったらの
完全なるシミュレーションを映画でやってみせる。
アニメとは思えないリアリティある考察の表現。

本作の発表は1993年。
自衛隊のPKO派遣で、第二次大戦後はじめて
日本人が戦争に巻き込まれるのではと、
不安感がこの映画の冒頭で描かれている。

海外へ派遣された自衛隊は
攻撃され撃たれない限り、
戦争行為を絶対にしてはならない。
反撃の許可がおりずに部下を全滅させられた
元自衛官が東京でおこすクーデターと言う名のテロ。

これはかつて軍部が政府にクーデターを起こした
『226事件』のイメージ。

自衛隊が海外で戦争に巻き込まれたら?
自衛官や警官がもし日本でクーデターを起こしたら?
日本政府が責任逃れのたらい回しをはじめたら?
日本の警察や自衛隊が機能しなくなったら?

数々の恐ろしいシミュレーション。

そしてかつて軍人が起こした
政府へのクーデター『226事件』をきっかけに
日本は軍国主義へと進み、
世界大戦へと流れ込んで行きました。

戦争とはなんぞや?
平和ボケの日本人に問題提起していきます。
ちょっとアニメの域、超えてます。

周知の通り1995年には
東京で『地下鉄サリン事件』が発生し、
我々は現実にテロリズムと遭遇します。

この映画で伝える報道や東京の混乱が
まさに本作で描かれたものと
そのもの同じだったと記憶してます。

オウム真理教の連中も、
オタクなので本作を観ていた事でしょう。

模倣犯だったのか? 偶然だったのか?
この映画のシミュレーションが正確だったのか?

閉塞感漂う現代社会。
想像上恐ろしいと思って描いたフィクションが、
それよりも酷い状況になったりしている。

ただずっと言われているのが、
作者が警笛のつもりで放った作品に対し、
観客が自分ごとととらえられる
想像力が欠如しすぎているということ。

本作でスタッフとして参加していた
『ももへの手紙』の沖浦啓之監督が、
お忍びで劇場で『パトレイバー1』を観たとき、
上映終了後ファンの放った開口一番の感想が
「メカはいいけど、キャラがね」だったそうです。

映画を観てこの程度の感想しか出てこない
ファンの低能さに愕然としたと聞きます。

作者が命を削って描いた警告が
誰にも届かないという無力感。

作品を観るのも、想像力が必要なのです。

たとえ娯楽作品でも、
制作者がそれなりに心血注いだ作品には、
メッセージがあります。
生きるためのヒントも隠されています。

制作者は芸術家肌だったり天才肌だったりする人が多い。
凡人には見えないもを伝えていたりするのです。

現代の日本人は相手を思いやったり、
物事を見定めて行く想像力が
イマイチ足りなくなってしまったようです。

たかがアニメ、されどアニメ。

関連記事

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

戦争は嫌い。でも戦争ごっこは好き!! 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』

1980年代にマンガを始めOVA、 テレビシリーズ、劇場版と メディアミックスで連続した

記事を読む

日本アニメを世界的評価に繋げた『AKIRA』

日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。 今更

記事を読む

アニメ『機動戦士ガンダムUC』が遂に完結!!

2010年スタートで完結まで4年かかった。 福井晴敏氏の原作小説は、遡る事2007年から。

記事を読む

『東のエデン』事実は小説よりも奇なりか?

『東のエデン』というテレビアニメ作品は 2009年に発表され、舞台は2011年の近未来(当

記事を読む

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

今国策として『クールジャパン』の名のもと、 日本のカウンターカルチャーを 世界的産業にし

記事を読む

『GODZILLA』破壊神というより守護神だったハリウッドリブート版

早くも2018年にパート2をやると 発表されたハリウッド版『ゴジラ』。 近年、アメリ

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.[/capt

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

さよならロビン・ウィリアムズ = ジーニー『アラジン』

ロビン・ウィリアムズが 8月11日に亡くなったそうです。 彼の作品には名作が多く、

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑