*

「 映画:サ行 」 一覧

『シン・レッド・ライン』美しい場所ほど悲惨な戦場だったりする

2014/09/12 | 映画:サ行

    自然が美しい場所ほど、過去に激戦地だったりする。 とこく今ではリゾート地となっている 美しく常夏のような場所こそ、 過去に多くの血が流れた場所が多い。

続きを見る

『すーちゃん』女性の社会進出、それは良かったのだけれど……。

2014/09/10 | 映画:サ行,

  益田ミリさん作の4コママンガ 『すーちゃん』シリーズ。 益田ミリさんとも自分は同年代。 身の回りをみても、 自分と同じ40代になって 結婚しない人が多いし、 も

続きを見る

『そして父になる』子役にはドキュメンタリー、大人にはエチュード

2014/09/08 | 映画:サ行

  映画『そして父になる』は気になる作品。 自分も父親だから。 6年間育てていた自分の息子は 実は他人の子だったというお話。 是枝裕和監督の作品は疲れる。 どのシーン

続きを見る

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

2014/08/26 | 映画:サ行

  リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り致します。 リチャード・アッテンボロー監督と言えば、 『ガンジー』や映画版『コーラスライン』

続きを見る

『STAND BY ME ドラえもん』大人は感動。子どもには不要な哀しみ。

2014/08/10 | アニメ, 映画:サ行,

  映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。 ドラえもん初の3DCG作品であり、 原作のチョイスも感動編や恋愛編などの 評判が良か

続きを見る

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

2014/08/03 | アニメ, 映画:サ行,

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。 この作品、ファンが描いた伝説の 『ドラえもん最終回』が元ネタになっております。 自分

続きを見る

『千と千尋の神隠し』子どもが主役だけど、実は大人向け

2014/07/27 | アニメ, 映画:サ行

言わずもがなスタジオジブリの代表作。 フランスのカンヌ映画祭や アメリカのアカデミー賞も穫った名作。 ウチの子どもがアニメーションを観る 国内外比率は圧倒的に海外作品が多い。

続きを見る

日本も開けてきた?『終戦のエンペラー』

2014/07/06 | 映画:サ行

  映画『終戦のエンペラー』を観た。 映画自体の出来映えはともかく、 こういった内容の映画が騒ぎにならず 公開されるようになったとは、 なかなか日本も開けてきたな~と感心。

続きを見る

自国の暗部もエンタメにする『ゼロ・ダーク・サーティ』

2014/07/05 | 映画:サ行

  アメリカのビン・ラディン暗殺の様子を スリリングに描いたリアリスティック作品。 冒頭から延々とアルカイダ党員の拷問の場面。 CIAの悪評も恐れない、イヤな場面の連続。

続きを見る

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みさ

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリン

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友と

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑