*

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

公開日: : 最終更新日:2020/03/10 映画:ハ行

シニカルコメディの『ブリグズリー・ベア』。赤ん坊の頃に誘拐された青年が、25年ぶりに解放されて、世の中で生活していく物語。とても興味深いテーマ。

主人公の青年ジェームズは、まさに浦島太郎状態。25年間、誘拐犯のカップルを実の父母だと思って生きてきた。シェルターに暮らす仮の三人家族は、それはそれでうまくやっていた。ジェームズの唯一の娯楽は、テレビから流れる幼児番組『ブリグズビー・ベア』。実はこの幼児番組は、誘拐犯である育ての父親が自分で製作している。ジェームズだけのために作られた番組。

それは洗脳なのだが、そこには育ての父親の歪んだ愛情が感じられる。マッドサイエンティストが、育児という臨床実験をしていることになる。

解放されたジェームズが、浮世を楽しむことはない。小さい時からずっと観ていた『ブリグズリー・ベア』の続編が観たいと、そのことばかりで頭がいっぱいだ。

育ての親が『ブリグズリー・ベア』の作者だと知ると大喜び。そもそもジェームズは育ての親を恨んでいるわけではない。歪んだ愛情とはいえ、大事に育てられている。その父親が、自分の大好きな番組の生みの親と知ったら、小躍りするしかない。育ての親が逮捕されて、もう『ブリグズリー・ベア』の続きが観れないなら、自分で作るしかない!

自分はこの映画を観始めたとき、このブラックユーモアの社会風刺を他人事のように眺めるつもりだった。でもジェームズが映画づくりを志した瞬間から、他人事ではなくなってしまった。そこに映画学生だった若かりし頃の自分の姿がみえてきた。

映画学校に通っていた頃の自分は、大監督にでもなれるような気がしていた。オリジナリティ溢れるアイデアを抱いているつもりだった。

でもまだ人生経験の浅い、ただの映画小僧。物事に対する問題意識もない。映画以外のことに全く興味がなかった。むしろそんな人が作家になろうなんて無謀もいいところ。武器は過去に数多に観た映画の知識だけ。さて映画オタクよどこへ行く?

クリエイターにはオタクタイプと学者タイプとの二通りがいる。パッと見た目にはわからないから厄介。ちょっと話をしていればその違いはみえてくる。今は圧倒的に前者のクリエイターが多い。要するに表現活動で生活するのは難しい世の中なので、よほどのことがない限り頭のいい人は早々に退散してしまうのかも?

映画小僧が持ち寄るアイデアのその起源は、いつかどこかで観たものの集積でしかない。その刷り込まれた「かつて誰かが作ったイマジネーション」を引っさげても、ただの独りよがりで終わってしまう。

でも現代の不思議なところは、メディアがものすごく細分化されている世の中になったというところ。たとえ万人に理解できるような代物ではなくとも、世界のどこかに「それ」と同じ刷り込みを持った人が必ず存在する。その少数派の人にとっては、その作品は心のバイブルにだってなる。

誘拐した仮の息子のために、幼児番組を作った育ての父親を演じるのはマーク・ハミル。確信犯の憎いキャスティング。マーク・ハミルといえば『スターウォーズ』の主人公ルーク・スカイウォーカー。自分たち40代男子は、小学校に入るか入らないかの頃に『スターウォーズ』の洗礼を受けている。幼少期の刷り込みは一生つきまとう。

年長者から「この映画サイコーだよ」と紹介されて観てみると、さほどでもなくてガッカリすることがある。逆のパターンもあって然り。作品との出会いは、その時の時代性や年齢にも左右される。刷り込まれた記憶など不確かなものだ。

これでは自分のアイデンテティと自負したものが崩れていってしまう。……とまあそこまで言ったらおおげさだが、オリジナリティなんて大したことないということだろう。

自分の気持ちに正直に行動した人が、最終的には大業を成し遂げるもの。今の自分自身が、楽しくクリエイティビティを磨いていくことの大切さ。

たとえ誰かの刷り込みだろうが、くだらない作品だろうが、それに関わっている人たちがハッピーだったらそれでいい。『ブリグズリー・ベア』は、とかく儲け主義の世の中で、ものづくりの楽しさを思い出させてくれる映画だった。トンがってるけど、優しいのね。

関連記事

no image

『星の王子さま』競争社会から逃げたくなったら

  テレビでサン=テグジュペリの『星の王子さま』の特集をしていた。子どもたちと一緒に

記事を読む

no image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

ウチの子どもたちも大好きな『ハリー・ポッター』シリーズ。こわいこわいと言いながらも、「エクスペクト・

記事を読む

no image

『バーフバリ』エンタメは国力の証

SNSで話題になっている『バーフバリ』。映画を観たら風邪が治ったとまで言われてる。この映画を語る声は

記事を読む

『ボス・ベイビー』新しい家族なんていらないよ!

近年のドリームワークス・アニメーションの作品が日本では劇場公開されなくなっていた。『ヒックと

記事を読む

no image

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

  ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。

記事を読む

no image

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

  『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな

記事を読む

no image

おばさまに好評の『ハウルの動く城』

  スタジオジブリ作品『ハウルの動く城』。 公開当時、大勢から「わけがわからない」

記事を読む

no image

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

製作にイギリスのBBCもクレジットされている英米合作映画『否定と肯定』。原題は『Denial』と「否

記事を読む

no image

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

チェコとイギリス、フランス合作の映画『Anthropoid』というブルーレイを人から借りた。それは輸

記事を読む

no image

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

  JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディアで とりあつかわれているような

記事を読む

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』これからのハリウッド映画は?

マーベル・ユニバース映画の現時点での最新作『スパイダーマン:フ

『ブラック・クランズマン』明るい政治発言

アメリカではBlack Lives Matter運動が盛んにな

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致

→もっと見る

PAGE TOP ↑